仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
加減が難しいのですね~ ..
by komiti15 at 20:48
筋肉は何歳になってもつく..
by knock at 19:53
oss102さんは大丈夫..
by さなえ at 18:56
わたしは痛くても気にしな..
by あきの at 16:34
sakuraさん 歌の..
by oss102 at 14:29
komiti15さん ..
by oss102 at 14:24
あきのさん そうですね..
by oss102 at 14:22
私のブログを紹介してくれ..
by orientexp at 02:34
私も男性の居る方が、気持..
by komiti15 at 20:39
そうですよ。私たちも男性..
by あきの at 16:37
sakuraさん 寝る..
by oss102 at 10:19
fuchanさん 初雪..
by oss102 at 10:16
私が行く施設では寝る人が..
by orientexp at 09:42
仕事一筋だった男性ほど、..
by fuchan_k at 16:27
さなえさん あぁ、かな..
by oss102 at 13:13
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:朗読( 159 )

語りのあとで・・
 杜のひろばの語りのリーダーは、月2回の例会の後、必ず仲間と食事に行く。
なんとなくメンバーが決まってきた。 大抵5~7人くらいにはなる。
大変魅力的なオシャベリの場になる。 皇居・旅行・子育て・結婚・夫婦・性教育の現場・明治の女・与謝野晶子や白蓮など、TVの知識が今日の話のネタになった。

みんな千円前後のメニューのレストラン・コーヒーお代わり自由のところ。うるさいので大抵はこあがりにしてふすまを閉め切ってのオシャベリ。

私は大抵蕎麦をからむメニューになるが、今日はビビンバを食べた。オコゲが美味しくてついつい全部食べた。もう夕食がいらないくらい。

盛り上がっているのに悪いなぁと思いながら、病院の月1の予約があるので立ち上がると、みんなも立ち上がった。 入店して2時間が経っていた。店はガラ~~ンとしていた。

女のおしゃべりは生きる武器だ。千円のコーヒー付きで2時間は店も辛いねぇ・・

帰宅して、健康保険証を持って骨粗しょう症の薬と注射・6ヶ月ごとのレントゲン結果は、前回と同じデーター。同年齢と比べると116%。まぁまぁです。 ダシ用の小魚、トースターであぶって食べてるの。香ばしくて美味しい。^^

そんなわけで今日の更新は遅くなりました。

ムスコからメールが入っていて、こんなカワイイ話のサイトがhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00004153-nekomag-life・・・ネコ好きなお暇な方は覗いてください。


e0001808_17354042.png

[PR]

by oss102 | 2018-11-08 17:35 | 朗読 | Comments(2)
杜のひろば 語り 3回目の発表会
e0001808_10185175.jpg
 
全部は写ってませんが、リーダーを含めて総勢13名です。 お客様は14名。ホッ!・・私はマイクの影になってます。(^◇^) 私は3回目の使用になる100均の赤いリボンをみなさんに付ける役をやりました。

まぁ、なんとか無事終了して、打ち上げのランチへ。男性2名と私だけ小ビールで乾杯。
そこで身重で嵐の海へ身投げするセリフの人が、リーダーに何回もダメ出しをされていて・・入居されている施設の裏の林の中で、・・「オカムイさま~~ ワタシがわるうござんした~~!」と大声を張り上げたとたん・・大型のワンコがビックリして飛び上がったと・・ちょうどそこへ散歩にきたところだったのです。 飼い主にお詫びしたということですが・・みんな腹を抱えて笑いました。

静かな山林で、いきなりの大声に出会ったワンコのようすにしびれました。そうした特訓の成果で彼女のセリフもバッチリでしたよ。

今後の語りの会をどういうふうにするか・・それぞれの宿題を抱えて、懇親を深めました。
こういうひとときが最高です。
 

e0001808_10421671.png

[PR]

by oss102 | 2018-10-26 16:00 | 朗読 | Comments(8)
あと2回の練習で
e0001808_15104084.jpg 杜のひろばの語りの発表会だ。
誰だ・・毎年やろうなんて言い出しっぺは・・たしかに私も反対はしなかったな。
どんなマイナーな発表会でも、人様の前でご披露するということは、平々凡々の日々をおくる元主婦&現主婦には大変なこと。

