仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
わたしは売っている大豆の..
by あきの at 17:58
fuchanさん ホー..
by oss102 at 10:48
あきのさん おみくじを..
by oss102 at 10:43
からくり人形は、お茶を運..
by あきの at 16:13
お姉さんが2人もいた友達..
by fuchan_k at 15:57
304さん もうセンス..
by oss102 at 10:09
komiti15さん ..
by oss102 at 10:05
あきのさん あのころの..
by oss102 at 10:01
私も褒められて育つ方です..
by tmshanagn304 at 22:40
若い頃は、今のように既製..
by komiti15 at 18:26
わたしもこどもの服は手作..
by あきの at 16:50
fuchanさん 図書..
by oss102 at 09:40
komiti15さん ..
by oss102 at 09:36
あきのさん 好きは好き..
by oss102 at 09:35
朗読の難しさが伝わってき..
by fuchan_k at 21:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしの花たち( 403 )

カポックの葉先が茶色に・・
e0001808_1556810.jpg  3年前、ここに越してきてから買った斑入りカポック。3枚葉の10センチほどのチビは、大きくなった。
丈夫でどこでも元気に育っている奴です。 でも最近葉先が茶色になっているのに気付きました。

カポック・葉先・茶色・と検索すると、ずらずらっと出てきました。
根詰まりか・・水切れ・やりすぎ・などなど・・沢山の質問と回答がありました。

以前にも、オリヅルランの葉先が茶色になって、捨てたことがあります。
e0001808_1631672.jpg根詰まりは考えられません。今年植え替えたばかり。

TVの番組の中でも室内には、必ずグリーンがありますね。ビフォアアフターなんかすごいです。あれだけ手入れするのは大変。でも放映が済めば取り下げるでしょう。手入れが大変ですもの。

回答者の中に面白いのがありました。 みんな人工の植物になさい。買うときは高くても、手入れ・水遣り・肥料・などの事を考えれば安いのです。・・と。(^◇^)

手間ひまや、お金の問題じゃなくて、生きてる植物が楽しいんだけどな~

私がよく通る道筋のモト店風の土間に、我が家くらいのカポックが、葉をみんな道路側にむけているのがありました。 それが、今年は元気がないようすだな・・と思っている間に、小さなオリヅルランの鉢に代わっていました。 きっと枯れてしまったのです。 

わが家のカポックもそうなるのかな~?

[PR]

by oss102 | 2018-12-03 16:21 | いとしの花たち | Comments(8)
マンション花壇の花じまい
e0001808_1354251.jpg  シマッタ!!、引っこ抜いた花たちの山の写真を撮るんだった。

整理に夢中になって写真を忘れていた。

いくら雪が遅いといっても、最高気温が10度の予報。88才さんはヒマワリとペチュニアだから、早々と片づけていた。

e0001808_1481419.jpg私は、ようやく咲いてきたハツユキソウなので、今までガマン。
もりもりと咲き続けるマリーゴールド・暑くても寒くてもへこたれないエライ花。
「エラカッタネ、頑張ったネ・・でももうすぐ雪が降るからね・・」

管理人さんから40リットルのゴミ袋を2枚もらう。ハツユキソウを半分に切って、花だけ持ち帰る。
ゴミ袋は1枚だけですんだ。 借りた用具を部屋で洗って、それぞれの所定の場所に返す。ゴミ袋も。管理人室にメモを残して、花作業終了。

