人気ブログランキング |

仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:体( 168 )

イチイチうるさい!!
 なにがうるさいかというと、体がうるさいのだ。 昨日スコップつかって土起こしした。5千歩オーバーした。ストレッチでムリした。etc・・と翌日かならず体が文句をいう。

普段、そんなに動かないから悪いのか、動くと疲れるから体ができないのか・・それが老人としての正しい体なのか??

TVでは若々しい老人がたくさん出てくる。1度も染めたことがないという真っ黒な髪の80代後半。
元気な90代は後を絶たない。
お悔やみ欄には、殆どが私より年上がならぶ・・時々ポツンと60代・70代・・アラお若いのに。

珍しいからTVに出るのだろうが、でも、あんまり珍しくもなくなった90代。100才越えも。

 今週からまた元のスケジュールに戻り、ジャラジャラとマージャンやら朗読やら・・整骨院やら、心と体にムチ打って過ごしましょう。

とてもショウマのように、超然と、寝る・食べる・出す・とだけで生きるのは難しいことです。
e0001808_1011633.jpg

  ちょっことスコップを入れました。撮影、ネネが部屋の窓から・・^^


by oss102 | 2019-05-07 16:05 | | Comments(6)
春には頭位めまいしょう

 忘れていたけど、やっぱり春です。かくれひそんでいためまいがやってきました。
何度も書いてますが、耳下腺のあたりのリンパ液が、どこか変なところへこぼれだすのだそうで。
季節の変わり目に多い、心配のいらない症状だそうで・・

そうは言っても、急に起き上がれば、フラフラしてなにかにつかまなければなりません。
引っ越しの時に置いてきたはずなのに、しっかりついてきたのね。
長くても2・3日で治まるんですけどね。

天狗の山にはまだ残雪がのこっていて、その融水がながれる加納川はとうとうと濁流になってます。

その上に毎年たくさんの鯉のぼりがロープで張り渡されますが・・もうそろそろやめてもいいんんじゃない?と思うほど、色褪せてクタクタしてます。もう新規の寄贈もないのでしょう。

老いの町の老い鯉のぼり・・なんだかな~~と淋しい気分です。


e0001808_933255.jpg


先日のOSS総会でのスコップ三味線の動画がアップされました。時間限定です。(^_-)-☆

告知事項有

by oss102 | 2019-04-26 16:05 | | Comments(4)
体力
  なんだかおかしいと思っていたら風邪をひいた。

私には70代の末ころから後鼻漏という病に取りつかれている。
汚い話だが、気管から喉にあがってくる痰が鼻の奥から食道におちてくる病。 

検索してみたが、その痰は口のなかに出しても出してもキリがないらしい。
PCの中の医師は「吐き出さずに飲んでしまえ・・気管の中は痰の海で、どんなに吸引してもちっとも減らないのだ・・」ということで諦めていた。

寝ていて食道に貼りついていた痰は、食事の後、刺激を受けてはがれ・・ゲッゲツとやれば出てくる。父親も兄もやっていたな・・それでもちょっとおかしい・・・

いつもはある程度吐き出せるのに・・キリがない。体調もおかしい・・これは風邪を引いたんだ。

ネネともう数年風邪を引いてないね。ラッキーだね・・といったばかり。
春先になって喉をやられた。クスリを飲むことにした。

買い置きの葛根湯には、効能には体力中等度以上の者の次の諸症・・うんぬん・・とあった。用法には成人15才以上1包・1日3回・・とある。成人体力中等度以上か~~~私は飲むぞ!一人前。
おかげで回復・・声も出ます。


e0001808_1141336.png

なにかごちゃごちゃやっていたら、旧投稿欄がでてきて、画像のねこが入りました。
明日のアーカイブネコたちの写真もはいればいいな~~


by oss102 | 2019-04-05 10:38 | | Comments(6)
ストレッチでのびる?
e0001808_12544954.jpg  私が股関節を痛めてから約半年になります。

ウオークの会の行動はムリと、TV体操の日曜版などを録画していて、ひまひまに体操をしていました。決意した水泳も、どうにも腰が上がらず、整骨院の先生に「夏も冬もストックで歩きなさい。」といわれ、ストックとリュックは私から離れなくなりました。

