仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お悔み欄に

 ここのマンションの住所の女性の名が載っていた。91才。この年齢だと施設か病院からかな?と思ったが、もしここで倒れると棺はどうして搬送するのかな?

ネネに聞いたら、エレベーターの奥が開くようになっているのだと・・・「救急車のときだって困るでしょ。」と。

あら、恥ずかしい、この年でそんな常識的なことも知らなかった。ネネはよく殺人事件を読むからね。 読まなくてもみなさんは知っていた?

e0001808_9505882.jpg

 今朝の新聞の気象の欄に・・
とうとう道内の観測所では、小樽をのぞいて全部積雪なし、と出た。小樽だけ35c・・あとは、なし・なし・なし・・と続く。アハハ1等賞だ。

その上の小さい欄に、時計台とフキノトウの写真が・・午後からはマージャン。久しぶりに往復ウオークといこうか。 口尻あげて・・・


e0001808_1052338.png

[PR]

by oss102 | 2018-03-31 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
春の陽ざし
 どうして春の陽ざしは、こんなに強いのでしょう。川岸の雪の壁の固まりの芯まで届くようです。 2・3日前の雪壁が半分の高さです。
真冬の寒暖を繰り返していた、つるつる道路を無事に歩くのに心血をそそぎました。
大げさじゃないってば・・・

もうのんびり遠くをみて歩けます。・・・オットット・・カートが引っ張られてガクンと手を放れました。 ン??・・舗装道路に亀裂が入って大きく割れています。足を引っかけていたら転倒するところでした。 アブナイ・あぶない・・気を付けて見れば、あちこち舗装の端が崩れています。

北海道仕様の舗装じゃないのかしら。

アオバトの予定が来週に延期になって、のんびりベランダや食器棚を整理してました。
そういえば、83才の美容家が徹子の部屋にでて、毎日使う食器は、ようやく届く食器棚にしまいましょう・・と云ってました。 おもいきり背伸びするのがいいのでしょうね。 

私は、小さなボックスに、よく使う食器を並べています。当然しゃがむ動作が多いのですが、意識して膝を入れて、腰に負担がかからないように、大腿骨で立ち上がるようにしてます。

先日の新聞の投書欄ぷらざには、物には住所がある 整理整頓・・の見出しで、兄夫婦は、いつもスッキリと暮している。感心していると義姉は、物には住所がある・・と。

すべての物を部屋の真ん中に集め、それぞれの住所である棚や引き出しに収めた。たったこれだけのことなのに、家の中がスッキリした。義姉の言葉はすてきな戒めの言葉となった。

わが家の物たちは、徘徊が得意である。
e0001808_1645393.jpg


 あなたがむなしく過ごした 今日という日は 昨日死んでいった者が あんなに生きたいと思った明日である。 
 ズキン!! 韓国の小説の一節のようです。

[PR]

by oss102 | 2018-03-30 15:58 | 日々のこと | Comments(8)
ポテトサラダ
 秋に箱で10キロ入りのジャガイモ・きたあかりをトランクルームに保存してた。
コンクリートに囲まれたヒンヤリ暗い部屋の床。そろそろ食べないとムダにしちゃうな・・と気にしていた。

ジャガイモにも個性があると見えて、5ミリほどの芽を出してる奴・しなしなした奴・しっかりした奴と揃っていた。

e0001808_14183056.jpg肉じゃがなどに使っていたが、このところ10度を超える気温で慌てだした。
ポテトサラダの季節が来た。

エルサイズ10キロ・千円ということで買ったのに、Mサイズだった。文句も言わないでそのまま。
先ず、8ヶの皮をむいてレンジで10分。ゆで卵4ヶ・ニンジン・キュウリ・ささがきゴボー・マヨネーズ。完成。このところササガキごぼーに凝っているの。

いつもは、トロケルチーズなども入れるが省略。大きなケースに一杯になるが、たちまち消費する我が家。 ポテトサラダの春である。


 北海道で一番寒いといわれる陸別の春が友人から送られてきた。
e0001808_1430293.jpg

オール電化の家だから、我が家より暖かいかも・・菜の花の春である。

e0001808_1435090.jpgマンションの前も、2週間前にはこんな花壇だったが、今は雪はゼロ・・水仙やクロッカスの芽がタ~クサン。

本州勢は、連日花見でいそがしいでしょうねぇ。

[PR]

by oss102 | 2018-03-29 14:54 | 食べ物 | Comments(11)
ネックレスの落とし主は?

