仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
Ossさんの靴の話を聞い..
by あきの at 20:06
Ossさんの靴の話を聞い..
by あきの at 20:06
そうですね〜。 デッカ..
by fuchan_k at 18:12
あきのさん 本当によく..
by oss102 at 10:08
我が家も16、7歳くらい..
by あきの at 17:17
sakuraさん 1年..
by oss102 at 15:27
あきのさん 死者が相次..
by oss102 at 15:22
いつの世もどんな立場でも..
by orientexp at 00:25
ここを読ませてもらっただ..
by あきの at 18:31
sakuraさん あの..
by oss102 at 13:01
304さん 壊せ・・な..
by oss102 at 12:59
あきのさん イライラ病..
by oss102 at 12:56
生で見ているとぶつかった..
by orientexp at 01:48
なんでも勝ちゃあいいって..
by tmshanagn304 at 22:05
近ごろみんなヒステリック..
by あきの at 16:37
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ショウマとネコ草

 ネコに尖った葉のネコ草は生まれ持った嗜好品のようですね。
以前の家で、空き地から草を引きちぎって帰宅すると、ぐっすり固まって寝ていた2匹が、わらわらと寄って来て、ネコ草にむしゃぶりついていました。

胃の中のお掃除のようです。必ず草とともに吐いていました。

今の猫エサだけ食べて、家飼いしている猫には、必要のないもののようです。特に長い間与えていなくても、健康上にはまったく差がありません。

こちらへ越してきてからは、与えたことはなくショウマは健康です。食べさせ過ぎるとちゃんと吐き戻しますが。

室内に上げた植物たちは、日が入る場所にまとめて置きます。ときどき向きをかえてやらなければ、みんな日が入るほうへ向いて葉をのばしています。いじらしいです。

e0001808_1423587.jpg 私はフウチソウも、そこに置きたいのです。ひとかたまりのグリーンゾーンが目に好ましいのです。
でも、そこへフウチソウを置くと、目の見えないショウマの目の色が変わります。まぁ、これは見た目の形容詞ですが。^^

サイドボードの上しか置く場所がありません。
それも陽が少しだけ届くテレビに近い方は、やっぱりいけないのです。

電気製品の前は電波が出るので、植物の育ちに悪いのです。
以前の家で、それを知りながら冷蔵庫の前に、あの超丈夫なオリヅルランを下げたことがありました。やはり弱ってきたので場所を変えました。

ネコが本能的におびえるもの・・・キュウリなどの長い物です。動画なんかでよく見ますね。
そっと足もとにキュウリを置いておくと、気づいたネコはビックリ仰天大ジャンプして大あわて逃げ出します。
蛇に襲われた親猫の教育を受けたわけでもなく、どのネコにも、長いものを嫌い、尖った草を好む性癖が、これほど強く刻まれるって不思議です。

人間には、こういう本能的に好む・忌むものってなんでしょう。?
だれ? 泡のでるもの・・なんて答えはダメですよ。 本能的に全人類が好むもの・嫌う物ですよ。
 
       フウチソウを取りあげられてションボリするショウマ

e0001808_14263175.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-30 16:00 | いとしのネコたち | Comments(8)
冬の入り口で

 あっちの語りもコッチの語りも12月に発表会がある。 それで練習日が倍になる。
好きなことだから、勇んでベチャベチャ道やツルツル道を出かけるが、先日買ったばかりと思ってた老人割引のバス回数券3冊がもうなくなった。

今までは歩いていた道も、悪路なのでバスに乗る。今日も外出での歩行数はたったの1789歩。
北国は体に悪い生活になります。 口はたくさん動いてるんですがねぇ・・・

e0001808_14185630.jpgスノーシュー用の靴にも踵にピンを打ってもらいました。去年までは車の移動でしたから、駐車場で少しくらい滑っても、問題はなかったのですが、今度はバス停から10数分歩きますから。
1本打つのに100円プラス税。つるつるのときは、踵をぶつけるように歩きます。

帰りには必ず図書館に寄ります。踵のピンで床を傷つけてはマナーとしてはいかがなものか。
ワンタッチで踵をカバーするグッズを、また寝ないで^^考えたりしてます。

ベランダのカメの野外冷蔵庫に気をよくして、段ボールの冷蔵庫を増やしました。
新聞紙を幾重にも内側にして、アルミ箔の裏打ちのある袋に、生めん・角食・チーズなどなど・・・
すぐ忘れるので、品目も・・温度計も入れてあります。 今のところは大体2・3度を表示してます。
今日なんかプラス9度の予報なんですが、夕方からはいきなり気温が下がると報じています。
北国の工夫はボケ防止になりますね。・・なってほしい。(^^♪

