仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 10月 03日 ( 1 )

内田也哉子の話から・・

 戦後ガラリと変わった教育を受けた私の世代。もう昔の価値観をかなぐり捨ててアプレゲールと言われる女になった。

結婚してネネを産んだ。女の子らしく・・という考えはなく洋服もシックな色を選んだ。
幼い子の可愛らしさが引き立った・・と思った。
ところが夫は、そのころ流行ったフェルトの真っ赤なスカートを買ってきた。裾には白いプードルのアップリケ。 ネネは狂喜してそのスカートを放さなかった。

今朝のTVで、樹木希林の娘・也哉子が、母は女の子らしい洋服を買ってくれなかった。鉛筆ケースも柄のないもの・・欲しいというと「そんなもの全然素敵じゃないでしょ。」と取り合ってくれなかったと。

「私の鉛筆入れもなんにも絵がなかった。」とネネ。 そうかな~お弁当箱とか筆入れくらい絵があったでしょ。

私は女の子も男の子も差別なく育てようとした。 だが、期待に反して娘も息子も着るもの・遊ぶもの、幼いうちから性別がはっきりあった。 息子は車一途になった。

私は教育が男女の違いを作るのだ・・と思っていたが、(そのころそういわれていた。)そうでないのはハッキリわかった。

もしもどちらも違いのない子に育ったら・・
今はやりの性的少数者になっていたのかな~  ちょっと違うよね。


e0001808_134403.png


by oss102 | 2018-10-03 16:00 | Comments(6)