ネネのコンンサートのときの花、ドライにしてトイレの花に・・今年はエノコロクサを採りに行けなくて、まだらになったアジサイのドライと一緒に。

寒くて咲けなかった挿し芽のペチュニア。この小輪系が一番強かったです。

e0001808_14121016.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-11-12 16:00 | いとしの花たち | Comments(6)
花じまい
 このところよき秋日和。 あさってあたりからまた崩れるらしい。
ネネが「おかあさん、あの歯医者の屋上の鉢がみんな無くなっていたよ・・」という。
バスから見える屋上には、L字型にビッシリ花鉢が何列にも並んでいる。 ははぁ・・ドンドン増えてくんだよねぇ・・会ったこともない歯医者のお母さんの様子が伝わってくる。 もう始末したか・・

e0001808_11161986.jpg私も今日こそとベランダに出た。水遣りをしないで乾かしていた鉢も数鉢。
風が強い! 乾いた土を広げると新聞紙のはためきで土も飛ぶ。 今日は止めた。レンガで押さえた。 古土をマンションで引き取るというのが有難い。

雨も低温も多かったが、まぁ、去年よりはよい。ウドンコ病にもならなかった。慣れたせいか。

先日マンションの役員の人と出会ったとき「Yさんは、小さい花が好きなんですね。」と云った。YさんはA花壇を世話している人。アリッサムやキンギョソウやクフェアを植えている。
「ここはマンションの日影になるのが一番早くて、小さい花しか咲かないんですよ。大きな花や八重咲きの花は、もっと太陽のエネルギーを沢山もらえるところでないと咲かないんですよ。」と云った。
「そうですか。やっぱり南国の花は大きいのが多いですね。」と納得してくれた。


花じまいは止めたが、カラーリーフの仲間をバンバンカットしてボールに入れて飾った。
みんな丈夫で水さえ換えれば1週間はきれいです。


e0001808_1153959.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-11-04 16:00 | いとしの花たち | Comments(2)
アラ! コリウスが・・・
e0001808_16304945.jpg  何度挿し木してもダメだったペチュニアたちですが、コリウスだけはすぐに着いてくれました。
ベランダのプランターの寄せ植えも、コリウスばかりがのさばっています。何度かカットしたのですが・・

マンションの花壇の挿し木したコリウスも元気で大きくなってました。
それが、小さい園芸用のショベルの跡も生々しく、掘られてなくなっていました。
これからは寒くなるばかりだから、もういいだろう・・とでも思ったのかしら?

何考えてるんだろうな~ 

コリウスは、来春のマリーゴールドの代わりの候補です。
どこの花壇にも今元気なのはマリーゴールドと、真っ赤なサルビアだけ・・元気だったインパチェンスもニチニチ草もだらしなく枝を伸ばして乱れています。

花季が長いといっても、この花たちは、途中に何度も切り戻しをしなければ、美しい姿が保てません。切り戻しをすれば順調にいっても2週間は淋しい姿になりますし、低温がつづけばもっとですよね。 手のかからないマリーゴールドに及ぶものはありません。 雨にも低温にも虫にも病気にもつよいんですから・・だからこそ飽きるだけアチコチに植えられるんです。

コリウスの色・柄は多彩です。でも個性があって大きく伸びるもの、あまり伸びないものとムラがありますね。

来年の跡継ぎに悩んでます。きっと低温多湿は来年も続くのでしょうね。

なにかよい花がありましたら教えてね。

前のお寺の境内の銀杏です。手前の銀杏はまだまだです。


e0001808_16272899.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-10-24 22:10 | いとしの花たち | Comments(4)
花がら摘みをしていると
e0001808_10485695.jpg  春にマンションの花壇の端にマリーゴールドを6本植えた。 
60円という苗の安値に、挿し芽の花たちが育つまでの臨時のつもりだった。 
ところが低温・雨続きで挿し芽の花たちがさっぱり育たない。 選手交代をすることなく今に至っている。

マリーゴールドは、さすが街路樹の下、沿道・公園と咲かせるだけあって、堂々の強さをみせて見事に育っていた。

e0001808_10524319.jpg私は自分の植えた花は、外出の帰りには必ず花がら摘みをしたり、追肥をやったりと世話をする。
ほかの人のには手を出さない。 それぞれの思惑もあるだろう。

花がら摘みをしていると、ちょっと若めの男性が声をかけてきた。同じマンションの住人のようだった。
「オバサン・・どうして花を摘んでいるの?」 おう!オバサンは正しい呼びかけじゃ・・

