仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
すかっと目が覚めたのです..
by さなえ at 07:20
北国の春の営み、十分にお..
by tmshanagn304 at 21:31
そうなのね、わたしも同じ..
by さくら at 21:22
天気が良いけれど気温は低..
by あきの at 16:58
souuさん 越してき..
by oss102 at 11:16
さなえさん 私は夫の単..
by oss102 at 11:11
あきのさん ちゃんと理..
by oss102 at 11:05
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:01
sakuraさん お孫..
by oss102 at 10:44
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:41
あきのさん アレコレ・..
by oss102 at 10:37
時には冷蔵庫を空っぽにし..
by souu-4 at 06:47
昨日、毎夕、食事を届けま..
by さなえ at 06:00
これたけ頭脳料理で腕を震..
by あきの at 19:04
母の日にはポン酢やカーネ..
by mikihana922 at 14:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2016年 09月 27日 ( 1 )

クリーニングに出した毛布が  3
 そんな次第で、とうとう担当者の女性が我が家に来た。なくなったものはどうしようもない。

こんな毛布とクリーニングサービス券(5千円相当)と3割引きで出したクリーニング代、605円。
まぁ、誠意は見せてくれた。
e0001808_162550.jpg

「古くても大事な毛布だったの・・万一数年先にでも、出てきたら処分しないで持ってきてね。
いただいた毛布は使用しますけど、それをお返ししますから・・」と念を入れた。

ちょっと硬い感じの毛布には「ウールマーク100パーセント」のマークがついていた。

あのラクダ色の包み込むような温かさはない。

消えた毛布は、実は十数年前、セリ場で500円で仕入れてきたもの。金持ちバアチャンの遺品だったのかも・・・

妻が死んだやもめ男に嫁ぐな・・離縁した男ならうまくいく・・という話がありますね。
いつまでもなくなった毛布を懐かしがっても仕方ありません。

もうどうでもいいと、寝ているやつが・・・おわり

e0001808_16102691.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-09-27 16:14 | 日々のこと | Comments(14)