仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
出版業界も不況だと、なん..
by あきの at 17:35
あきのさん ありがとう..
by oss102 at 09:23
よ自分の意思で努力します..
by あきの at 17:41
さなえさん ロンちゃん..
by oss102 at 16:26
私も↑の松風さんと同じで..
by さなえ at 11:36
fu-ando-boro..
by oss102 at 11:06
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:02
松風さん ペットを避け..
by oss102 at 10:57
あきのさん あきのさん..
by oss102 at 10:53
もう3年経ったのですね。..
by fu-and-boro at 09:25
フウロ君はoss102さ..
by mikihana922 at 23:18
フウロちゃんが逝って3年..
by souu-4 at 21:24
私がペットを避けている訳..
by 松風Ⅱ at 17:29
亡くなって3年ですか、早..
by あきの at 17:22
304さん この人の生..
by oss102 at 10:17
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしのネコたち( 679 )

フウロの3年目の命日でした。
  今日はフウロが逝って丸3年が経ちました。ネネとフウロのことを話すと、いつも同じ言葉で終わります。
「フウロはあれでよかったね。ながく生きていたらもっともっと可哀そうだった。」

ビビリ猫でしたからね。大改造の騒音・外へ出られないストレス・・フウロには可哀そうな引っ越しでした。

でも私の体には、引っ越しはよくて、冬も夏もおだやかな気温を提供してくれる大きなマンションというものは、老体にとってストレスが少ないのだと実感しています。
膀胱炎・頭位めまい症・6月のダニ・水虫という症状がまったく出なくなりました。

フウロには可哀そうでしたが決断してよかったと思ってます。

ネコ番組多くなって楽しみに見てます。なんと素敵な生き物なんでしょう。
先日何気なく坂上のブログをみましたら・・なんと13匹の犬たちの中に子猫がいて、大きなラブラドールやチビ犬の中に、平然と、昔からここにいた!!・・というデカイ態度です。
骨と皮の捨て猫を保護団体が育てて、ものおじしない性格だから・・と坂上の犬軍団にほうりこまれたようです。 お試し期間にも合格してチビねこチクワは14匹目のメンバーになってます。
写真の下の方にマウスを当てるとコメントが出ます。

フウロのような性格だったら、このような幸運はなかったですね。 まぁ、私たちとの出会いがありましたから、猫の運命もそれぞれということです。

いつも私のベットの上で・・

e0001808_1234336.jpg


by oss102 | 2019-01-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(11)
土曜日・アーカイブ編
 一週間経つのは早いですね。またアーカイブ編を見てくださいね。先週の続編です。https://oss102.exblog.jp/7067501/

by oss102 | 2019-01-12 16:00 | いとしのネコたち
土曜日はアーカイブ編とします。m(__)m
 2008年1月の猫たちです。
このころはコメントも多かったです。懐かしい人たち今もお元気かしら?

今日の初マージャンは、一度ハコテンになってから後半盛り返しました。(^^♪

猫川柳 

by oss102 | 2019-01-05 18:25 | いとしのネコたち | Comments(2)
アーカイブ編 この時から10年がたち

 10年前のクリスマスです。猫たちも元気いっぱい。私もそれなりに元気でした。@@

ネネは10年たってチェロの腕前は上がったようです。私はそれなりに衰えています。
生物の厳しい掟です。 年末年始は時々サボりますので、アーカイブ編を見てくださいね。


e0001808_14184847.jpg


by oss102 | 2018-12-25 16:00 | いとしのネコたち | Comments(5)
やわらかいエサ
  ショウマの最近は極端に寝てばかり・・さすが寝子だ。今日もぐっすり午後1時まで起きてこなかった。
おとといから粒々のエサにお湯を掛けて、柔らかくしている。

奥の方の歯に穴でもあいたのか、エサをたべると激しく首を振るようになった。そうしてまた何事もなかったように寝る。歯茎の色は正常だ。
そこで歯の間にはさまっても溶けやすいように、お湯をうっすらかけてみた。

嫌がらずに食べている。これで水分もとれるだろう。首はあまり振らなくなった。
ネコちゅ~るは大好きなので、お湯を掛けたエサにもまぶしている。首をふりふり食べるので、エサがずれて遠くへ行く。時々皿をまわしてやる。 付き添いだ。

過去、猫は3匹看取ったが・・3匹とも手を煩わせなかった。よい死に方だった。

私は私自身もネコも、長い寿命はのぞまない。死ぬときに苦しまなければいいと思っている。

ちゅーるかけのネコメシを食べて、顔をあらうショウマ。
年はとっても儀式はちゃんとやる。

e0001808_13344226.jpg


by oss102 | 2018-12-23 16:03 | いとしのネコたち | Comments(4)
ショウマの最近
  生きてるのか・・と様子をうかがうほどに寝ている時間がながくなった。従って餌の量も少ない・・したがって出すものも半分くらい。 15才・・だと思う。

毛並みはけっこうきれいだ。まだ椅子に飛び乗る。・・が、足場が直角でないと、飛び降りることができない。目が見えないのだから仕方がない。

人間にひっつきたがる。 ぐっすり寝ているようなのに、いつも私たちの気配をかんじているのだろう。
夕食が終わりかけると、ソファから下りてきて、早く足を出せという。

ネネが床におりて足をなげだすと、ちゃんとそのV字にはまる。安心したように首をのばして足に寄り添い寝る。

私が、「ショウマ、ねんねだよ・・」と抱き上げるとダラリ・・脱力の伸びきったゴムになる。

寝具の中でやわらかい塊を撫でるとゴロゴロごろごろ・・お返しに舐めようとする。ときどきアゴをかじったりされる。

こんなおとなしい毛のかたまりを、どうしてマンションでは飼ってはいけないんだろう。
ショウマが死んだら、役員になって規約を変えよ・・と・・がんばるかな・・やっぱり私にそんな根性はないな。  あと何年生きるのかな?

