仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
すかっと目が覚めたのです..
by さなえ at 07:20
北国の春の営み、十分にお..
by tmshanagn304 at 21:31
そうなのね、わたしも同じ..
by さくら at 21:22
天気が良いけれど気温は低..
by あきの at 16:58
souuさん 越してき..
by oss102 at 11:16
さなえさん 私は夫の単..
by oss102 at 11:11
あきのさん ちゃんと理..
by oss102 at 11:05
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:01
sakuraさん お孫..
by oss102 at 10:44
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:41
あきのさん アレコレ・..
by oss102 at 10:37
時には冷蔵庫を空っぽにし..
by souu-4 at 06:47
昨日、毎夕、食事を届けま..
by さなえ at 06:00
これたけ頭脳料理で腕を震..
by あきの at 19:04
母の日にはポン酢やカーネ..
by mikihana922 at 14:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 11月 16日 ( 1 )

雪と紅葉のコラボ
見出しはコラボと書いたけど、この写真はちっともコラボしてないな。もうすぐ集合場所です。
e0001808_1611255.jpg

e0001808_1613646.jpg でも赤・黄・白と混じった公園の山道は、また、一段と風情がありました。

まだピン付きの靴は早いし、あの靴は滑るし・・と在庫の靴をベットの中で検品。
今月の21日が忘れえぬ転倒骨折の記念日であります。 早いものです。

図書館に寄って4冊借りて、リュックに背負い無事帰宅。もう国道はどこにも雪が見当たりません。

午後からは、施設朗読。ペアとはあらかじめ読むものを聞いていないのですが、今日は具合よく鶴子さんは、収容所へ捨てられる可哀そうな犬の話。

私は、木枯らしの吹く、この季節に読むことにしている、「黒猫のおきゃくさま」
貧乏なオジイサンが、ぬれて・飢えたクロネコに食べものを全部やり、暖炉の薪ものこさず燃やしてもてなして、クロネコは去る。 

どうしてこんなにしてくれたのか・・と問うネコに・・「飢えていたではないか・寒がっていたではないか・・大事なお客様じゃぁないか・・」

それから暖炉は赤々と燃え、肉はじゅうじゅうと焼け、暖かい牛乳はいつもポットに一杯。
オジイサンは時計のカチカチいう音を聞きながら、クロネコを偲ぶのでした。

メルヘンはハッピーエンドで泣かないで読める私ですが、この後、おじいさんは孤独死するのだな・・と無粋なことを考えたのでした。"(-""-)"


e0001808_1635797.png

[PR]

by oss102 | 2017-11-16 16:35 | 運動 | Comments(4)