仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ブログ14年目突入、おめ..
by mikihana922 at 10:05
あきのさん 南木佳士を..
by oss102 at 09:10
らんまるの母さん どこ..
by oss102 at 09:06
Ossさんが南木佳士を読..
by あきの at 18:27
ごめんなさい クスンと..
by らんまる母 at 18:24
あきのさん 無駄が有効..
by oss102 at 17:23
次から次へといろいろ出て..
by あきの at 16:05
304さん こちらも頭..
by oss102 at 10:41
さなえさん 文字数から..
by oss102 at 10:40
あきのさん 内容の質は..
by oss102 at 10:38
14年目のご挨拶。感動的..
by tmshanagn304 at 22:12
また1年過ぎましたか。 ..
by さなえ at 19:15
書き続けて14年、おめで..
by あきの at 18:39
さなえさん 以前は道内..
by oss102 at 13:12
あきのさん 層なんです..
by oss102 at 13:08
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 02月 14日 ( 1 )

朗読 紙芝居
 他の施設でも紙芝居をしたいと思ってた。、舞台も紙芝居も図書館だのみだ。
絵本では気に入った文章の、モンゴルの白い馬をやりたかったが、紙芝居の方は文章がアッサリだ。 まぁ、紙芝居と読み聞かせの違いなのだから仕方がない。

いつもの卓の上に丸椅子を置いて、その上に舞台を乗せると後の人にもバッチリのサインをもらった。 はじめてなので・・と先に言い訳する。

家ではなんとか出来るという目途はついた。ところが・・始めて見ると文字が見えにくい。
紙芝居が非常に古いものなので、紙が茶色。その上の文字の見え辛いことといったら。

演者は左側に顔を見せなければならない。目の前に紙を持ってこられない。
ペアの鶴子さんに手助けしてもらうが、何度も途切れた。

終わって気がついたのだが、卓を照明の真下に移動すればよかったのだった。
音響を入れる余裕もなく終わった。 リベンジを誓う。

いつも暖かい表情や拍手で、我々をねぎらってくれるグループが、ここにはいる。
それがなんとも心を温かくしてくれる。 こちらがボランテアを受けているのだ。

そのあとエッセーを読む。カラスが「屑いー、おはらいー」と真似をする。岡本太郎が庭につないで飼っていたのが、九官鳥とそっくりの声でまねをする。
屑屋は人間が馬鹿にしたと思って怒る・・という話だが・・

気分を出して「屑いー、おはらいー」を読んだ。この声を聞いたことがありますか?と聞くと、みんな首を振る。
ほとんどの人が私より若い。住んでた場所でもちがうのかな。

午後からマンションのPCの会で、70代後半の男性に聞いたら、屑屋の呼び声は聞いたことがあるって言っていた。山の手と下町のちがいかも。


明日も別の施設で紙芝居をするが、ここの紙芝居は新しい紙だから大丈夫だろう。
今度は「舌きりスズメ」(^^♪


e0001808_15183498.png

[PR]

by oss102 | 2018-02-14 16:00 | 朗読 | Comments(8)