リーダーはもっと大変だ。読みの分担を決め進行に声を枯らす。
もう何回も練習してきて、原稿は書き込みがイッパイ・・マーカーの線もイッパイ。
ここは誰と誰が読んで、次は全員で・・みんな自分の番号に✔を入れたり、名前を書いたり・・

やや出来上がったところにこんなテキストのまとまった本が出来た。

元のメンバーの特技だったが、今は会を止めている。リーダーが頼んだのだ。

ところが、書き込みを新しくしなければ・・前のテキスト引っ繰り返し・・同時進行で全体練習するから大変だ。 せめて10分間くらい時間をとればよかったな。
仲間の声を聞きながら自分の担当部分をタイミングよく読むのは、ばんやりしていては出来ない。

まぁ、頭の体操と思えばいいか。

発表会のお知らせ広告を、錦あざやかにワードで作り上げてきた女性も・・

わが家のプリンターは何ヶ月も使用していないので、黒が全然でないそうだ。ネネが使おうとして分かった。 プリンターも人間も絶えず刺激してやらないと固まる。

寝てばっかりでも認知症の心配のいらないやつ。

e0001808_15405318.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-09-27 16:00 | 朗読 | Comments(10)
かげでごそごそ・・繰り言
 今朝は9時発のバスに乗って、いつもの朗読先での部屋取りに行ってきました。
小樽の公共の施設では、みな同じやりかたで部屋決めをします。
月初めに3ヶ月先の予約を入れるのです。

先ず9時開館になるとロビーにおいてある用紙に、部屋取りの人が、名前と団体名を書きます。
別紙には、団体名、希望の部屋番号、代表者名などなど・・
9時半に係りの人が2名来て、用紙に書いてある順番に一人ひとり呼び上げてクジをひかせます。

割りばしの下に番号が書かれています。クジがいきわたると、その割りばしの番号順に呼び出して希望の部屋番号を聞いて、大きい用紙に書き込みます。

希望の部屋がかさなると、ジャンケンで決めます。
早く来てもクジの順になりますし、ジャンケンで負ければ、次の希望の部屋になります。

いつも部屋には30名以上は来ています。もうこのやり方で何十年もきているようです。
ずら~っと中高年を呼び出して、数分で帰れるか、最後のクジまで30分くらいかな?
これだけのことに、バスに乗ってわざわざ出かけるんですよ。

どうして電話か、メールで申し込んで、ブッキングした団体だけで館側が割り当てないのか。
不正が出ては、、との思惑なら、団体の代表の当番を決めて立ち会わせてもいいのに。
それならずっと出かける回数が減ります。

公共の施設全体での取り決めを、せ~~の!って変えるのは難しいんでしょうね。
団体としての声を大きく出さなければ・・・みんなおとなしく従ってます。ブツブツブツ・・

e0001808_13211178.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-09-03 16:00 | 朗読 | Comments(8)
演じる・・あやまる・・
 杜のひろばの語りの中でのこと。10月の発表会の練習ばかりになっている。

発表会で、全員参加の読物で、嵐を静めるために、船から身を投じる女の役の人。
「お神威さま、私が悪うございました。どうかお怒りをしずめて、船を助けてくださりませえっ・・おねがいしま・・・」という大事なセリフを言う役。

それが中々リーダーのOKが出ない。

その後のランチで、「私はこれまでの人生の中で、1度も人に謝ったことがないから・・気持ちが分からない。」と度々云う。 アハハ・・。

でもね、人間には変身願望がある。
素人ながら、その役の背景・などを想像してセリフをいう。というと・・

また、別の人は・・朗読の基本は、感情を入れないで淡々と読む。聞き手の想像を妨げないように・・と基本から叩きこまれた。

でもでも朗読という舞台では、本を片手に立膝・ひねり・鬼の形相・・という白石和代子のような舞台もあるし、私たちはできるだけ表現することを考えてもいいんじゃない?・・・紙芝居みたいに。