老いてこそ身ぎれいに・・の目標も遠く、現実は、自力歩行がどこまで続くか・・と悲壮な覚悟での昨今です。
5千歩を越えると翌日は必ず痛みがきます。休んでいればまた痛みは消えます。
怠け者の私がちょこちょことマメにストレッチをやりだしました。

キッチンの入り口の上の桟に、背伸びしてようやく指先がかかるのですが、そこにしがみつきながら体をゆらゆら・・・腕力も弱ります。 骨折と右利きのせいで弱い左には280ミリと右には500ミリのペットボトルを持って体操です。 これやりすぎて鍵盤断裂の男性を知ってますが・・やりすぎてはダメです。

e0001808_1372481.jpg物干しに渡した100均の200円の伸縮ポール。このポールに毎晩湯上りのバスタオルを干します。
引っ越ししてきた当時は、干すのがようやくで、座布団にのって端を揃えていました。

最近気がつけばゆうゆうと端を揃えられます。アレッ!!伸びた??
何度やってもラクに届きます。

キクチ体操を先日見ましたが、とてもあんなことは出来ません。でも真似事でもつづけていれば体が柔らくなるんですね。 最近は膝裏・ふらはぎを伸ばす・・壁から1mほど離れて両手を壁に10秒・・これも利きますね。 

死ぬまで自分の事は自分で・・あぁ、これは絶望ですが、つよい願望でもあります。
フウちゃんのように死にたい!!


by oss102 | 2019-01-17 16:00 | | Comments(2)
左足がかばっている。

 昨日はバックスキンの靴を履いて出かけた。ちょと先が細くなっている。
冬仕様のくつだが靴底にピンを打ってないので、めったに履かなくなっていた。
プラス気温だし、ランチはお座敷で靴をぬぐので、その靴を履いて出かけた。

ランチの忘年会を終わって、帰り道にある整骨院に寄った。そこからまた自宅までウオークして5千歩あまり。

夜になって靴下をぬいで驚いた。左足の中指がドス黒くなって腫れていた。
船底の3センチほどの高さなのに・・いつもは幅広のペッタンコ靴。

右足でこれだけかばって歩いていたのか。 自分では荷重を平均にしているつもりなのに。

あぁ、かわいそうな左足。 左手もそうなんですよ。ちょっと重いものを持つと肩にくる。

右手右足に負荷をかけて生きてきた。スキー・テニス・パークゴルフと右は鍛えてきたけど、軸足が故障して急に登板の左。 体は正直だなぁ・・

今日もプラス気温。滑りにくい道だけど、また長靴で出かけるとしよう。


e0001808_9453168.png


by oss102 | 2018-12-22 16:00 | | Comments(6)
水虫と口唇ヘルペスと膀胱炎

 この3種が私の持病で、長く共存していた。 先日引き出しを整理してたら水虫の薬がでてきた。
そうだ!私は毎夏・この薬を足指の間につけていたんだった。
春スキーでニセコの湿り雪を滑った勲章だった。 

先日、唇に違和感があり、気づいたら下唇がちょっと赤くなっていた。あれ!!もう?
口唇ヘルペスの歴史は長い。 高校生のときの修学旅行以来からずぅ~~っと、毎春出てくる。
初めのころは何ヶ所にもポチンと白いものができたり、沁みて痛くて、ご飯が刃物のようだった。
腫れるとそれを噛んでしまっては飛びあがった。

必ず春6月頃に出てきた。このウイルスは住み着いたが最後、一生でていかなと聞いた。
まだ12月なのに・・暖冬だから? やっぱり体が弱っていたんだ。

アオバトの先生の朗読のとき、思い切り寒くて・・聞き漏らすまいと集中してヘロヘロ・・と、それ以来、風邪を引こうかどうしようか・・と体の調子がいまいちだった。
弱っていた体につけ込んで出てきたのだ。

