仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしのネコたち( 669 )

昨日のアスリートたち

 昨夜のHBC炎の体育会は最高に面白かった。毎年一流の選手をオフシーズンに出して、素人相手に戦わせたり、松岡修造を出してトークさせたりの面白い番組。この時期もう何年もの人気番組。
今年はスケジュールの関係か修造が出なかったが、なおみ・錦織・大谷・才能ある若手に技を競わせる2時間番組。 たのしみにしていた。

横2列に1番~20番までの数字をはなれたところからブチ抜く。時間の制約がある。何秒間だっかな・・

惜しいところで抜けないと、思わずネネとわぁ!!と声を上げる。
それでフウロを思い出す。 この番組を見て二人が大声を上げると、ビクッとして急いで影部屋に逃げていった。 なにか悪さをしたのを思い出すらしい。

負けず嫌いのなおみは、やりなおしで2回目は全部制覇。錦織より才能があると言われる19才の若手も制覇・・すごいねぇ・・と感心するが、160cというのは、やはり世界ではムリじゃない??などと会話。 女子でも180㎝の世界ですものね。

ゴルフの石川遼も完全制覇、プロってすごいねぇ・・楽しんだ2時間、フウロのこともタップリ思い出した2時間でした。

     10年前の元気ざかりのフウロです。

e0001808_12141948.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-09-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(4)
ショウマが・・・

 ショウマが昨日イチニチ寝てばかりいた。いつもは私と一緒のベットに寝て・朝になるとエサを食べて居間の藤の椅子で寝る。
それが、私がベットに入っても昨夜のまま朝まで椅子・・出かけていたが午後帰宅してもエサも食べた形跡がない。 ただ、ときどき寝姿は変わっていて苦しそうな様子はない。
夜もそのまま・・水も飲まず排泄もない。

ネネが隣に座ると必ず膝にのってくるのに・・無視・・好物のちゅ~るをやっても無視。

いよいよか・・でも全然苦しそうでもない。ならばそのままPPKと理想の姿で逝かせよう。
病院へいくことは考えなかった。

私が就寝するときに、背中に顔をつけたら、ゴロゴロゴロ・・よし、苦しんでないね・・

夜中、気がついたらショウマは私の隣で寝ていた。

朝起きるとショウマのトイレに数粒の正常の○○コ(量はいつもの半分だけど)・・トイレシートがぬれていた。
アラ、いつの間に食べていたの?  こうして起きている時間が少なくなって・・そうしてある日静かに逝っていた・・なんて理想的ね。 ショウマ、逝くときは眠ったままでね。

昨日は一日首を上げた姿勢は見られなかったのに・・今日はときどき首をもたげています。ヤレヤレ

15年前のとらわれのノラの仔。はぁ!はぁ!と威嚇していた。

e0001808_11325969.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-08-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(8)
ネコ談義
 昨日は杜の広場の語りの集会の後で、4人でランチとなった。
そのうち3人が猫を飼っている。飼っていない一人を無視して^^猫談義となった。

リーダーの飼い猫は、事情があって急に若い猫と同居するようになった。
若い猫は7キロもある長毛種のネコ。先輩猫と遊びたくてたまらない。 「アソンデ、遊んで」と噛みつく。 ギャ!!と云って先輩は逃げる。 夜は戸を閉め切って別々にするが、昼間はそうもできないらしい。 どっちも可哀そう・・・

もう一人の仲間は、膝の手術をした。それまで一緒の蒲団に寝ていたのに、猫を夜具に入れないように布団をかぶって拒絶していた。 手術後は寝返りさえ打てない辛さ。ウンわかるわかる・・・

そのうち猫は居間で○○チをするようになった。ストレスだね・・可哀そうに・・でも本人は、そんな猫を許せない。 「もう!保健所にでも持って行きたい!!」「わかる・わかる・・けど・・」

そういえば、フウロも尻癖が悪かった。生まれた家で新聞紙の上で排泄してたのか、新聞が床にあるとそこでした。なければ人気のない物陰でした。 山へ捨てようか・・と14・5年前のブログに書いたことがある。

今、ショウマは左目の涙腺が詰まっているようで、いつも濡れている。そうして固まって黒くカビカビになる。拭くのを非常にいやがって、首を振るので困っている。

その黒いカビカビの顔で布団にもぐりこんでくる。あさ、顔をみるときれいになっている。
コンニャロ!布団にこすりつけて・・・せっかく1時間以上もかけて表裏の毛布・羽毛布団・敷布団・マットとダニとり掃除機をかけたばかりなのだ。 あれは重労働だよ。

ワヤワヤ、愚痴を言い合って今回のランチは終了した。


e0001808_9515746.png

[PR]

by oss102 | 2018-04-13 16:18 | いとしのネコたち | Comments(4)
2・22・・ときてねこの日です。
BSでは、お昼から10時まで猫特集をやっている局。とても付き合いきれませんが、ここでも猫アーカイブ特集といたします。