 玄関ホールへカートをひいて行くと、管理人さんが呼び止めた。
手に、黒っぽいピカピカ光るネックレスのようなものを持っている。「これ、落とさなかった?」
「イエ、私のじゃありません。もうこんなもの身に付ける生活してません。」いつもの上下のジャンバー姿をアピール。 こればっかり着て数年経つ。かなりくたびれて顔にフィットしてる。(´・ω・`)

外はムッとする暖かさ。フェーン現象のような外気。

スーパーに行って値引き商品あさりをしてたら、理事長に会った。
管理人と同じことを言われて・・私はまた、同じことを言った。 1階の通路に落ちていたので、私かな?と話し合ったらしい。

今までも2度ばかり落とし物をして、ホールの壁にピン止めされた前科がある。

今度は高価なものかも知れないので、ピン止めは止めたらしい。(安物に見えたけど・・)

アクセサリー類はみんな捨ててしまった。安物だったから・・それにしてもコートというものを着なくなった。TVで外国の女性を見ていると、普通の主婦でも室内でもロングのストールなど、上手に巻き付けて雰囲気を出している。いいな~・・とは思う。

だけど、半年ピン付きの長靴履いて、転ばぬようにと歩いていると、もうどうでもいいやとなってしまう我がファッション。 落とし物のネックレスで考えたことでした。


e0001808_14364499.png

[PR]

by oss102 | 2018-03-28 16:00 | 日々のこと | Comments(2)
最後のスノーシュー
e0001808_14345287.jpg 今シーズン最後のスノーシューでした。快晴・根びらきの写真を撮ってきましたが、モニターが真っ黒で、適当に撮ったら、肝心の根びらきが・・よく見えませんね。|д゚)

幹線を歩くのなら、もう普通の靴で歩けます。でもね、靴に、ぬれたこまかい砂利がくっついているので、玄関が汚れます。一々掃除機で吸うんですよ。 窓を開けて靴をパタパタしたいけど・・ガマンです。

e0001808_144932.jpg息子からサクラじゃ・・と写真送ってきたけど、みなさん浮かれる1週間ですね。

飲み過ぎないといいけど・・

e0001808_14553749.jpgこちら2年ちょっとの斑入りカポック・今5ミリくらいのゲンコツと2センチくらいの開いた若葉。ドンドン成長して、先はどうなるのか?

ベランダの臨時冷蔵庫も、もうしまいました。今後は半額でも買いすぎないようにガマンです。

[PR]

by oss102 | 2018-03-27 16:00 | 運動 | Comments(6)
同期生の本
e0001808_11354247.jpg  図書館に行ったら目立つところに、この本が置かれていました。 館長が変わってから、図書の提示の仕方がドンドン変わりました。

守分壽男・・あら!この人クラスは違ったけど、伊達高校で一緒だった人! それに50才のときHBCの局でTVショッピングのコーナーでパートしてたとき、局長だったか偉くなっていた彼の本。

コマかい活字で300ページの本だけど読む気になった。

伊達高卒の後は、小樽商大に入っていたのね。それで、ゆかりの人の本を特別展示してたんだ。

彼の父親は伊達高の校長で、美壽太っていうの・・それで彼が通ると、ミスターが通るよ・・などとクラスの人たちが云っていた。 特にモテタという記憶はないけど、美術部にいたな。

TVドラマを沢山演出していて、田中絹代や佐分利信・伴淳・笠智衆などなど古い俳優さんたちのエピソードが次々に出てきて、のめりこんで読んでしまった。沢山の賞をもらっています。

倉本聡とも親交があって、ドラマ制作で、北国のステップを忘れるな・・と云っていたのに、倉本が富良野に定住するようになると、逆に言われるようになった・・などとも書いてあります。

晩年は人工透析や両足骨折などの療養生活で、もう他界されています。

でも豊かな人生だったなぁ・・と思いました。


ところで、樺太からの引き揚げ後は、田舎の中学だったけど、学年でトップクラスの子は、やっぱり医者になったり、営林局の局長だったり・・それなりに社会で活躍してました。でも60代前後に亡くなった人も多かったです。 
お誘いがあってもちっともクラス会に出ないまま、もうお誘いをしてくれる方も亡くなりました。

[PR]

by oss102 | 2018-03-26 16:00 | | Comments(4)
パソコンの会 挫折
 去年スキーの打ち上げ会でビールを飲みながら、みなさんの飛び交うパソコン言葉を聞いていた。 バックアップがどうの、スマホのアプリがどうの・・・聞いたことはあるが、私はなんにもしていない。 せめて、パソコン言葉のシャワーを浴びたい。・・とOSSの中のクラブ・パソコンの会に入った。