膀胱炎にも悩んでいた。早めに抗生物質を飲んでやりすごしてきた。

ここのマンションに越してからは、水虫もヘルペスも膀胱炎も影を潜めていた。
老体には、この建物全体を温める住環境がよろしいのだと思う。

それでも、ちょっと体が弱ってくると、すかさず起きてくるウイルスという奴。
幸い唇の腫れは引いたが・・・私の体は、そんなものを持っていたんだな~としみじみ思いだしことだった。


e0001808_114850.gif


by oss102 | 2018-12-20 16:00 | | Comments(6)
股関節痛のお仲間へ 温めましょう!
 股関節と検索すると、これでもかというくらいに色々出てくる。そうか、それほどポピュラーな故障なのか。 認識を新たにして覚悟した。まぁ、膝とやれば、またゴッソリだし、脊椎とやれば負けないよ・・とドット出てくる。 部品は老いも若きも壊れるものなんだと知った。

ところで札幌へ朗読に行ってから、どうも体が風邪をひきたがっている。ちょっと寒気がでたり引っ込んだり。 古い風邪薬はみんな捨ててきた。薬はない。

忘れていたホカロンが出てきた。よく膀胱炎になりかかって辛い思いをするので、ホカロンを下着に付けていたのだ。 マンションが温かいせいか、これを忘れていた。
早速つけようとしたが、貼り付けるタイプではなかった。どうしてこんなもの買ったのだろう。
安かったからだな・・・"(-""-)"

仕方がないのでエプロンドレスのポケットに入れたり、マージャンに行くときはジャージのポケットに入れてその上からオーバーズボンを履いた。ポカポカと暖かい。

歩くとき大抵は痛くないのだが、立ったり座ったりするときが痛い。気づけばこの日は、どんなことをしても傷まなかった。ポケットではホッカホカが持続。

ポケットの位置がちょうど、右股関節の痛いところにあるのだ。そうかこれだ!!
貼り付けるタイプでなくてよかった!!

パジャマに着替えるときは、ポケットに入れて、ズボンのウエストで押さえた。朝までホッカホカ。
今日も何をしても痛くない。エプロンドレスのポケットでホカホカしてくれている。
どこも痛くないのって久しぶり・・しあわせ~~ このしあわせは短いか長いか? まぁ、ひとときでも嬉しいのですよ。

昔から温熱療法ってありましたものね。治るわけではありませんが、痛みのストレスは減りますよ。

e0001808_11335984.png


 先日なにげにチャンネルを変えたら、いきなり股関節痛!とデッカイタイトルで、現代医療の最先端というシーンが出ました。
どこかの骨を数センチ四角に切り取って、悪いところの骨に埋める。骨は再生が早くてちゃんと元通りになるのだと。 髪がふさふさの若い男性らしき人が運ばれていくシーンで終わりました。

若い人の骨ならいいですよね。


by oss102 | 2018-12-02 16:00 | | Comments(6)
整骨院の先生
 私が週に2回通うと決めている整骨院は、午前中は9時~12時まで・午後は2時~6時までとなっている。木曜と日曜祭日は休み。

以前少し待ってから施術を受け、終わったところに、ここを紹介してくれたマンションの知人が飛び込んできた。 12時丁度であった。 すぐに施術を受けていた。

そうか2時間の昼休憩は、こうして食い込む時間を計算してのことか・・と思った。

私も真似しよう。待ち時間がないのは魅力。先回は11時40分頃についた。
「こんにちは」と先生と助手さんに挨拶。 そのとき先生はチラと時計を見上げていた。

空いていてすぐにカーテンに覆われた施術のベットに2種の電気をかけられて、それが済むと先生の左上半身の揉みほぐし。 すぐに足先が熱くなる。

そのとき、先生が「働いているの?」「イエ・・」「それなら、もうちょっこと早くきてもらえませんか?」と。 「ハイ」と答えた。 カーテンを出ると12時半になっていた。

昨日はアオバトの日、1時から3時まで、その後朗読ボラの仲間と打ち合わせてを終えて4時ごろに行った。 丁度帰り道の途中にある。

今度は「どんな生活をしてるの?」と聞いてきた。「えぇっと・・色々ですが・・」と言いながら、「今日は朗読の勉強会でした。 本が好きなので・・」「ほう、ここには大きな朗読の会がありますね・・」「ハイ、私も30年前くらいは、会員でした。 夫が亡くなって・・小さなタバコ屋でしたので、出ることが出来なくなって止めたのです。・・」・・朗読ボラのことも話した。

