仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ブログ14年目突入、おめ..
by mikihana922 at 10:05
あきのさん 南木佳士を..
by oss102 at 09:10
らんまるの母さん どこ..
by oss102 at 09:06
Ossさんが南木佳士を読..
by あきの at 18:27
ごめんなさい クスンと..
by らんまる母 at 18:24
あきのさん 無駄が有効..
by oss102 at 17:23
次から次へといろいろ出て..
by あきの at 16:05
304さん こちらも頭..
by oss102 at 10:41
さなえさん 文字数から..
by oss102 at 10:40
あきのさん 内容の質は..
by oss102 at 10:38
14年目のご挨拶。感動的..
by tmshanagn304 at 22:12
また1年過ぎましたか。 ..
by さなえ at 19:15
書き続けて14年、おめで..
by あきの at 18:39
さなえさん 以前は道内..
by oss102 at 13:12
あきのさん 層なんです..
by oss102 at 13:08
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日々のこと( 1774 )

ブログ発足~14年目へ
 去年のご挨拶からまた1年が過ぎました。 ここへおいでいただく方たちには恙なく過された1年であったことでしょう。 私も多少のことはあっても、無事に楽しく過ごせた1年と思っています。

14年といえば、おぎゃ~と生まれた赤ん坊が、中学2年の生意気盛りになっている年月ですね。
平和な世界と言うものはありがたく、毎日不足なく食べて、寝て、清潔に過ごせています。

世の中はめまぐるしく変わっていきますが、人の心というもの・喜怒哀楽や価値観は、そんなに変わるものじゃないと日々、痛感しています。

この恵まれた日々を慈しみ、感動し、時には落ち込んでも、すぐに回復するめげない心を持って、ゆるされた日々を過ごしていきたいものと思っています。

ご訪問くださるみなさまに力をいただいています。そして訪問先のブログの楽しみ・これは活字で育った世代の楽しみでありましょう。

チャッチャッと短い言葉の行きかう、ショートメール世代とは違うシニアの喜びと思っています。

また1年、来年のご挨拶が出来ますように。 みなみな様 ずい~っとよろしくねがいたてまつりま~す。


 10年前にはこんなシーンも毎日見られました。あっという間の年月と思いますが、こうしてみるとやっぱり変遷がありました。
e0001808_15574957.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-21 15:59 | 日々のこと | Comments(6)
失敗!! 懺悔
  物忘れも人様に迷惑がかからなければいいが、迷惑のかかる失敗をしてしまった。
昨日は病院で気になってたホクロの除去をしてもらって、すいすい事が運んで気持ちよく、買い物などして帰宅した。
普段着のエプロンドレスに着替えてフト見ると、携帯がピカピカ・・またauだな・・と削除しようとしたら、あら、朗読ボラの仲間から・・エッ!もしかして・・と手帳を見たら、ガ~ン!!今日が近くの施設の当番だった!!  病院へ携帯持って行かなかった。だって必要ないもん。必要あったね。"(-""-)"

先日のアオバトで、仲間から都合が悪くなったので、代わって・・といわれて手帳にメモしてあったのに、帰宅して壁のカレンダーに書くのを忘れたのだった。 それでカレンダーのスケジュールばかりみて、今日は予定なし・・と病院へ行ったのだった。 私の頭はスポンジだ。スッカスカ・・

時間をみると、駆けつければなんとか10分くらいは時間がある。エプロンドレスのまま、近くに置いてあった杜のひろばの語りの資料をひっつかんで走った。
普段は歩いてはいても走ったことなんかほとんどないから、傍からみたら走ってなかったかもしれない。 息を切らして駆け込んだ。 ごめんなさい!! かくかくしかじか・・と病院でのことなどお喋り・・枕草子の桃尻語訳・・橋本治・・の蓮っ葉な清少納言などを読んだ。

あ~~ぁ、これから先、どれだけの失敗を繰り返すのかな~~

こういうこともあろうかと、40分二人分の読物を用意しましょう・・と取り決めている。いつでもペアのカバーを出来るようにと。 でも中々よい読み物を準備するのは難しくて、つい自分の分だけのときもあるの。 ペアはしっかりカバーしてくれていた。よかった~~


カラーリーフが居間からの目に飛び込んきます。目立たないけど、黒真珠こと羽衣のペチュニアもなかなかです。
e0001808_1455414.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-19 16:00 | 日々のこと | Comments(12)
中国人の力
 昨夜ガイアの夜明けを見た。日本を救う中国マネー・・というタイトルだった。
とにかくすごい勢いの中国は、このせまい日本の領土も買い取っている。