[PR]

by oss102 | 2017-11-29 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
「死にたい叫び」続く
 昨日の読売新聞に載ったコラムの見出しです。
それによると、昨年の国内の自殺者数は、1897人。7年連続して減っている。
が、若年層のは減り方が鈍い。15~39歳の死因の1位は自殺だったと。

ツイッターは、自殺志願の若者たちが、死にたいという気持ちを伝える場になっている。

若い時って1度や2度、自殺したい・・という願望を持ったことはありませんか?
私も高卒で親元をはなれて、姉夫婦のお世話になっていました。

戦後、女性も人権を認められるようになって、平凡な姉のような暮らしで終わりたくない。それでも私には、そんな道しか選べそうもない。

自殺のことを考えます。いきなり死んで、周りの人たちの注目を浴びたい気持ちもあったよう。
でも、母は悲しむだろうな・・・真剣な気持ちではないのですが、そんなとき、こんなサイトに近づいたかもしれません。

道をえらべるって怖いことです。ちょっとの心の揺れが、治まる前に誘惑の道が提示されるのです。
若さって浅はかです。 そういえば、この浅はかって言葉。もうあまり聞けない言葉ですね。


もんもんと元気に茂るクルマ葉草。来年外へ子を出して育てたら、また、こんな形になってくれるかしら。 山では1本にクルマの葉がダンダンになって、そのまま1m以上になるんですよ。すごい生命力。
e0001808_133624100.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-28 16:10 | 日々のこと | Comments(4)
逮捕されるまで 市橋達也
e0001808_1471442.jpg
 厚い表紙をひらくと「感謝」という言葉の意味がわかっていたら、あんなことはしなかったんじゃないか。逃げているとき、ずっとそのことを思っていた。でも最後まで「感謝」の意味はわからなかった。」

その下に黒猫のスケッチがある。

文中にも、細かい線画で作業中の様子とか書かれているが、絵はだれそれと名前がないので本人の絵と思う。かなり上手で細かくて山下清の絵のようだ。

離島に行こうと潮が引くのを待っていると、ぬれそぼけた飢えた子猫がついてくる。海にはいって歩き出すと、岩から岩へ飛び移って・・・とうとう飛び移る岩がなくなる。・・・子猫をヒョイと背中にのせて離島の隠れ家へ。

魚や貝をとる。 ネコがニャ~ニャ~鳴く。蛇がいる。捕まえてスコップの刃で首を落とす。
毒蛇のようだ。サバイバルの本で読んだ知識をもとに、内臓をとりのぞく。ブツ切りにして焼くとネコは匂いに興奮していた。一緒に食べた。実においしかった。

また、離島を離れ、フェリー乗り場で猫を放した。

大阪の西成区で働く。身分証明のいらない職場。長髪・サングラス・・「ひこもりの30代」と名乗る。指名手配の懸賞金の額が上がっていく。 

笑顔が武器になると気付き、時間を守って働き、80万貯める。その60万を美容整形に使う。
これだけ逃げ隠れしてたのに、どうして美容整形の病院から足がつくと思わなかったのか。

9人殺した男も、この人もかなり優秀な男で、親の期待も大きかったでしょうに、どこでどうして人生が狂っていくのでしょう。

[PR]

by oss102 | 2017-11-27 16:06 | | Comments(6)
紙芝居に感動!!
 大人もこどもも紙芝居をたのしもう!  という講座に参加した。
金曜夜と土曜日の昼。パンフレットには、なんかお笑い芸人のような顔が小さく出ていて、あんまり期待しなかったけど、ちょうど、施設で紙芝居を取り上げようと決まっていたので行ってみた。

アオバトのあった夜のことで、朗読の仲間3人と参加。
一声聞いただけで、すごい!!と思った。発声がしっかりしている。
聞けば劇団に十年くらい所属してたと。

まぁ、ぜひここに行って彼女の経歴を見てください。すごいです。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」「金色夜叉」「笠地蔵」など他・・この夜は「大人が楽しむ紙芝居」だった。客は朗読関係の人など20数名。