というのは私の意見。プロのような読み方は出来ないレベル。表現してこそ面白味が伝わると思う。

それにしても、人生で1度も人に謝ったことがないか・・考えてみれば、簡単にゴメンゴメンと笑っていうことは度々だが、真剣に「悪うござんした・・」と手をつく気持ちで謝ったことはないな・・

子育てとか亡き夫に、心のなかで謝りたいことは沢山あって、ささくれの様に心を痛ませることはあるが・・成人した子たちには、改めて言葉に出来ない。

あの世とやらに持って行くしかない。


      読売歌壇より
    「もうおねがいゆるしてください」五歳児が残せし言葉わが胸を刺す


e0001808_15304825.png

[PR]

by oss102 | 2018-08-27 16:00 | 朗読 | Comments(2)
ランチ
 語りの会は月に2回だが、10月の発表会に向けて3回になった。
あぁだこうだと、なんとか形が見えてきた。

会が終わるといつもリーダーを中心にランチに行く。はじめのころはアチコチの店に行っていたが、今は老人施設に併合しているところへ行く。

お茶・コーヒー飲み放題、日替わりランチは税込み700円。2時まで。あんまり美味しくはないが、ゆっくりおしゃべりができる。 ここでのオシャベリは気の合う相手ばかりなので、午後からの予定がなければ参加している。

いつもの常連が用事で2人いなかったので、5人のコンパクトなランチは盛り上がった。制限時間が来て外に出て、駐車場でさらに40分の立ち話。(^^♪ 
女の武器は口のスタミナ。

私の紙芝居のオレオレ詐欺の話が口火となった。

持ち家を売って、施設に入るのも足が出る。5才の猫を連れてとなるともっと高額になる。・・などのやっぱり〆は老後の資金話。 解体費用やら、相続・それだけで40分だ。
雨が落ちてこなかったら後20分くらいは続いてたでしょう。

愚痴話ばかりでなくて、みんな具体的なデーターを出してくるので熱があがる。

こんな人たちと施設に入居できれば楽しいだろうな~と思った。


e0001808_16254841.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-08-09 16:24 | 朗読 | Comments(8)
紙芝居を
e0001808_1526341.jpg  今日の施設朗読は紙芝居でした。先日図書館に行ったおり、子供向けの書架の目立つところにおいてありました。 よし!今度はこれだ!と決めていて、昨日のウオークの帰りに借りてきたのです。

ところが夏休みのことで、舞台が一番古い状態のが1台残っていて・・・

8月なので例の「かわいそうなぞう」とセットでお披露目してきました。

オレオレ詐欺は、老人施設向けの紙芝居で新作でした。

おばあちゃんが、アメリカにいる息子からの電話と思い込んで、100万円送りそうになる。銀行員がアドバイスして、目が覚めたおばあちゃん。 今度は、芝居を打って、トム?・・などと誘いをかけて騙します。

それからはお金を貯めるばかりでなく、楽しいことに使おうと、オジイチャンを温泉旅行に誘うのです。 生きてるうちにお金は使おう・・という主旨ですね。

そんなこと言ったって、施設に入るのもお金がかかるし、自宅介護だって大変なお金がかかる。
娘や息子にせめてお金の迷惑をかけちゃぁいけない。 というのが本音じゃぁありませんか。

ところで電話がかかってくる音が、とるるるるるる~と書いてあるの。舌を上あごにつけて、とるるるる~と、家では上手く出来ても、本番では自信がない。
仕方ないので「電話がきました・・」と味気ない表現。

昔ならリーンリーン・・でよかったのにね。(^◇^) 
みなさん とるるるるる~できますか?


e0001808_15465567.png

[PR]

by oss102 | 2018-08-08 16:00 | 朗読 | Comments(8)
杜のひろば 語りで
 10月の発表会に向けて月に2回~毎週4回になった語り。 リーダーは昨夜2時までかかって生徒の担当や、構成を考えていたと。・・・ところがそれの資料を忘れてタクシーで自宅に取りに行った。 あぁ・・タイヘンヤナァ~・・人ごとである。

去年は落語や愉快なリズムのある文章で、それなりに成功した・・という実感があった。
それで毎年となったので、この頃はタイヘン。 

本好きなメンバーではあるものの、大かたは芝居っけがない。80代以上は私と2名の男性。
これがもの覚えが悪い。 ここはだれそれ・ここはと決めてもすぐに読めない。 なぜか?
全員耳が悪くてリーダーの指示が聞こえないのだ。( ;∀;) 男性2人は私よりも耳が悪い。