救う中国マネーならいいが、今に私たちの日本は、乗っ取られてしまうのかなぁと思って見ていた。

小樽の和光荘も・渡辺淳一文学館も中国人が買い取ったということだ。ニセコはオーストリア勢が乗っ取る勢いだし。

以前高級骨董の市で、中国人がバンバン買い占めている様子をTVで見たことがある。すごい金力だ。
小さいが緑豊かな日本はいいカモなんでしょうね。
中国の植民地みたいになったら、コワイねえ。

 氷雨の中、朝里の施設に朗読に行った。新顔が増えていて、すこぶる反応がいい。嬉しいねぇ。
帰りのバス停でペアと待ってる数分、そこの別棟の入居者の女性とちょっとオシャベリ。
そこは、まだ介助のいらない人の棟。ロングの和の感じのお洒落なコートを着ていた。
さっさと身辺の雑事をさけて、ここの生活と外の生活を楽しんでいる様子が伺われた。
それもいいねぇ。 


午後からマンションのPCの日。PC研究とは名ばかりで、先日の千円カットの日の盗難事件を話せば、それにつられて、お尻のポケットから財布を抜かれた思い出話など。

一日氷雨降る冷たい一日・・鍋か豚汁か・・


e0001808_14422885.png

[PR]

by oss102 | 2018-06-13 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
土砂降り
1昨日の金曜日はアオバトの日でした。雨が降る予報でしたが、家を出るときはまだポツリポツリ。 それがバスに乗って10分、降りるときは土砂降りになっていました。

折りたたみ傘を広げましたが、街中には軒下というものがありません。会場へ行くには高架になっている上り坂。すごい川のようになっています。

私は先日紹介した、空気がスースー入ってくる運動靴です。いきなり雨も入ってきました。
シマッタ!! 行きかう見知らぬ人とも・・「ひどいですね~」と思わず両方から声が出ます。
横断歩道の凹みにズブッと入ると、生足のまま水に浸けたようです。

教室について傘を広げ、玄関ホールにあったゴミ箱の、古新聞8枚をそれぞれ丸めて靴に押し込み、ズボンの下、フクラハギに巻き付け、床に素足で授業を受けました。

終わって、2時間後の靴はカラッと乾いて何事もなかったようです。へぇ!そんな靴なのか・・・

麻混のズボンは、ひざ裏あたりが湿って不愉快。雨模様の時は化繊だけのほうがいい。

今回のような豪雨の中を10分も歩いたのは初体験です。

むかしむかし・・20代のみぎり・・社宅の庭に夫は砂場を作りました。どういうわけかその時はわが子たちは不在で、近所の男の子3才くらいが「砂場で遊ばせて・・」と一人で来ました。
ひとり遊んでいて間もなく、いきなりのゴロゴロピカッ!!激しい雨!!

泣き出した子を救出するのに、こちらもずぶ濡れ。砂を払うのも部屋の中、タオルも部屋も私も砂だらけになって泣きたい思いでした。

オヤツを食べさせてホットしたころ、日が射した中を母親がのんびり迎えにきました。

恨めしい思い出です。


e0001808_152090.png

[PR]

by oss102 | 2018-06-10 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
あと7日間元気な時間を・・
 こういう詩がossメールに流れました。早速検索してみると、夫に遺す妻の詩。
妻が亡くなって夫は朝日新聞に投書。またたくまにSNSで広がったそうです。

「七日間」

神様お願い この病室から抜け出して
七日間の元気な時間をください

一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい
あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ

二日目には趣味の手作り 作りかけの手織りのマフラー
ミシンも踏んでバッグやポーチ 心残りがないほどいっぱい作る

三日目にはお片付け 私の好きな古布や紅絹
どれも思いが詰まったものだけど どなたか貰ってくださいね

四日目には愛犬連れて あなたとドライブに行こう
少し寒いけど箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く

五日目には子供や孫の 一年分の誕生会
ケーキもちゃんと11個買って プレゼントも用意しておくわ

六日目には友達集まって 憧れの女子会しましょ
お酒も少し飲みましょか そしてカラオケで十八番を歌うの

七日目にはあなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ
大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう

神様お願い七日間が終わったら
私はあなたに手を執られながら
静かに静かに時の来るのを待つわ
静かに静かに時の来るのを待つわ


あと7日と決められなくても、いつか誰にも来る日。

私なら・・・今の暮らしをそのままに7日間つづけられればいいなぁ・・

花とネコとネネと、毎日のおいしい食事・仲間とのおしゃべり・運動・・
そして神様お願い・・PPK

河川の階段からむしってきた除虫菊・マンカイ!!

