人気ブログランキング |

仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
こんな時は粘着テープを使..
by あきの at 18:13
さなえさん 参考になり..
by oss102 at 10:02
fuchanさん 好意..
by oss102 at 09:57
304さん その度にお..
by oss102 at 09:55
あきのさん やっぱり変..
by oss102 at 09:52
畑に熱心な娘の婚家の人が..
by さなえ at 05:53
宗教関係っぽいのはお断り..
by fuchan_k at 00:23
野菜をもらったというとこ..
by tmshanagn304 at 21:50
26万という数字はみんな..
by あきの at 19:00
fuchanさん 想定..
by oss102 at 10:50
あきのさん もう転がり..
by oss102 at 10:48
ポリバケツ!! 滑舌が..
by fuchan_k at 21:49
やる気まんまん。これが上..
by あきの at 18:12
iwanaioohama..
by oss102 at 10:44
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:41
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:動物( 30 )

虐待される動物たち
 今朝のTVを見ていたら、ボルゾイ2頭の虐待飼育だった。不衛生な場所に匂い消しのための。漂白剤を撒いて、犬たちはグッタリしていた。 もう10年もこういう状態で、近所に評判になっていたから、犬も10才は越えているようだ。

ネットに動画で投稿した人がいて、保健所が介入してた。どこまで指導するのだろうか?

動物番組をたくさん見るから、保護活動をする人たちも見る。

70代の夫婦が30頭もの犬たちに手を余して、保護を求めてた。扱いもやさしく食べ物も与えられていて、犬たちはおだやかな顔をしていた。でも散歩もしてやれない。

保護活動の女性は、どうしてこんなになるまで増やす?とスタッフが問うと、「目先の手術代をケチるのよ。」そうして猫も犬も増え続け、膨大なエサ代を提供しつづけることになる。

私も、白と黒の子猫を飼うことになったとき、避妊手術は真っ先に考えていたが、マダマダいいだろう・・と思っていたら、白の方が8ヶ月で妊娠してしまった。 あぁ~~!!

初産なのに4匹も産んで、ようやく飼い主がみつかってホッとしたものだった。

昔なら知らず、どうして情報も多いこの世に、対策もあるのに・・手を打とうとしない人がおおいのだろうか。

不愉快になるのに、こういうニュースを見ては腹を立ててるワタシ・・私も懲りないねぇ。

e0001808_11414067.jpg


by oss102 | 2019-07-17 15:35 | 動物 | Comments(6)
シベリアの永久凍土から・・・
 300万年前の氷河期に生息していた、ホラアナライオンの赤ちゃんが見つかった。
氷漬けのままの、丸くなって眠ったカワイイ顏のまま・・近くにはオオカミの頭部も見つかった。

300万年前・・いきなり急激に寒波がきたのだろう。2頭は生む母親ライオンは、1匹を咥えて逃避行するのが精いっぱいだったにちがいない。
徐々にきた寒波なら、毛も汚れ腐食しただろうに。

地球の変化は、このように急激にくるものなんですね。その大昔、大地が割れて高い山が出来、谷ができて滝ができ・・マンモスたちが絶滅し・・いまや人類がはびこっている。

地球も宇宙の星々も、どんなドラマを繰り返してきたことでしょう。

眠ったままのような赤ちゃんライオン・・カワイイですね。


e0001808_11325974.jpg

先日BSで3頭の仔を育てる、アムール虎を見た。
母親は獲物をとって仔に食べさせるが、子供の中でも強いものから食べさせる。
最後に生まれた、ひとまわり小さいメスの子は、いつも骨ばかりになった獲物。
強いものを遺す。 厳しい子育ての掟だった。


by oss102 | 2019-06-06 16:02 | 動物 | Comments(6)
動物の保護活動
 2日続きで、坂上どうぶつ王国SPと志村のどうぶつを見た。
坂上の方は、ロスアンゼルスの犬猫の保護施設。 動物保護にかかわるものなら夢の世界のような施設だった。
子どもは壁の模様にタッチすると、色々なフォームに変化して楽しく遊ぶ壁面になっている。
犬は1頭ずつ6畳間くらいの個室住まい。大きなドッグランも・・・獣医常住。
ネコの耳を立てたふうの大型バスにネコを乗せて、面談15分で気に入ればOK。すぐに飼い主になれる。

片や沖縄の若い女性がガンバっている施設は、立ち退きが迫っている。沖縄は土地柄か飼い犬を放し飼いにする人が多い。避妊・去勢もしないからノラが増える。
テレビに以前のって知られたから、クラウドでの募金で500万ほど集まった。
それで保健所送りからまぬがれた犬猫。

暑い沖縄に、一度もカットしてもらえない、何キロになるのかフェルト化した長毛に覆われた犬たち。
こういう犬を以前の家の近くで見たことがあります。犬には水とエサだけやっておけばよい・・と考える飼い主。 無知なんですよねぇ。

相葉のカットをたっぷり見せて、見る人を気持ちよくさせて視聴率を上げているのでしょうが、どうにも手と資金が足りない世界です。

母の日です。これから大きい鉢に植え替えます。ありがとう!!・・私は子どもの日になんにもしないのにねぇ・・

e0001808_11351486.jpg


by oss102 | 2019-05-12 16:00 | 動物 | Comments(2)
まだ視察にきています。
e0001808_10541617.jpg ネネが撮りました。
急いで撮ったので主役が片寄りましたが・・今度は何を探してるのかな?