別枠にして簡単な担当にしようよ・・と云ってもリーダーは平等を心がける。

以前、しっとりした泣ける10分ほどの伝説をリーダーに渡した。それをみんなでやるという。
何回か練習したが・・やっぱりこんないい文章を、うまいリーダーに読んでほしい。
そしてみんなには、ユーモラスなリズムのある文章をと提案しようと思っていたが、余計な口出しはいけないな・・と我慢した。

いろいろドラマなどTVで見ているのだから、下手でも表現しようしてほしいのだが、女性が担当する男のセリフでも普段の女のトーンで言ってしまう。 大げさでなくていい、ちょっと低音気味に声が出せないものか。

しか~し・・やっぱり80代はなにをやっても鈍いなぁ~・・社会てきには立派な地位にいたかたですが、聞こえないのとすぐ忘れるのと、2重のハンディを背負っているのですからね。 しかたないよねぇ。

カンカン照りなので帰りもバスに乗ったら2406歩です。運動不足です。


e0001808_1571698.png

[PR]

by oss102 | 2018-08-02 16:00 | 朗読 | Comments(4)
アオバト教室
 アオバトに新講師をむかえてから、昨日でもう7回目を迎えた。
楽しい授業だ。 以前の講師も実力があり尊敬していたが、発表会がちかづくとだんだんと怖い顔になった。その厳しい顔がプレッシャーになっていた。

私だけではない、仲間も同じ感想を言っていた。それだけ真剣に成果を期待してくれるというのは、おばさん~おばあさんにとってはありがたいことなのだが・・根性のない私の心には楽しさが影を潜めていた。

今回もチラチラと発表会の話はでるが、今年は見送るようだ。ぜひそうあってほしい。
私は、ただ授業を楽しみたいばかり。
発声の仕方・姿勢・1からの声帯の使い方もおしえてくれる。ハハ~~ンと感心する。

こういう授業を若いときから受けたかったな・・取り返しのつかない月日だけど、受けていてとても楽しい。 おばさんたちだから・・という気持ちを見せないハツラツ女性。

先日のコンンサートでは、旧来の友人関係や・音楽仲間のパーティが3つもあって、2キロ太ったと・・みんな○○コに出してしまったけど・・と。(^^♪

楽しい講師を育てるのも生徒の役目。この教室を大事にしたい。

久しぶりに日がさしてベットのタオルケットも洗濯。タオルケットや羽毛布団の上で寝たいショウマは、とまどった後、マクラの上で・・・399円の枕です。


e0001808_10143257.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-07-07 16:00 | 朗読 | Comments(6)
アオバトの講師のコンサートへ
e0001808_171913.jpg

 アオバトの新講師は、朗読・歌手・司会(結婚式・葬式)と多岐にわたりかなり忙しい方だ。
今回は札幌の市民劇場で「歌で語る。イェフテの悲劇」というコンサートだった。

216席はほぼ満席。 横をむいているのが我が講師。もう一人チェロ奏者がいた。遠慮しながら撮るのでこんなもの。

家に帰って「ネネのチェロより大分高そうだったよ」「そりゃそうでしょう!」

初回だし、音楽に弱い私だが、これもお付き合いだとチケットを買った。8名の生徒のうち6名が行った。
終わると盛大な拍手で、周囲の方はすごいすごい!素晴らしかった!!と感嘆の声を上げていたから、素晴らしいのだろう。 猫に小判の私。

普段の声はかなりガラッパチの声もだすのだが、ソプラノを歌う。細い体からソプラノが飛び出す。訓練でしょうねぇ。

実は今日のこの日、大通公園での花フェステバルの最終日。しぶつく雨の中朝から張り切って出かけた。何年ぶりかな? 花模様もただただ、華やかな植え込みはなくなってかなり渋いリーフが目立つ。

ちょっとおとぼけの協賛花壇。 明日に続きます。

e0001808_17354286.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-07-01 17:38 | 朗読 | Comments(4)