10年前の猫の日。元気ざかりの2匹でした。

朝夕恒例のバトルは10才ころまで激しく続きました。
e0001808_15383221.jpg


ショウマも元気でしたね。このとき、もう目は見えなくなっていましたが。

 倖せを心に持てば足軽く 帰る家あり待つ猫がいる

 いつもわが傍らに寝て腹撫でろ とせがむ猫あり少し老けたり

以前紹介した読売歌壇の短歌です。

[PR]

by oss102 | 2018-02-22 15:45 | いとしのネコたち | Comments(10)
とうとうポチたまが・・・
 猫に占拠されてしまった。ポチたまっていう番組、できてからもう何年になるのだろう。
まさお君の時代からだから、なかり長いと思う。

ネネと楽しみにいつも見ていた。うっかり忘れて、途中で同時に思い出して、「アーッ!!」と叫んだことがあった。 とたんに寝ていたビビリ猫のフウロが吹っ飛んで逃げた。
懐かしいなぁ・・それほど入れ込んでみてたのに。 今はちっとも面白くない。それでも見てるけど・・・。 

いまはBS火曜なんだけど、昨夜は猫特集だった。まさはる君は1度も出てこない。
どこかの温泉で100匹以上のノラたちを保護している女性。
部屋は清潔そうだし、秩序も保ってるようだったが、あんなに沢山の猫を死ぬまで面倒を見られるのかな。

そういえば長峰ヤスコの猫たちはどうしているのかな。やさしさ・・って大変なことだね。

変わった猫を商品として交配させて、作り出される。商売になるうちは止めないよね。

路上に、それまで飼っていたマットやトイレとともに捨てられた若猫。アメリカからのニュースだったけど、避妊手術がとっても高いので、そういうことになるらしい。

飼うときは覚悟が必要だけど、チッチャイ猫って、どうしようもなく可愛くてアワレなんだよね。

私の前に出てこないで~!!


e0001808_16575458.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-02-07 16:55 | いとしのネコたち | Comments(8)
フウロが逝って2年経ちました。
 2年目は3回忌というのでしたね。ま、我が家は気にしませんけど、カレンダーを見て、あぁ、もう2年が経ったのだな~という感慨はあります。

懐かしんで10年前とか5年前のフウロの記事を読み返してました。お暇がありましたらお付き合いください。m(__)m

2匹のいた日々を楽しんだり、必死の捜索だったり・・生き物との生活はただただ楽しいばかりじゃありません。 それでも豊かなうるおいをもたらしてくれるペットたち。

今朝もノラにエサをやっていた女性が、感染症で亡くなったと騒いでいました。
こうなると、猫嫌いをつけあがらせます。ほかの病気だって滅多なことではかからないのに、大騒ぎする必要があるのか・・と怒っています。

岩合光昭の、外国のひろい草原を闊歩するネコ歩きみて、あんなところでフウロを飼ってやりたかったな~としみじみ思います。


e0001808_154036.png

[PR]

by oss102 | 2018-01-16 15:04 | いとしのネコたち | Comments(6)
ネコ鍋

 とうとうどんづまりの大晦日。みなさんもうブログは見て下さらないらしく、今日のコメントもそのようでありました。
仕方がないから、アーカイブといきます。

e0001808_1535949.jpg
大晦日はシャブシャブ・・大晦日、じゃなくて大晦日だ。




e0001808_1544730.jpg


ネコ鍋の写真集を見て、フウロにも真似してもらった。鍋猫にするには、ちょっと育ち過ぎていたが、こちらを気にしいしい鍋猫になってくれた。

10年前の10月29日のフウロです。
その鍋を今夜も使います。(^◇^)



みなさま、今年も沢山の方のアクセスをいただきまして、感謝申し上げます。m(__)m
私もそうですが、みなさまもお元気でなくてはおいでいただけないブログです。

来年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>

[PR]

by oss102 | 2017-12-31 16:00 | いとしのネコたち | Comments(10)
その日のショウマ
 私が外出するときは、遅くても4時ごろには帰宅する。
発表会の日は7時過ぎ・・ネネは6時半頃だった。

ショウマは食卓の椅子を足がかりに、食卓の上にいたと。いつも下りられなくなるときは、4隅の端っこギリギリに足を揃えている。
何時ころからそうしていたのか・・ネネが帰ると大騒ぎだったと。

にゃぁにゃぁにゃぁ~~
どこに行ってた・・ボクを置いて・・はらへった~~・・と泣き喚き・エサを食べ終わってもギャァギャァまとわりつく。

私が帰宅した時は、ようやく添い寝して静かになったところだった。

e0001808_1362168.jpgフウロが死んでから、寝るときにぐずるようになっていた。夜中もよく食卓の椅子に上っては下りられないとワメクので、夜はいつもこうして上がるのを防いでいた。

でもこの日は、私の椅子にクッションを一つだけ乗せて出かけたのが失敗だった。

「あの文句のいいようを、お母さんに聞かせたかった・・」とネネは笑う。

人間語になおしたら、どんな悪態をついたのかな?

