仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
人望ある男性のご挨拶、「..
by tmshanagn304 at 21:31
このごろ自分と同じ歳ごろ..
by あきの at 16:53
souuさん 置かれた..
by oss102 at 10:53
さなえさん 息子は命令..
by oss102 at 10:50
fuchanさん そう..
by oss102 at 10:48
304さん 男の付き合..
by oss102 at 10:46
あきのさん アッサリな..
by oss102 at 10:43
老後の過ごし方も様々、当..
by souu-4 at 07:38
50代くらいまでワイワイ..
by さなえ at 05:35
私もチョーあっさり!な性..
by fuchan_k at 23:05
あっさりで、ちょっと寂し..
by tmshanagn304 at 22:02
さすがにOssさんの友。..
by あきの at 17:50
fuchanさん さなえ..
by oss102 at 14:36
コメント欄、開いてますが..
by tmshanagn304 at 20:41
コメント欄が開いてますよ..
by さなえ at 17:16
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 02月 12日 ( 1 )

臓器を豚の中で・・
 先日外科の書棚からかりてきた「友情」は、平尾誠二と山中伸弥との闘病の記録とともに、生前の対談集がたくさん載っていた。

なるほど、こういう対話ができる相手を見つければ、超いそがしい山中教授も入れ込むわけだ。と納得した。闘病中の山中教授の献身もさることながら、後半は発病前の対談が載せられている。

それが今の医療研究に触れているので、興味深かった。また恐ろしかった。
例えば、不全な臓器に移植したい。人間の提供では足りない。
豚の体内で、人間の肝臓を作って、人間に移植する研究がすすめられている。
怖いことだと思った。
マウスと豚とどうちがうのか・・と問われそうだが、どこまでいくの?と怖くなる。

この本でも、暴走をコントロールするのが人間の倫理観・・人間力だと。
でも要求があるかぎり止まらないのではと思う。

先へ進めば、男が子供を産むことだって可能になると。核もこわいけど医療の世界も怖い。

山中教授がしょっちゅうアメリカに行くのは、先端の研究を知ることができるのは、現地での研究者同士の会話からと云っていた。届くレポートを座して待っていたのでは、遅れをとるのだと。

こういうことが、超スピードで進んでいって、沢山の人が助かるのでしょうけど、人間はどこまでいくの???とそのプロセスも怖くなります。


e0001808_1424592.gif

[PR]

by oss102 | 2018-02-12 16:00 | | Comments(8)