仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 03月 02日 ( 1 )

アオバトの新講師は
 1・2月と休講で、今日が新講師のお目見えの日だった。ところが北海道は猛吹雪。居間から見える細かい雪は、音もなく真横に降っている。なんとも吹雪の実感がない。
以前の家ならビュービューと音とセットで実感がわくのに。

でもマンションの構内放送によると、出入り口のドアのガラスが割れた・・出入りには正面玄関を使用するように・・とアナウンスがあった。あぁ、あそこはイチバン風があたるからねぇ・・

ところで新講師は、札幌からJRでこれるのかしら?と思いながら、ネネのマフラーを巻き付けて出かけた。

新講師は、ほっそりした48才。えっ・あんな薄着でいいの? 講師の机を壁際に寄せて、ほとんど立っていた。さすが元気。

先ずは自己紹介・それから発声に入る。今までも目の前のローソクを消すように・・とか色々な指導があるが、教室の後ろから口元から黒板に筋が1本つくように、ジーーーー・・・などと発声させる。中々わかりいい。

新美南吉の、里の春、山の春・・数行づつ。私は紙芝居のように・・と断って読む。
5行目の最後の行で・・めくりながら・といったら爆笑をかった。

講師のキャラクターが違えば、指導も違ってくる。前の講師は素晴らしかったが、こういう変化も新鮮だと思った。 また新しいページが開いた。

 帰りは雪はタテに大人しく降っていた。地方では若者の犠牲者も出た。合掌

e0001808_1812362.png

[PR]

by oss102 | 2018-03-02 18:12 | 朗読 | Comments(12)