仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
生きていると明日何がある..
by kiyoko at 16:21
わたしは、そうした死に方..
by あきの at 16:15
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:57
304さん Eテレ火曜..
by oss102 at 09:55
あきのさん 私が作れば..
by oss102 at 09:53
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:51
kiokoさん ネコは..
by oss102 at 09:49
ニャンニャンニャンの日で..
by fu-and-boro at 23:05
Eテレ、火曜日、11:5..
by tmshanagn304 at 22:11
読売歌壇のどちらも「あれ..
by あきの at 21:51
ニャンニャンの日でしたね..
by hanairomimi201 at 20:29
テレビでは猫番組が大流行..
by kiyoko at 17:27
hanairomimiさ..
by oss102 at 15:09
豆苗・やりました・再生二..
by hanairomimi201 at 09:10
304さん アハハ、上..
by oss102 at 13:08
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
突然死
  ネコ好きな大杉漣さんが亡くなった。 急に心臓が動かなくなってしまうのを急性心不全と一般にはいうのですね。 身近に急に死んでしまったのはフウロ13才。 ネコ好きな方だからネコと一緒にしても怒らないと思う。

この時も驚いたが、私が50代の頃、大変お世話になった男性も突然死だった。
そのころは、しょっちゅうスキー仲間のテニスクラブで札幌で遊んでいた。大会もペンション泊まりの2・3泊も度々あった。

その2泊目の秋のニセコの朝だったと思う。H氏が亡くなっていると周囲が騒ぎ出した。
昨日までテニス三昧、夜は飲み放題の宴会だった。

H氏は、まれにみる優しい男性で、よく初心者の指導をかってでていた。
仲間の大会では、必ず初心者と組む。 テニスもスキーも上級者でフォームもきれい。みんな少しでも上手な人と組んで勝ちたかったのに、いつもそうだった。

私がメンバーを集めていた小樽まで来てくれた。
どうしてあんなやさしい人間ができるのだろう・・とやさしくない私は、いつも感心して甘えていた。 とてもショックだった。 世話役の男性が「やっぱり心臓なら、その瞬間は苦しかったろうな・・」といった言葉が耳に残った。

1年後の秋、H氏を偲ぶ仲間の大会に、和服を着た奥さんがお礼を述べた。

大杉漣は、ネコのドラマしか見ていない。私はドラマを殆どみないので・・でも実力のある役者さんだったようで・・・ご冥福を祈ります。


e0001808_1305336.png
 
[PR]

# by oss102 | 2018-02-23 16:00 | 思い出 | Comments(2)
2・22・・ときてねこの日です。
BSでは、お昼から10時まで猫特集をやっている局。とても付き合いきれませんが、ここでも猫アーカイブ特集といたします。

10年前の猫の日。元気ざかりの2匹でした。

朝夕恒例のバトルは10才ころまで激しく続きました。
e0001808_15383221.jpg


ショウマも元気でしたね。このとき、もう目は見えなくなっていましたが。

 倖せを心に持てば足軽く 帰る家あり待つ猫がいる

 いつもわが傍らに寝て腹撫でろ とせがむ猫あり少し老けたり

以前紹介した読売歌壇の短歌です。

[PR]

# by oss102 | 2018-02-22 15:45 | いとしのネコたち | Comments(10)
2毛作・・
 野菜が依然として高い。近くの市場に行ったら、立派な白菜に850円の値がついていた。
ヒェッ!!と思ったが、4分の1のカットで298円なのだから、納得した。茨木産だという。

もやしは好きだが、豆苗は、独特の匂いが好きでなくて買わなかったが、この際、工場で育つ野菜は、季節によったり、気候に左右されない値段なので、買うことにした。

e0001808_1317494.jpg例の酢入り漬物の増量に使って、豆は水を入れて日の射すベランダ側に置いてみた。
あっという間に大きくなった。 

日が射せばモチロン、曇っていても、ベランダのほうへ身をよじっている。
カーテンを閉めれば、たちまち上を向く。 オモシロイ!!