e0001808_124613.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-07 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
東京と同じ温度だ。
 昨日の気温は28度・熱中症に気をつけましょう!とTVがいう。一日中28度ってわけじゃないけど、買い物もパスして家にこもっていた。

大きな建物は、全体が温まるのに時間がかかる。換気扇を閉めて、外の熱い空気が入らないようにした。
e0001808_14451182.jpg本など読んでいたが、それに疲れて、最近ネネが買った風船を持ち出した。
山中教授が使っていたのを見て買う気になったと。でもいつまで続くか自信がないのでと、まず小さいほうを買ってきた。 

それに腰掛けてゴロゴロしながらTVを入れると・・いきなり「ア、バートランカスター・・・」OK牧場をやっていた。 なんでこの大昔の俳優の名を覚えているの? こんな用事のないものが頭にビッシリ詰まっているから、最近のものが覚えられないのよね。

夏服、お腹が楽なエプロンドレス・・捨ててきちゃったか・・と探したら、去年買ったのが出てきた。すっかり忘れてた。"(-""-)"

夕食は、刺身コンニャクとサラダとお好み焼き。バラ肉とキャベツと人参入り。ホールコーンがなかったので、ポタージュコーンを入れたら、チョイ柔らかい仕上げ。 でもたまに作ったので美味しかったよ。

この紫の花の名アゲタラムも、ポット浮かんだり消えたり・・ひな菊は今日びっしり咲いていた空き地から・・ここで生きていてほしいのだけど。

e0001808_15101374.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-05 16:00 | 日々のこと | Comments(4)
80代女性 冷たい長男夫婦

 5月末の「人生相談」に、こんな記事が・・長男夫婦と3人暮らし、通じるドアには鍵がかかり、食事も別、会話もなし。40代で夫を亡くし必死で息子二人を育てた。共働きの長男夫婦を助け、孫もみて、折節のお祝い金や支度金などたくさんあげた。

今は体が思うように動かず、嫁に買い物を頼むと、レシートを持ってきて、代金をきっちり受け取る。次男夫婦にお金を預けたが、下したいと頼むたびにに気まずくなる。むなしい毎日・・。

回答者は、お金について思い煩うな・・息子二人を信頼して、やさしいほお笑み・思いやりの言葉を贈ってください・・と。 その話題をネネとした。

 私は、昨日の夕食で失敗した。いつもの「オツカレサン・・」のビールの乾杯で一口飲んで、左側に置こうとして指先がひっかかり、半分衣服にこぼしてしまった。アラアラ・・と急いで着替え、「ごめんごめん・・」

「いや~ねぇ・・これで息子夫婦や成人した孫でもいたら、バアチャンのボケ!と内心ののしられるね。同居するのは、離婚してきた娘がイチバン!!」と笑った。

お互いにプライバシーを尊重して、鍵をかけ・・介入するとことのない距離で、いざというときは助け合う。理想的な形と思ったのでしょうが。 母親の弱気が導いた結果なのかな。

体力が衰えると気力も落ちますしね。笑顔でやさしい顔でいることの難しさ・・昨夜の失敗でこの「人生相談」を思い出したことでした。 あなたならドウスル???


e0001808_1131637.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-04 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
事件でした まぁ聞いてください。 2

 火曜日のウオークの帰りに行くことにした。 そこから警察は近い。途中図書館に寄って、カードを作ってもらって1冊だけ借りる。 お昼の時間にかかりたくなかったので・・警察のわすれ物かかり・・という窓口に立った。

名前を言って、健康保険証を見せると、女性警官はすぐに小銭入れ・エッ!私の黒い財布を見せた。中を開けてみると、カードもそのまま、お金もそのまま・・ただし、がま口の小銭入れはなかった。

書類に金額35、250円とカードの名前を一々書かされた。

警官は、届けた人は男性で、「謝礼など一切いらないと云ってます。」
「どこで拾ったと云っているのですか?」「歩道橋のところです。心当たりはありますか?」「お金を千円カットで支払ってから、歩道橋の傍なんかに行ってません。地下ばかりです。」
というと、警官も、もうドサクサは嫌なようで、それ以上は遮られた。