私の方でもそろそろプランターを出して、植え込みの準備をしたいのですが・・まだ、ヤシガラは危険かしら?

今日は思い切って、マンション花壇の掘り起こしをしました。 ちょっとだけなんですが、スコップ・ミニショベル・腐葉土とたい肥・苦土石灰・軍手・ビニール袋・・
こわごわ花壇に乗って、スコップで起こします。 あぁ、心配してましたが、スコップは健康な方の左足をかけて差し込むんでした。 忘れてました。^^ 

昼前からシトシト雨・・混ぜた苦土石灰たちが土に馴染むのに、ちょうどよい雨です。

 トイレに岩合光昭の猫カレンダーを置いてます。次の猫たちはどんなかな?・・といつも月末までめくるのを我慢します。
e0001808_11422879.jpg

ネネに左の方はちゃん・右の方はちゃんってよぶからね・・と言い渡しました。
 トイレにはいるたびにニヤリとして呼びかけます。

by oss102 | 2019-05-02 16:00 | 動物 | Comments(6)
カラスのペア
 カラスがときどきベランダの柵のところに止まるようになった。ジット室内を観察してるようだ。
パンクズでもやりたいところだが、じっとガマン・ガマン・・
 
風に吹かれてきたゴミの様子でも見ようと、奥の部屋の戸を開けた。
もう一羽のカラスがいた。 くちばしにヤシガラの繊維をくわえている。
あら!!巣作りなの?・・2つのプランターを重ねて壁にくっつけて置いてある。

これはダメよ・・とビニールを敷いて、部屋にとりこんだ。そんなに目立たなけど、ちょうっとモファモファしている部分が・・

よほど執着があるのか、カラスは2羽とも逃げない。ゴメンね・ワイヤーのハンガーなら上げるんだけど・・・

8.1から10に替えたら、カメラからの写真の取り込みができない。情けない私。
取り込んである写真は・・使えるのですが・・もう、ストレスがイッパイです。


by oss102 | 2019-04-07 16:07 | 動物 | Comments(10)
NHKブループラネットを見る

 このところ改変期なので好みのレギュラー番組がないことが多い。夕食がすむと眠くなるのをがまんして、テレビを見る。 ブループラネットは美しい映像とともに、生き物の凄惨な戦いを見せてくれる。

きれいな海底に家族で住むクマノミ・・産卵させるための岩場えらび・・ここと思えばそれは岩の形をした生き物だったり。 カッコウの半円の物体をみつけて、家族で協力して転がしていく。海流を利用してサンゴの傍へ・・そして産卵・射精。 そこにまたしても敵が・・という繰り返しだ。

昨夜もカニを追うウツボ・マグロを追うサメ・うまく浅瀬に追い込み・・あぁ!マグロの刺身だぁ!!

崖の急斜面に毎年同じツガイで子育てする派手な鳥は、潜ってサヨリなどとるが・・そこへ盗賊カモメが横取りしようと襲う・・攻防!!頑張れ!カギメどり・・・目の輪郭が黒い羽毛でカギの目にみえるので、そういう名がついたと思います。

襲うほうだって生きるためですが、とりあえずは襲われるほうを応援しちゃいます。

本当にきれいな画像ですねぇ・・こんなきれいな海に土砂を投げ込んで、サンゴの海をなくしてしまうなんて・・と思いますが、その恩恵は人間が受けるのかバツをうけるのか。

とにかくどんな虫にも天敵がいて攻防を繰り返していますね。
全生物もれなくです。


e0001808_1037395.png


by oss102 | 2019-03-30 09:02 | 動物 | Comments(2)
類人猿と人
 又吉直樹のヘウレーカを見た。人はなぜ絵を描くのか・・・というテーマ
先に抽象的なタッチの絵の展覧会が画面イッパイに出る。 勢いのいいタッチの、それでも何かを訴えるのかというようなカラフルな様々な絵。

世界中の類人猿の絵を集めた展覧会と説明があった。なるほど・・象さんも絵を描きますね。結構高い値段で売れるとか・・希少価値ということでしょう。

類人猿と人との違いを研究してる女性との対話がある。
1才・2才・2才半・・3才くらいまでの子に、画面に大きな円を描いて渡す。2才くらいから円の中に小さい丸を2つ並べる。 もっと大きくなると目の他に鼻と口のマルを描く。