e0001808_13214386.jpg
今夜、またカットして再生させてみようか・・大豆の中には、2度くらいの再生のエネルギーが蓄えられていないだろうか。

液肥をやっても、無駄かなぁ・・こんなに簡単に育つとは、植物はたくましい。

ニンジンのヘタをお皿に入れて、葉が育つのを楽しむ方がいますよね。
眺めるのはいいけど、食べられるものの再生を、知っていられる方、オシエテ。<(_ _)>

[PR]

# by oss102 | 2018-02-21 16:00 | 食べ物 | Comments(2)
救急車を呼ぶ
 平岩弓枝のエッセーを読んでいた。神社の娘さんなんですね。
お母さんは88才。2千坪はある神社の境内を毎朝落ち葉をはいていて、すこぶる元気だったと。
ある朝、頭も痛く体も痛くて動けないという。

脳梗塞を疑ったが、そうではないらしい。転んだこともなく何かにぶつけたこともない。が、とにかく外科でレントゲンをいうことになった。 
孫娘の夫が勤務先から駆け付けるのを待って、車に乗せてもらって病院へ行った。
女手では、痛がる母を車に乗せることが、どうしてもできなかった。

結果、大腿骨折という結果がでた。高齢では転ばなくても寝ていても骨折はおきるのだと。
駆け付けた病院では、手術をしてもこのままリハビリーをしても、同じような結果だと、当人を前にして、無情な話、母親は「死にたい・・」と。

別の病院へ行くとき、知人の医者の口添えで救急車を呼んだ。
係の方々は、手際よく救急用のベットに移し、一緒に乗り込んだひとたちにも「大変でしたねェ・・」と優しい言葉でねぎらってくれた。

その昔、著者が長女を早産しそうになったとき、「なぜ、そのとき救急車を呼ばなかったのか?!」と強く医者に言われたことを思い出して、納得したと。


 それを読んで、以前のネネの入院手術のことを思い出した。夜中からの腹痛ということで、薬を飲んでも効かない。すぐ近所の内科に二人で行った。 2階の別室でしばらく待たされたが、医者が「救急車をよびましょう。」といった。

ホンの100メートル先の病院で、びっくりしたが、救急車がきて運んでくれた。
緊急手術となって、切除した大腸の腫れた部分をみせてもらった。
土曜日のことで、もう少し遅かったら、医者は「帰るところだった。」と言われた。
そうなると当番医を探して手遅れになっていたかもしれない。

切迫した事情もないのに、気安く救急車を使う・・と非難されるので、我々はよほどでないと、自力でと思ってしまう。 でもやっぱりプロは凄いし、病院側でも対応が全然ちがう。

もうあれは何年前のことだったか。パークのお楽しみ合宿をキャンセルしたのは残念でした。
e0001808_14565138.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-20 16:07 | 日々のこと | Comments(8)
紙芝居なう
 今日の施設の紙芝居は、安寿と厨子王・・上・下巻でした。
子どもの頃、母親にオハナシを聞いていたと思うのですが、覚えているのは、「安寿こいしや・ほーやれほー・厨子王恋しやホーヤレホー・・だけでした。

森鴎外の作品だったのですね。最後にエライお役人になった厨子王が、盲目の母と再会して感激の抱擁。すると母親の目が明きましたと・・アハハ、やっぱり単純明快なオハナシです。

今度は要領がわかってきて、スムーズに事はすすんだのですが・・やっぱり笛の音とか船を漕ぐ音とか、工夫ができるといいのですが・・まぁ、まだ初心者。
こんなもんでしょう。

それでも卓の上にマル椅子置いて、スタンバイの準備にかかっていると、お客様も期待を寄せてくるようです。

朝の挨拶は、羽生選手の金メダル、「よかったですね・・」というと拍手が。

先にペアの鶴子さんが、感動的なエッセーや、シルバー川柳を紹介します。でも新顔らしい女性が途中で、「紙芝居はまだなの?」と聞いてきました。 常連さんなら半分・半分の時間と分かっているのですが。 「もう少し・・」というと、ガッカリしたように目を閉じてしまいました。