奴は怖くなって届けたんだ。小銭入れの方も届けるとかえって不自然と思ったのかな。

もうあんな所に行くもんか!・・でも便利なんですよね。ほかの女性2人の美容師さんなら、ネコ談義もしたことあるし・・・

落としてから戻るまでの数日は・・80代で400万を詐欺で・・というニュースあれば、「それに比べたら小さいちいさい。」と自分を慰めた。

えびの好きなネネにお世話になりました・・とえびのワイン蒸し・・と思ったら白ワイン切らしていて酒蒸しとなった宴。 教訓 やはり財布だけは身から離しちゃいけません。


e0001808_1426255.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-06-01 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
事件でした・・まぁ聞いてください
 
先週の木曜日は杜のひろばの語りの日でした。終わってランチを誘われましたが、もう髪が限界で「千円カット」に行くので・・とみんなと別れました。ランチの場所が逆方向なので、戻るのが面倒だったからです。

千円カットは徒歩5分、駅前のN屋の地下。行くと客は私一人で男性が料金を払う機械の前でにこやかに、お金を入れて確認をおして・・と。私は常連ですから一人で出来るのですが、ハイハイと大人しく指示に従います。 財布の中味も丸見え・80円はがま口のついたミニ財布から、100円をさぐり、2度も500円玉をつかんでから100円を入れ、20円のお釣りを戻しました。

細い通路の端に、「カートはそこに置いてください。」と言われ、少し離れたところに置きました。
愛想のいい男性は饒舌で「奥さんの顔を覚えていますよ。」とか1センチカットして・・というと、櫛を見せて、「この櫛で長さが測れるんですよ・・」と見せました。

15分ほどで終わって、そのままカートを持って地下の食料品売り場で30分ほど、レジに行って財布がないことに気がつきました。焦ってみんな引っ繰り返しても札入れも小銭入れもありません。

ガーガーとドライヤーを掛けられているときにヤラレタか? 私は後ろ向きに座ってましたから・・・引き返して「財布がない・・」といってみたところで、「そこに自分でしまわれてましたよね。」と。 あんたがやったでしょ!という勇気も、証拠もありません。

財布から千円札を引きだすのに万札が丸見えでした。このボケバアサンはいいカモと思ったのか。
しょんぼりと引き返し、バス券もなく1文無しの私は、てくてく歩いて帰ったのでした。

「あぁ、ランチに行けばよかった。」その日は急に暖かくなったので、いつものコートは着ないで、ブラウスだったのです。コートだったらポケットに財布を入れていたのに、その日は、カートの後ろ上部のファスナー付きのポケットに入れていました。

ションボリして休日で家にいるネネに報告。ネネはテキパキとカード類の停止を電話してました。
なにせカードだけで7枚です。でも他人がお金を引き出せるカードはないので、まぁ、溜まったポイントとか、買い物されるとか・・現金は3万5千円くらいで、小銭のがま口には、1200円くらいかな・・・

落とし物係りの警察へもかくかくしかじか・・と届け。応対のやさしい男性警官は、「そのような事情でしたら、最近もイロイロありますから、交番に届けたほうがいいですよ。」と言ってくれました。

ネネは一緒に行こう・・と言ってくれましたが、家宅捜査したって、もう隠しているだろうし、目撃したわけもなく、嫌な思いをするばかり・・と諦めました。

翌日の金曜日、警察から封書がきて、小銭入れが届けられた。健康保険証を持って土日祭日を除く日に来るように・・と。  まぁ、あのがま口だけ??? 

長くなりますので、明日に続きます。


e0001808_14275168.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-31 16:00 | 日々のこと
お見送り

 車で行ったときに、その家の人が外まで出てきて見送りされるのが嫌でしたね。
家の玄関まででいいのに・・・昔、見送りされて気を取られて車の横を、50cほどの高さのレンガの壁にこすってしまったことがありました。

90才の事故を起こした女性も、日ごろ出入りしている車屋さんの見送りが気になって、赤信号なのに「いける!」と思ってしまったようです。 一つ信号を待つと、見送りがまた長くなりますからね。

お元気で、あちこち旅行をなさっていて、その土産を届けたときの事故だったそうだ。
若い人だって、たくさんの似たような事故をおこすのに、90才ともなるとうるさいことうるさいこと。 まぁ、仕方ないです。大事故ですから。

どんなに後悔まみれになっていることでしょうね。足が悪くて車が手放せなかったと。でも旅行には行けたのね。船旅かしら。

みなさん、車での来客には、外までの見送りはやめましょう。


e0001808_13565126.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-30 16:00 | 日々のこと | Comments(4)