仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
カラスは賢いから、賢いも..
by tmshanagn304 at 22:39
此方はカラスと人と仲良く..
by komiti15 at 18:32
カラスの話、面白かったで..
by あきの at 18:05
ショウマ君は伸びきったゴ..
by mikihana922 at 14:00
さなえさん ご親切にあ..
by oss102 at 12:07
304さん 私もそう思..
by oss102 at 12:00
あきのさん まぁ、そん..
by oss102 at 11:22
komiti15さん ..
by oss102 at 11:20
実家では犬や猫が絶えたこ..
by さなえ at 06:23
うちの近くにもペットOK..
by tmshanagn304 at 21:50
これは30年前にできた細..
by あきの at 18:11
15歳とは長寿ですね~ ..
by komiti15 at 17:41
さなえさん 納豆は敵で..
by oss102 at 15:57
304さん 自慢ですね..
by oss102 at 15:55
あきのさん 味噌と砂糖..
by oss102 at 15:53
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 11月 07日 ( 1 )

スカートの下と3才児の腹巻に
 さだまさしの子供向けの本に、まさしのおばあちゃんの話が載っている。
ロシアで砂金を掘って溜めていたが、金持ちは馬賊に襲われる・・となって逃げだす。

港までは20日以上もかかる逃避行で、馬賊に襲われた。砂金を一袋渡し、馬も取り上げられた。
沢山の砂金の袋はスカートの中にかくしている。 昔のスカートはウエストから傘の様にふくらんでいた。

そこでロシア語ペラペラの若き日のおばあちゃんは砂金を渡したら命はたすけよう・・という馬賊の言葉をたてにして、砂金を半分と馬をとりかえした。

馬賊といえども、この時代はかなりの紳士?で、絶対に女性のスカートになんかは触らなかった。
そして云ったことを守り、無事におばあちゃんは日本に帰ることができた。

 今読売新聞の時代の証言者のコラムになかにし礼の話が載っている。敗戦後の満州からの引き揚げの話。満州からの引き揚げの話は、どの本を読んでも悲惨きわまりない。

お母さんは3才の礼の腹巻に札束を巻いた。列車に匪賊が襲って来て金を出せ!と多くの大人が殺された。 だが、まさか3才児の腹巻に大金があるとは思わない。 無事に帰国できた。
お母さんの智恵が勝った。 

先日空港での身体検査をやっていた。珍しい外国の動物や、大麻・金などなど登録しないで持ち込む。 飲み込んで胃の中や・・子宮にまで・・でも今はレントゲンもあるし、ケースの中は丸見えになるし、麻薬犬なんてのもいるし・・それを潜り抜けるのは大変。


e0001808_16562062.png

[PR]

by oss102 | 2018-11-07 16:56 | | Comments(4)