日曜日、爪がのびてセーターにひっかかるので、爪を切った。
私が両脇を抑えてぶら下げる。ブランとさせないとおとなしくならない。
巻き爪になっている爪を切るのは、そう簡単なことじゃない。ブラ下げている腕も疲れ・ショウマも身もだえする。

ついに首根っこにあんぐりと噛みつく。親猫と子猫の構図。早く切って・・ヨダレが・・

一々動物病院で爪切り頼むわけにもいかない。 一人住まい飼い主のネコさんは、巻き爪を肉球に食い込ませて歩いているのよね。 可哀そう。

            ボク 捨てられたかと思ったよ・・・

e0001808_1317121.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-12-11 16:00 | いとしのネコたち | Comments(2)
ショウマとネコ草

 ネコに尖った葉のネコ草は生まれ持った嗜好品のようですね。
以前の家で、空き地から草を引きちぎって帰宅すると、ぐっすり固まって寝ていた2匹が、わらわらと寄って来て、ネコ草にむしゃぶりついていました。

胃の中のお掃除のようです。必ず草とともに吐いていました。

今の猫エサだけ食べて、家飼いしている猫には、必要のないもののようです。特に長い間与えていなくても、健康上にはまったく差がありません。

こちらへ越してきてからは、与えたことはなくショウマは健康です。食べさせ過ぎるとちゃんと吐き戻しますが。

室内に上げた植物たちは、日が入る場所にまとめて置きます。ときどき向きをかえてやらなければ、みんな日が入るほうへ向いて葉をのばしています。いじらしいです。

e0001808_1423587.jpg 私はフウチソウも、そこに置きたいのです。ひとかたまりのグリーンゾーンが目に好ましいのです。
でも、そこへフウチソウを置くと、目の見えないショウマの目の色が変わります。まぁ、これは見た目の形容詞ですが。^^

サイドボードの上しか置く場所がありません。
それも陽が少しだけ届くテレビに近い方は、やっぱりいけないのです。

電気製品の前は電波が出るので、植物の育ちに悪いのです。
以前の家で、それを知りながら冷蔵庫の前に、あの超丈夫なオリヅルランを下げたことがありました。やはり弱ってきたので場所を変えました。

ネコが本能的におびえるもの・・・キュウリなどの長い物です。動画なんかでよく見ますね。
そっと足もとにキュウリを置いておくと、気づいたネコはビックリ仰天大ジャンプして大あわて逃げ出します。
蛇に襲われた親猫の教育を受けたわけでもなく、どのネコにも、長いものを嫌い、尖った草を好む性癖が、これほど強く刻まれるって不思議です。

人間には、こういう本能的に好む・忌むものってなんでしょう。?
だれ? 泡のでるもの・・なんて答えはダメですよ。 本能的に全人類が好むもの・嫌う物ですよ。
 
       フウチソウを取りあげられてションボリするショウマ

e0001808_14263175.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-30 16:00 | いとしのネコたち | Comments(8)
あんちくしょう・・のいとしいものたち
 まったくこの頃のショウマときたら、頭にくる!! いつもは6時くらいにスルリと布団を抜け出して、エサ皿のまえで、「ごはんくれ~・・」とないていたのに。
間もなくネネが起きてきて、朝のゴハンはそれで終わり、またベットに・・のパターンだった。

ところが、その腹時計が狂ってきて、4時になり3時になった。
シ~ンとした早朝?・・夜中に結構大きな、なき声。

e0001808_1051353.jpg食卓椅子に飛び乗り、食卓に上って角に4つ足そろえてないている。最近は登らないように、小さな椅子を載せておく・・のだが、その足の間に窮屈そうに背をまげて泣いていた。

年寄の例で私は夜中、中々眠れない。ようやく明け方、困った夢などみてグッスリ眠る。
なのに、この貴重な時間をショウマに邪魔されるのだ。 どうしてくれよう!!

夜中用に沢山エサを置いておけばよいのだが・・吐く・・食べたての粒、そのまんまに、アチコチ吐く。だからチビチビしか食べさせられない。 あ~~ぁ・・

その眠れない夜を草花たちの越冬を考える。マンションの構内に埋めさせてもらおうか・・ダメなら菓子折り持って、向かいのハイヤー会社の空き地の隅に・・などなど考える。

そこでハタと気がつく。以前の家は一日中照明をつける日が射さない家だった。越冬は2階のネネの窓辺だけ。
今は、居間にも私の部屋にも置けるのだった。保湿に気をつければなにも雪の下にしなくてもよいのだった。 オルトランをしっかり撒いて、虫の発生を防ごう・・

ウトウト・・ニャ~ニャ~・・にゃぁ~にゃぁ~・・にゃ~ぁにゃ~ぁ~・・
にゃ~ぁにゃ~ぁ



e0001808_1043185.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-10-27 16:00 | いとしのネコたち | Comments(16)