花はしおれてくると、すぐに種をつくること・種を作るのは植物にとってかなりのエネルギーを使うので、次のつぼみの開花を妨げる。 しおれたままの花は見苦しいし、たくさん花を咲かせるための大事な作業なのよ・・と説明。

「そうですか。勉強になりました。」と頭を下げた。

こういう風に声をかけてくれるのは嬉しい。認知症のばあさんが、やたらと花を摘んでいると思われるかしら・・という心配がいつも心の片隅にあるのだ。

子供も立ち止まって・・イケナイことをしている人・という目で見られていることもある。
そのたびに、私はやさしく説明をすることにしている。

でも疑って通り過ぎる人は多いだろう。

[PR]

by oss102 | 2018-10-07 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)
ドラセナと花台
e0001808_13392112.jpg  3年前、ホームセンターで寄せ植え用にドラセナのミニ苗300円を買った。

暑い直射日光はよくないとあるので、晴れた日は100均の車のリヤウインドウ用の布をかけたりしていた。

観葉植物なので、ドラセナは鉢に入れて室内越冬をした。1本だったのが2本に増えていた。

3年目、大きくなって寄せ植えは諦めて短鉢にした。
この春よく見ると、なんと・・下半分くらいの葉先が全部かじられているではないか。e0001808_13494571.jpgショウマには草を与えていない。 それでなくてもよく吐く奴である。今の猫エサには草を与えなくても、体に影響はない。 それでも先祖代々の嗜好が、葉先の尖ったものは齧る習性はなくならないのだ。

これはまずい!!越冬前には、なんとかショウマが届かない花台を用意しなくては。

今までは、すっぽり鉢の部分が入る100均の200円の^^鉢台。それの上に載せることにした。
ショウマはジャンプができない。 なんとか格好をつけようと考えていたら、1度も手を通さなかった3年前のワンピース(ひざ丈)を思い出した。 スッポリかぶせてみた。

まぁ、いいんじゃないの・・・鉢カバーももっと小洒落たものにしたいけど・・また、寝ないで考えよう。 

[PR]

by oss102 | 2018-09-24 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)
秋風は冷たかった
 快晴のウオークの日。長袖に吹く秋風は冷たい。最低気温が15度。
ベランダに出した豚汁の鍋は冷たかった。 なんか今年は夏らしい夏は2・3日しかなかったな~
足は傷めても歩けるだけは歩かないとドンドン車椅子に近づいて行くから頑張らないと。

こういうとき、やっぱり仲間の顔が引っ張ってくれる。一人だと怠けちゃう意志の弱い私。

e0001808_13314286.jpg地震の後の例会なので、顛末話がにぎにぎしい。

ハマナスの実が真っ赤。

記録的な低温のせいで、3度挿し芽にトライするも、育たず、「エイ!!それなら育ったペチュニアを株ごと植えちゃえ・・もう十分に堪能したから・・」とマンション花壇に移した。
この白いペチュニアは大輪で、テイッシュを散らしたように遠くからでも目立つ。 
3週間前に挿し芽した花たちは、なんと5cの大きさのまま健気に花をつけている。

移植した翌日。間の悪いことに大雪山に初雪の降った冷えた日で、すっかり萎縮して固まったのだ。
手前のコリウスも挿し芽。これは1発で簡単に根付く。
e0001808_13414953.jpg

例年なら9月10月と暖かな日が続くのですが。今年はなんともいえませんね。

[PR]

by oss102 | 2018-09-11 16:00 | いとしの花たち | Comments(6)
台風の花避難
e0001808_12281340.jpg  理事長から構内放送が、私が聞いただけで3回あった。今夜未明大型の台風が通過する。ベランダのものは、すべて室内に入れるように・・過去、飛んだもの、バケツ・スリッパ・箱・鉢など・・・