朗読とではバランスが悪いかな? 鶴子さんは超多忙な人なので、中々紙芝居の準備ができないのです。 それでも今度は、紙芝居の日を決めて、一緒にしようと思いました。

マンション構内には今日もブルが入っています。自治会役員らしい男性も脇から中央へ雪を出しています。 そんなにドカ雪が降る日はなかったのですが、それでも積雪130c。例年の1・3倍ということです。 でも日は長くなって春も近づく雪景色です。


e0001808_13584495.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-02-19 16:00 | 朗読 | Comments(8)
金!銀! よかったよかった!(^^)! 
 あきのさんの昨日のコメントに、全女性が応援してたと(^^)/ありましたが、まぁ、普通の男性なら、やっぱり一緒に応援してたでしょうね。

昨日はマージャンをしてたら、「スケートはどうなった?」と女性たちに係りの男性が聞かれて・・「俺にきかれてもな~・・TVもないのに・・」と云っていました。

そこへどこかにTVを見に行っていた、これも係の男性が、「全部見なければ金がどうかわからないけど・・最後のほうはヒョロヒョロだった・・」と言ってました。

あぁ、疲れてよろけたのか・・夕食後、NHKはカーリングやってるし・・回すと松岡と織田がでていて・・二人は外でアナウンサーにマイクを向けられていたのですが、織田はもうメロメロに泣いていました。 ネネと爆笑・・泣き虫織田は、家庭でもどこでもよく泣くので、それが愛されてますね。

まぁ、踏ん張って尻餅つかなくてよかったです。

中国・フランス・とどこだったかのアナウンスの実況中継がよかったです。
再現できないのが残念ですが、結弦君のスケートを称える言葉・中国は詩のような美しい言葉・フランスはささやくように・・

まぁ、たっぷりテレビを堪能した夜でした。

号外が金・銀メダルと、藤井6段の2種類が出たと。 まぁ、どこでもスマホの時代に紙がもったいない・・と私は思いますが。

みんな先をあらそって号外をほしがるので、「部数は十分にあります!順番にお願いします!」と叫んでいた係りの声。 へえ・・

お祝いにショウマはオヤツをもらいました。マグロ味・夢中でなめます。
(^◇^)
e0001808_1205744.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-02-18 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
よかったねぇ 結弦くん!!
 羽生結弦は完ぺきな演技でしたね。よかったよかった!! 私はパソコンのニュースで結果はわかっていたけど、夕食を作っているとき、フライパンの火を止めてTVの録画を見てました。

美しかったですね。私にはサルコウもほかのジャンプの違いも判らないのですが、いくつになってもミーハーで、強いものの味方です。^^

いつもショートがいいときはフリーがよくない。両方カンペキということが、どんなに難しいか。

みんな応援はふつうにしてるでしょうが、普通でなくものすごく詳しくて、応援している人がいますね。遠くの現地に行って・売られている写真を買って分析してる。4・50代の女性たち。
猫つながりのブログで見てますが、とっても専門的な説明が読めます。
ま、それでも分からないのですが。

トップに立ち続けるのは大変。その苦しさと栄光とがセットの世界。

オリンピックに出られるだけで、すごいことなんですけど。フリー演技・ドキドキ・・


 お詫び・・昨日大昔のたけくらべの信如役が、津川雅彦と書きましたが、調べてみると、染五郎は出てましたが、津川雅彦は違う役者でした。 きっとどちらも歌舞伎関係の役者ということで、勘違いしたのでしょう。 私が21才ころの映画でした。<(_ _)>

e0001808_1019193.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-17 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
いい顔
 むかしむかし・・「たけくらべ」が映画になった。主役の信如は津川雅彦。弟分に松本染五郎。
その染五郎が幸四郎になって白鸚になった、歌舞伎界はややこしい。

津川雅彦はりりしい整った顔の少年だった。染五郎は目の吊り上がったキカン坊。主役の美登利を苦しめる。もちろん私は美男子ずき。
何代目というのか、先代の幸四郎はとっても美男子で、映画の主役をしてた。その奥さんがちょっと吊り上がった目の人で、母親に似たのだろう。 残念な顔だと思った。

月日が経って、染五郎は幸四郎になり、立派な役者になり父親になった。
なんと風格のある貌になったことか。 これがその昔、ミッタクナイ・・と思った少年の大人顔とは思えない。