    10年前のショウマとフウロ。連結ニャンズ。

e0001808_16350100.jpg


by oss102 | 2018-12-13 16:43 | いとしのネコたち | Comments(9)
施設の男性
 今日の施設朗読では、ビッシリおしゃべりを続ける女性がいて、気をそがれました。
だれに・・ということなく一人でしゃべり続けるのです。 新顔さんです。

担当の方も後方で忙しく働いていて、気が付いてくれません。

前から2列目の真ん中に男性がいました。 ふつう男性は後方にいるか横に座っているのがふつうです。数少ない男性ですから自然にそうなるのでしょう。 ちゃんと私たちのほうを見て聞いてくれました。
ペアの鶴子さんが、嵐山三郎の白内障手術のエッセーでしたので、よかったです。

こういう施設での男性は、男性同士で友達になるものでしょうか。それぞれの性格ですからね。
どこの世界にいても、友人の多い人・一人がいい人それぞれですが・・真ん中でちゃんと聞いてくださる人は、きっと施設の中でもストレスが少ないと思います。

亡き兄は、デイケアでしたが、誰にでも気安くジョークを言ってバアチャンたちに人気がありました。^^ 
長く田舎の校長をしていたので、PTAのオバチャンたちのお付き合いになれていたのです。

終わりのご挨拶したときも、みなさんと一緒に拍手をしてくださって嬉しかったです。

外へ出ると氷雨でした。 天狗山頂が見えなくなっていて、きっと晴れたら真っ白になっているでしょう。最高気温が5度です。


2017年の朝・・10年前のフウロと雪です。これで7時頃の朝なんですよ、薄暗いでしょ。
e0001808_14502081.jpg


by oss102 | 2018-11-19 16:00 | いとしのネコたち | Comments(4)
整骨院の大ネコ
 アオバトの会の帰りに整骨院に行った。4時近くで先客が一人だけだった。
カーテンを張りめぐらせたベットにうつぶせになって、左腰を中心に電気を入れる。

先生が、「○○さん、猫は大丈夫ですか?」と声がかかった。「ハイ!大丈夫です!!」と元気に答えた。 ぶっとい足・胴体・頭・シッポがカーテンの中へ現れた。

「よしよし、ご挨拶にきたのね・・いいこいいこ・・」と撫でまわす。と・・もっと小さい足も見えた。??カーテンをめくると小さいネコがいた。・・いや子猫ではない。普通のサイズのネコだった。「次のはスタンダードのネコです!」と助手さんの声。

アオバトの仲間と、これから整骨院に行くというと、「9年前、バネ指になったとき、そこの整骨院に行ったら、小さなコネコがいた・・」「それそれ!!いたよ・・大ネコが・・」という話をしてきたのだ。 5才くらいかと思ったら、もう9才になるのね。

2匹は気がすんだように、母屋に消えた。ビビリで外へはでないのだと。

4時ごろが彼らのテリトリーの巡回の時間なのだ。整骨院の1番空いている時間。

フウロも必ず巡回してた。トイレの鍵の甘くなっていたドアをパチンと開けて、中のカレンダーを必ずちょっとさわって斜めにする。 私が毎朝真っすぐに直しても、翌日キチンと斜めっている。

懐かしいなぁ・・今度は名前を聞いてこよう。


e0001808_10132254.png


by oss102 | 2018-10-27 16:00 | いとしのネコたち | Comments(3)
日当たり求めて
 朝、私たちは動き回るから、寒さは感じないのだが、老体のショウマは寒い。悲し気に細くながく訴える。 犬のように洋服着せてやりたいねぇ・・でも猫は何か着せると固まって動かなくなる。 体舐めるし・・ 可哀そう。

日が射してきた。ショウマはベランダの敷居の上に乗って寝そべってみる。レールのデコボコの上にそっとアゴを乗せている。 
可哀そうになって、なにか台はと探し・・ちょうどよい台を見つけた。

オフシーズンの洋服を入れるプラの引き出し。
満足そうに寝ているが・・暑くなって影に下りたり、また乗ってみたり・・ショウマも忙しい。
e0001808_930258.jpg

ネネが帰ってくると、嬉しそうに膝まで伸びあがってくる。

だが、ザンネン! 今夜は初鍋じゃ。ストーブはまだだよ・・


10年前のショウマ・・以前の家で・・お暇の方はその日の記事です。
e0001808_9555044.jpg


by oss102 | 2018-10-20 16:00 | いとしのネコたち | Comments(6)
秋深し
e0001808_14142233.jpg 日が射さない日中は、ショウマがひっつき虫になる。邪魔!!
夕食もちょっと長引いていると、早く生足を出せと催促。

歯ブラシでナデナデするとネコヨロコブ・・とTVでやっていたので、早速なでなで・・
うっとりショウマ。 ご満悦。


e0001808_1419885.jpg足はしびれてくるし「いい加減にせい!」と引っ込めると、ホソ~~イ・タカ~イ声でご不満。

横着して去年の古土に植えたバーベナ。メゲズに2度目の花を咲かせたが、やっぱりご不満があったと見えて、色のつかない花が・・日光不足でもあるんですよ。
e0001808_14223970.jpg

ネネが猛暑見舞いに鮭トバ送ったら、弟からこんな秋の味覚が・・今のデカブドーはみんな種なしなんですね。上品な口なもんで2粒はよう入りません。
e0001808_14331470.jpg


サケトバ・・のんべぇの好きな酒の肴
e0001808_14473923.png


by oss102 | 2018-10-14 16:00 | いとしのネコたち | Comments(8)