類人猿は、丸の中に目も描かないし外に連れ出して用具を与えても、山や木を描かない。人の子はすぐに山を描き木を描く。ここが決定的に違うところだと。

類人猿の感情の豊かさ・工夫・計算など、人に共通するところの多い類人猿を、科学者たちはヒトリ・フタリと呼びます。
自分たちが食べていくための智恵が、すべての動物たちに与えられていたとすれば・・人間だけが、直接生存に関係のないことが出来る種だったのか・・と面白く見ました。

動物たちも道具を使って遊びますけどね。^^

どこかの芸術大学の学生を集めて、又吉のデッサンを描かせました。
様々な又吉の絵を眺められて面白かったです。 人も動物も個性豊かですね。


e0001808_13454872.png


by oss102 | 2019-03-17 13:45 | 動物 | Comments(6)
震災とペット
 うささんという絵描きさんは、震災で亡くしたペットの画像と思い出などを募集して、震災展覧会を開きます。 絵の横に思い出を貼り付けます。
それらの遺展会場がうつされました。

みなさん涙ぼろぼろです。やさしいやさしいタッチの絵です。(リンクできませんでした。)うささんで検索すると絵が見られます。

あの大震災では千何百と言う命が奪われました。そうした当事者同士では、ペットを亡くした悲しみは語れません。犬をつないだまま逃げた人・留守中のネコも沢山いたでしょう。
両親や子供を亡くした人に、ペットを亡くした悲しみは心の底に沈めて対話するしかありません。

海の捜索で遺体は引き揚げますが、そこに犬がいても引き揚げません。 母親と一緒にいたはずなのに・・と娘さん

やさしい表情の夢見るようなペットの絵をみて、ようやく心が落ち着いた・・みなさんに語れるようになった・・と。 こうして泣けるという哀しみの儀式は必要ですね。

うささんはその後、犬猫の殺処分ゼロに向けて、保護活動もしています。

明日でもう8年が経ったのですね。


e0001808_1339919.png


by oss102 | 2019-03-10 16:02 | 動物 | Comments(4)
どうぶつたち
 ネコブームかぺットブームか、動物番組が多い。2時間のスペシャル・岩合さんの朝の15分・・などなどモレなく見る。 もれなく・・と書いたが忘れて見損なうのも多い。

昨夜は、坂上と動物王国・・の2時間番組があった。ひろ~い敷地を買って、保護猫その他の世話をするのだろう・・が・・坂上がうまくいっている間はいいけど・・資金が足りなくなったら心配だね~とネネと話した。

まぁ、そういう可哀そうな動物たちは、先の事より今の救済が必要なんだろう。
あの、志村の動物王国で紹介された、イノシシの個人動物園。基金はかなり集まってなんとかなりそうだが、先行き不安ですねぇ・・イノシシなんて何回も見にきたい動物じゃないし・・そこに働く若者の行く末も心配だ。

なにもしないアンタに言われたくない・・今、この子たちの世話が必要なのだ・・といわれると思うけど。
長嶺ヤスコの犬猫は?と検索したら、3年前の情報しかなかった。あの人も82才。

個人の献身は尊敬するが、アメリカやドイツのように、もっと虐待を見つけたら素早く法的に保護する、法律や街中の素早い救援活動の組織がほしい。

でもどんな国にも動物虐待はあります。人間のことはこの際いいませんが。

夕べの志村が行った、白鳥の世話するオジサン。オーイ・オーイと大声を上げて、健康によさそうでした。 海上びっしりのかもたち・・これだけの生き物をやしなうエサが、海にはあるのだなぁと改めて感動しました。


e0001808_1224127.jpg


by oss102 | 2019-02-17 16:00 | 動物 | Comments(12)
攻撃 アーカイブ編
この記事はアーカイブ編として、もう2度目のアップです。新しいお仲間さんへアップします。大型犬にだけフウロはこうして挨拶行動をみせました。

 動物行動学者コンラッド・ローレンツが攻撃という本を出している。
あの有名な「すりこみ」を発表した人である。

強い肉食動物ほど、攻撃についての抑制が本能的に仕組まれている、というのだ。
強いキバ、爪、一撃で倒せる強い動物には、必ず抑制が組み込まれている。
それは、強い攻撃により、種が絶滅することを防ぐためだという。
相手が降参ポーズをとれば、どんなに猛り狂っていても、攻撃できない。

見知らぬ犬の群れに仔犬を放り込む。 4足踏ん張って、まわりの犬たちにお尻を嗅がせる仔犬は、将来のボス犬になるという。 お腹を出してオシッコなどたらせば、攻撃はされないが、たいした奴ではないわけだ。
恐怖に我慢できずに、キャーンとないて逃げ出せば、たちまち攻撃されてしまう。

逆に弱いとされる動物、平和の象徴とされるような鳩や兎は、そういう抑制の仕組みを持たない。 徹底的に残忍な攻撃を止めないという。
武器を持たない種は、種の保存のために抑制が必要なかったのであろう。

人間も、鋭い爪やキバを持たなかったために、そういう抑制の仕組みを授けられなかた。神も先を見通せなかったということか。


e0001808_1221399.jpg


by oss102 | 2019-02-16 16:00 | 動物 | Comments(4)