何度も出入りするので刺激されたショウマは、首をあちこちにして外へ出たがる。
TVを入れると大阪がひどいことになっている。こんなのが来ては困る。
せっせと室内に入れ、大丈夫と思われるものはレンガで押さえて、隣家との壁ぎわに置いた。

それでもネネが帰宅すると、ちょっと不安になってすべて室内に入れてもらった。

以前の家だったら、雨漏り・屋根や看板が飛ぶ心配もしなければならなかったなぁ。

災難に会った方々にはお気の毒だが、肩透かしで夜は明けた。 また戻す作業だ。

 今日2時半から水道の点検がある。 去年は天狗山で鮎のバーベキューを断念した日。留守するときは管理人が立ち会うことになる。それはまずい!!

今年は花の片づけや、ショウマの様子を見ながらネコトイレの片づけ。 

イチネンは早い!!


この白いペチュニア・・何度挿し芽しても発根しないので、このままマンション花壇に寄付しちゃおうと思ってます。もう台風は来ないかな~~
e0001808_12514482.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-09-05 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)
どうしても、もう秋?
 お盆休みが入っていたので、久しぶりのウオークの感じ。今日は気温が上がって27度とか。ちょっとむしむし。
e0001808_13525786.jpg 集合場所の日陰にツユクサがびっしり咲いてる。
これは数輪いただいても、家に帰るまでにはしぼんでいるイチニチ花。

もうアカツメグサもタンポポもいなくなって、ススキが・・もう少し夏でいてほしいなぁ・・今年の夏は雨が多くて、夏らしい日は数日しかなかった。

e0001808_13573615.jpg マンションの花壇のマリーゴールドは、ペチュニアの挿し芽が育つまでの仮植えのつもりだったのに・・これが元気一杯なので、ペアの88才さんはこのままで置いておこうという。

ハツユキソウはまだまだ本来の姿にならない。「やっぱり種が悪かったのね・・」という私に、「いや寒かったからだよ・・」
e0001808_14143050.jpg

あんまりベランダで育たないので、そとの花壇に仮植えです。と書いて移植したチビ苗。
途端に、大雪山に初雪と載った日で、寒風吹いてダメになった数株。でも生き延びそうなのもあるの。 これ以上寒風が吹かなければ。

     お願い! 花を咲かせてよ。花咲かバァチャンの願い。

e0001808_1472316.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-08-21 16:09 | いとしの花たち | Comments(10)
挿し芽

 去年、チョコレート色に黄色のフチが入った新種のペチュニアを挿し芽で増やしてマンシヨンの花壇に植えた。 日当たりの威力を見せてみるみる大きくなったペチュニアは、住人や通行人に、「珍しい柄ですね・・」と称賛された。「種がほしい・・・」とも言われた。

「新種は10年間、種では咲かないように処理がしてあります。もし発芽しても全然違う色になるんですよ・・」と答えていた。

やはり自分の植えた花は、手入れする。買い物帰り・お出掛けの帰りには必ず花柄を摘んだ。
春植えの花たちが終わっても、晩秋まで咲き続けて寒くなってようやく始末した。 

移植したのはお盆過ぎだった。

今年は早めに挿し芽して、もう少し早いデビューをと思って、あんまり伸びていない花枝を切り取って挿し芽にしていた。 ところが・・雨続きのせいか、ほとんどが根付かずにしおれてしまう。
発芽促進剤もつけてもう一度トライ・・どうもイケナイ・・花茎があんまり短いせいかな?

余った花をボールに入れて楽しんでいた。

e0001808_150341.jpg「アッ!! そうだ!・・始めに1時間ほど水揚げをよくするために水に入れとくんだった。
すっかり忘れていた。 ボケですねぇ・・"(-""-)"

延びてはよい形になった花たちをまたカットして再びトライ。 今度は根付いてくれるかな?


早くと思ったのに、やっぱりお盆になってしまった。

[PR]

by oss102 | 2018-08-12 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)