カーテンのかげから聞いていると、中々話し好きの先生らしい。みかけはちょっと怖い感じだが。
こんなふうに、ちょこちょこ身辺のことなど話したほうがいいのかもしれない。

5時近くはもう真っ暗で、つるつる道。たった2つ目の停留所で降りるのにバスに乗った。

あれから、ここの大ネコに会っていない。あいたいな~

e0001808_10383839.gif


by oss102 | 2018-12-01 16:05 | | Comments(4)
背中の湿布貼り
 先日ベランダの鉢たちを最終整理した。大きな壁鉢にはヒューケラ・朝霧草などの雪の中でなら越冬出来るのもある。 もともと越冬は諦めて1年草扱いで楽しもうと思っていた。

なのに、去年朝霧草がベランダで生き残っていたので、欲が出た。
ブツブツの梱包材で鉢ごと包んで、更に新聞紙数枚つつんで壁際にピッタリと置いた。
手前には培養土の残りや、園芸グッズがびっしり入った50c程の箱。

翌日、あの葉たちをカットして根だけを残すのだった・・と思い直して、箱の手前から持ち上げようとした・・重くて中々上がらない。渾身の力でようやく持ち上げて、手直ししてまた元に戻した。

翌朝、左肩・背中が異様な感じ・・これは鍵盤断裂ではないか? 知人2人がこれになって、医者を巡っても中々分からずに、札幌の肩専門の医者にかかって、ようやくわかり2週間の入院で、ようやく復帰してきた・・という話を聞いていた。 中々分かり辛いようだ。

無理をしてはいけない・・と学んだはずだった。やってしまったか??

ネネに頼んで、肩・背中と2日間湿布を貼ってもらった。

3日目、ネネに湿布を貼るのを頼むのを忘れたな~と思ったころには、治っていた。
よかった~・・一人住まいの人は困るだろうね・・と云っていたが、こんなグッズがあるんですね。

必要は、発明の母。(^◇^)  もう無理はしない筈だけど・・そのへんの境界の判断が難しい
              山にだけ雪・里はまだです。

e0001808_10575915.png


by oss102 | 2018-11-22 16:00 | | Comments(8)
私の股関節痛
 6月末に股関節痛になってから約5ヶ月が経つ。 驚いて遠くの専門と言われる病院へも行ったが、医者はなにも云ってくれない。 痛み止めと湿布だけだ。
股関節の本を読んだが、同じことが書いてある。医者は手術をする気持ちが決まったら、また来なさい・・というだけだと。 私には云わなかった、高齢だからだろう。

2冊目の本には、こういうストレッチを、という写真があって、整骨院の先生が教えてくれたポーズが載っていた。 ア・これこれ・・湯上りに真面目に10回ずつやっているが、初めは痛む方の右股は開くのが痛くて、ガマンしてようやくやっていた。

先日、バスを降りて大股でドンドン歩けているのに気づいてビックリした。今までは痛まないようにとおっかなびっくりで、大股では歩けなかった。 日が射すように気持ちが明るくなった。

一日中1度も痛まない日もあって、嬉しくなって欲張って20回、そのストレッチをした。
一日中痛くてガッカリ!! 本をよく読むと、「痛い時はすぐに止めましょう・・」とある。

でも初回から痛かったのに、足が開くようになったのだ。整骨院の先生も、腰の位置が正常になった・・と先日いってくれたのに。 歩いているときは痛まなくても、翌日はやはり動作の度に痛む。

何処にも出掛けないでいる翌日は、どこも痛まない。でも足の筋肉が衰えると焦る。

昨日、長年のお付き合いの方のブログを読んだ。

認知症で歩ける人は、どの施設も引き取り手がないと。 ありゃ~・・そうだよね。徘徊して手がかかるものね。寝たきりの人の方がマシらしい・・トホホ


e0001808_15213283.png


by oss102 | 2018-11-21 16:00 | | Comments(12)