感動した!! こんなに胸打つものか、紙芝居!! とっても真似など出来ないがちょっとでもマネしたい。 

夜が面白くなかったら、土曜の昼の部、「紙芝居・ワークショップ」2時間は止めようと思っていた。

でもマージャン休んでイソイソと出かけた。
絵本は読み聞かせ・・紙芝居は舞台。客をみて演じる。
拍子木、ほしいなぁ・・紙芝居は図書館にドッサリあるのですが。お粗末な舞台と・・

彼女のは5万円もするんですって。

感想を書くアンケート用紙に大きく、感動した!! またぜひ来てね!!・・と書いた。

           朗読なかまと・・

e0001808_144332100.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-26 16:00 | 朗読 | Comments(8)
アオバトで、篠笛奏者と
e0001808_10411167.jpg 発表会まで練習日は、昨日をのぞいてあと1回だけとなった。
初めて音響効果を入れる篠笛奏者との練習。 先生のヒトリ語りの舞台でも見ていたが、気さくな感じの方で、楽しかった。

写真を撮らせてもらったあとに、篠笛はまた2本も出ました。沢山のグッズを持ち歩くんですね。
休憩時間に見せてもらいました。この写真のときにはまだ出していなかったのですが、どの家庭にもあった、オボクさんの台2つ。ちょっとぶつけるとチーンとよい音がします。

世界中、楽器は手作りのものや、道具をぶつけたりして音を出してますよね。音が出ればなんでも楽器。 私ももっと楽器に親しんでいれば・・もっと豊かな感受性を養われたな~と思いましたよ。

学齢前、兄の木琴とハーモニカをさわっただけの、情けない音楽歴。"(-""-)"

ネネにはオルガンやピアノを買ってヤマハで習わせましたが・・そういう時代でしたね。

朗読の仲間には、娘の置いて行ったピアノがモッタイナイ・・とピアノを習い始めて、やっぱりそういう人はオタマジャシに強いです。
なんでも齧ることは大切ですね。専門家にはならなくても・・なれなくても、興味の幅が、グンと広がるのですから。

[PR]

by oss102 | 2017-11-25 16:00 | 朗読 | Comments(8)
植物たちの越冬
 ここへ越してきた時から、ベランダの冬越えできる植物たちの越冬方法を考えつづけてきた。
そうして最良の方法を考えて、管理人にも了解をとっていた。

これでよし!!・・真冬日が近づいたらヤルゾ!!

ヤシガラでできたプランターの中には、ビニール袋に穴をあけて、その中に植え込んである。
ヤシガラだけだとあまりにも乾燥がひどくて、管理が大変。

以前は、そのまま家の裏の空き地にひっくり返して、形をととのえ雪の下にした。
春、雪の中から顔を出すと、そのまま、またプランターへ・・・

さて、植え込んだ草花たちをビニールごと、引っ張り出そうとしてもビクともしない。
プランターごと運ぼうにも、カートにも入らず、とても運べない。

その場でひっくりかえしてバラバラにすれば、なんとかなる・・・が・・諦めた。
春にまた、好きな苗を買おう。 プランター2つ分の苗だって3千円足らずで買えるはずだ。

あぁ、2年越し考えてうまいこと思いついたのに・・ゴミ候補にしてしまうとは。

だって私の好きな植物たちは、通りすがりの庭にはあふれているのですよ。
人がいれば、「ちょっといただけませんか・・」といえるんだけど、年寄りばっかりの家の前は、いつもシンとしている。 丈夫なんだけど、やはり雪の布団がないと越冬できないヤツラ。

春、雪の中からけなげに芽を出しているのを見るのは、体の奥がふるえるほどの喜びなんだけどねぇ。 力仕事はできなくなりました。


e0001808_94138.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-24 16:13 | いとしの花たち | Comments(14)
杜のひろば・・の語りで
 勤労感謝の日。木曜日はマンションの資源回収の日なので、せっせと発泡酒の空き缶や段ボールなど下げて出る。 アリャー 本日は祭日なのでお休みです。・・と出戻り。

昔は新嘗祭・・と云った日だな。五穀に感謝する日なのだ。

語りの発表会が来月20日。頑張って練習日をふやして4回入れるが・・中々12人、全員集合というわけにいかない。
全員声を合わせるところ、一人で読むところ・・人が間違って笑ってると、今度は自分がウッカリしてタイミングを逃す。 ボケ防止にはいいが、訓練していない高齢者にはちょっと苦しい。