男は40代で顔をつくる・・とかいう言葉があった。日々の暮らしが顔に出る・・ともいう。
まぁ、出るよりも造るの方がピッタリかな。

因みに美少年だった津川雅彦は、名門の一家を率いる立場とはちがって、個人の役者となった。
それなりに出ているのは、個性を強烈に出した役者になったからだろう。
でも、もう私の中の乙女心は、見たくない顔になった。

自分の顔も、できれば見たくなくなったけれど・・・( ;∀;)


e0001808_16115275.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-16 16:20 | 思い出 | Comments(10)
スノーシューと紙芝居
 毎日よく雪が降りつづく。ネネの部屋から見ると、今日もブルが入ってガーガー・・住人は車の雪払いにセッセ・・昨日のPCの会では、去年3人が車を手放した。
「スッキリしたねぇ・・」と笑った。 手放していない70代は苦笑い。人間って勝手なもんだ。

スノーシューに行った。適度な雪の温度なのか、どの木にもたっぷりと雪がついている。見ごたえがある。イイネェ・・イイネエ・・を連発。 ダウンのベストをベンチにのこしていたが、背中にじっとり汗をかく。 と、書けば「元気でいいですね・・」ときそうだが、左膝にはサポーター・腰にもベルト・膝下には両方ともナイロンのぴったり脚絆。
スキー時代のサポーターグッズで身を固めている。

整備体操をパスして、図書館で月曜日に使う紙芝居「安寿と厨子王」上下を借りてくる。
あの599円のリュックにスノシューを入れて、紙芝居2冊、ぴったりと納まる。イイネェ・・(^^♪

トロロ蕎麦を食べて、越路吹雪のドラマ見て、ペアのご主人の運転で施設へ。
ペアは図書館から大型絵本を借りている。
値段9800円の超大型絵本は、5キロくらいある・・と思うくらい重い。

今日の紙芝居は、部屋も明るく、小さい部屋なのでマイクも使わず、まぁまぁ上手くいった。
先月の枕辺朗読も、好評だったと聞いて喜ぶ。 係りの人のサービストークかもしれないが、素直に受け取ろう。 

今夜はプレバト・・ネネの夕食係・・(^^)/


e0001808_16393579.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-15 16:34 | 朗読 | Comments(6)
朗読 紙芝居
 他の施設でも紙芝居をしたいと思ってた。、舞台も紙芝居も図書館だのみだ。
絵本では気に入った文章の、モンゴルの白い馬をやりたかったが、紙芝居の方は文章がアッサリだ。 まぁ、紙芝居と読み聞かせの違いなのだから仕方がない。

いつもの卓の上に丸椅子を置いて、その上に舞台を乗せると後の人にもバッチリのサインをもらった。 はじめてなので・・と先に言い訳する。

家ではなんとか出来るという目途はついた。ところが・・始めて見ると文字が見えにくい。
紙芝居が非常に古いものなので、紙が茶色。その上の文字の見え辛いことといったら。

演者は左側に顔を見せなければならない。目の前に紙を持ってこられない。
ペアの鶴子さんに手助けしてもらうが、何度も途切れた。

終わって気がついたのだが、卓を照明の真下に移動すればよかったのだった。
音響を入れる余裕もなく終わった。 リベンジを誓う。

いつも暖かい表情や拍手で、我々をねぎらってくれるグループが、ここにはいる。
それがなんとも心を温かくしてくれる。 こちらがボランテアを受けているのだ。

そのあとエッセーを読む。カラスが「屑いー、おはらいー」と真似をする。岡本太郎が庭につないで飼っていたのが、九官鳥とそっくりの声でまねをする。
屑屋は人間が馬鹿にしたと思って怒る・・という話だが・・

気分を出して「屑いー、おはらいー」を読んだ。この声を聞いたことがありますか?と聞くと、みんな首を振る。
ほとんどの人が私より若い。住んでた場所でもちがうのかな。

午後からマンションのPCの会で、70代後半の男性に聞いたら、屑屋の呼び声は聞いたことがあるって言っていた。山の手と下町のちがいかも。


明日も別の施設で紙芝居をするが、ここの紙芝居は新しい紙だから大丈夫だろう。
今度は「舌きりスズメ」(^^♪


e0001808_15183498.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-14 16:00 | 朗読 | Comments(8)