まぁ、笑って許して~~??・・・それより勢ぞろいの筈のメンバー12人より、聞き手が何人集まるか? 椅子何脚用意する? 講師の娘さんが来るのは確実。それだけ・・ネネは水曜日には来られない。 アハハ、それもいい。終わってからの会食がまた楽しみ。
それなりの緊張感がほどけていく時間は楽しい。

終わって4名でランチ・・・シャコの天ぷらがでる店・・ということで行ったら、祭日休日。
もう1軒も休み。3軒目でようやく・・・

北海道新聞の投稿欄「いずみ」に載ったエッセーへの感想文を発表する集まりが明日ある。
現在103才の投稿常連さんへの、選ばれた仲間Hさんの、感動を伝える3分のエッセーを読ませてもらった。
よく書けてる。 みんな素晴らしい感性を持っている。 いいなぁ・・・

私が今、逮捕されるまで・・市橋達也・・あの2年7ヶ月の逃亡を書いた本を読んでいる・・といったら・・「それ読みたかった!」 「図書館にすぐに予約入れといて・・2・3日で返すから・・」

まぁ、話はどこまでも繋がって行く。3時散会。 氷雨降る祭日


e0001808_1642574.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-23 16:42 | 朗読 | Comments(6)
ネネとの会話
 ネネの楽団の仲間も多くはシニア。ときどき仲間で小さなコンサートへ。そのメンバーの話。

最近、女同士の集まりがあった。また、いつものようにアッチが痛む・こっちが悪いという話になるな・・と覚悟して出かけたら・・

お墓の話だった。どこをどうしてお骨はどうする・・樹木葬もいい・・アレヤコレヤと話が盛り上がった。 病気の話は飛び越えてお墓。 アハハ・・それはいい。

いきなり雪が来たけど、予報を聞いていたので、ネネは長靴。一緒の女性は普通のおしゃれ靴。
国道に出てタクシーを拾うまで、傘をさしてあげた・・何年ここに住んでる人なの?
いつもは旦那の車に乗ってるから・・よい環境は堕落を生むね。

夕食当番のときは、ネネは殺人事件の録画を見ながら・・夕食になっても終わらないから、つい話しかけるのを遠慮する。今、大事なセリフのときなのかな?

私がパソコンを開けているとき、話しかけたいネネが遠慮するときがある。

小さなときから、学校から帰ってくると、ひとしきりあったことを報告する子だった。
旅行に行っても、いろいろ話してくれる。 やっぱり女同志はいいね。

こうして私のもとに戻ってきたことは、不幸なことがあったからなんだけど、まぁ、それもひと昔前の話になった。 私にとってはラッキーな晩年である。


e0001808_1562260.png

[PR]

by oss102 | 2017-11-22 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
樹氷のアーケード
 先日まで紅葉のアーケードだったのに、いきなり樹氷の世界になった。
日曜日のドカ雪で、市の除雪が間に合わなかったせいで、除雪した歩道は、削られた氷と雪のまだらで、かなり真剣に歩く。

11月21日・・・私の転倒1周年記念日。(^^♪
バスを降りて緩やかな坂を10数分で集合場所。同じ年齢の同じマンション、同じOSSの会員で、同じく最近車を手放した男性と一緒に・・「ストックって安定感があるね。」としみじみ。
彼は心臓に問題があるのか、上りはゆっくり。 私はぐんぐん離れてあるく。

スノーシューは12月から・・といっていたリーダー2人は、スノーシューで道をつけていてくれる。
市は、公園の道路も除雪してくれるのだが、今回は間に合わない。公園の道路なんて優先順位は最後のさいご・・・

道産子にとって、雪は寒くない。かえって雪のない木枯らしなどが寒く感じる。
私たちの上空だけ晴れて、素晴らしい雪景色だ。 写真はまずいが・・・
e0001808_19101039.jpg


久しぶりに深雪をガンガン歩いたので、昼食後、疲れてショウマ抱いて昼寝。
里芋の煮物して、ゆっくりお風呂に入ったら、更新が遅くなりました。 
出戻りなさったかたゴメンナサイ。

[PR]

by oss102 | 2017-11-21 19:23 | 運動 | Comments(11)