エクセル、1回 ワード2回。エクセルは続きの2回目をさぼった。ワードはパワーポインとをならって、ワードでも画面が動かせるのを知った。

杜のひろばのワード教室でも、パワーポイント・・と札がかかっていた。知ってるぞ!あぁしてこうすれば画面が動くのよね・・とニンマリした。

動画になったら、もうどうしても行く気になれない。やっぱり使わないもの。使う気にならないもの。簡単な表ならワードでもエクセルでも作れる。10年前のやり方で・・

サボって不参加してるうちに1年は終わって、昨日パソコンの会の総会だった。
なにやら、人を集めたいふうの講演もあるという。

土曜マージャンにいきたかったが、止める手前枯れ木も花と参加した。

周辺地区の遺跡の話だった。北海道埋蔵文化財センターの名前がしばしばでてきて、懐かしかった。
40代の頃、ここで数年遺跡発掘の労働をして、スキー資金を稼いだ。

ossからは年会費納入済の人の名が・・退会の人の名がメーリングで流される。あぁ~、あの人も止める・この人も・・老女の引き際は・・・もう1年だけ名を連ねようか・と送金した。


e0001808_1525115.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-03-25 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
練習が大事・・戦艦大和の指令室
 カンブリア宮殿を見た。心臓ドクターの話。 千葉・西総合病院 院長・三角和雄。
診断から、その日に手術。 普通なら2・3ヶ月も待たされるところだ。

心臓は待ったなし。1泊2日で退院・ステンドで血管を広げる。医療費も入院費も安く済む。

戦艦大和のファンで考えたという、同時進行する、6人の手術室を見守れる司令塔の部屋をつくり、どこかでステントが滞っていたら、すぐその部屋に駆けつけてアドバイスする。

初診で1泊2日で心臓手術がすむ・・なんて・・名医ほど、予約は数年待ちとか聞きますが、こんな世界があったんですね。

医師団が、やはりここは実戦が多いから、ステントを扱うにも勉強の幅がひろがります。・・と言っていた。

なんでもそうです。テニスだってスケートだってトップに立つ人たちはすごい練習量です。

新しい医療器具だって、やっぱり練習量がものをいいます。
だから膝の手術や白内障の手術でも、手術例の多いところといいますものね。

私たちが、医者にかかるのも、世の中のお役に立っているのかもしれません。


e0001808_9455744.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-03-24 16:14 | | Comments(6)
杜のひろば 語りの会で
 この場では、家で声を出すことが減っている世代に、声をだそう!という趣旨の集まり。
朗読のうまさとかは無視。
あんまり大声を出すものだから、隣接している部屋の薬局から文句がでたこともある。

始める前の体操と、あ~~~~と息が続く限り発声する。高音で・低音で・・

12名くらいで一斉に声を出すが、一番最初にダウンするのが私。7秒くらいしか続かない。
男性を含む4名が、私の倍くらい息が続く。

その人たちの朗読や滑舌を聞いていると、聞いているこちらの気持ちも楽になる。自然な発生だ。それなのによく聞こえる。

私は昔から肺活量がない。今は後鼻漏があるから、いつも気管のなかに痰がからまっている感じで・・ようするに年寄のシワガレ声。

いきまず、張り上げずに豊かな声量の人が、羨ましい。ないものねだりだけど。

また一人増えた。朗読をするのかと思ったら、滑舌と言葉あそびでと、ビックリしていた。

坂田寛夫・谷川俊太郎・まど みちお・・まぁ、言葉のダジャレづくりの豊富なこと。

でも私には、そんなダジャレ文は正直魅力がない。

最初の2年間ほどの6人での自由トークの時代が懐かしい。 会員ひとりひとりに発声させようと、一生懸命なリーダーの姿勢に協力は、惜しまなけど。

外の気温が高くなると、自動調整しているストーブの吹き出しが止まることが多い。物足りなげなショウマ・・

e0001808_9533363.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-03-23 16:00 | 朗読 | Comments(6)
旭山動物園 園長 坂東さん
e0001808_1513244.jpg この人は小樽の高校を出て、30年ほど前私がいた近くの、酪農大学を出ています。

生い立ちを読むといかにも人付き合いの下手な、不器用な彼の性格がわかります。
父親の職場の関係で、非常にしばしば地方の小学校を転校して、いじめにあっています。

今の風貌を見ても、いじめたくなるような不器用さが伝わってきますね。^^

そのせいか、昆虫にのめりこみ、インコを繁殖させ、小川の魚の飼育と部屋いっぱいに・・母親は不思議と文句は言わなかったそうです。彼の不器用さを心配してたのかな。

好きなことがあるということは身を助けます。

ここからは、みなさんご存じの、つぶれそうな動物園の獣医さんに。

50万円借金して、各国の動物園めぐりのツアーに参加して、目が開かれます。

それからの旭山動物園の姿は、みなさんご存知のとおり・・・
動物園で暮らすリスなど、野生では4年くらいのところ、16年も生きると書かれています。
それほど野生は厳しい。でもそれが彼らを苦痛から救っている。病になれば弱るから捕食される。
厳しいけど、それが救いにもなっていると。

少しでも、野生の動物の魅力を、そのままに伝えたい。
その情熱が、人嫌いの話ベタの彼をささえています。 

12年前に書かれた本ですが・・私の気になっているのは、天売島の海鳥が野生の猫にひなをやられて、多数、捕獲されたことがありました。 そのごネズミが増えて困ったと。
捕獲したら、避妊・去勢してまた放せばいいのにね。
そのとき捕獲された猫が1匹、旭山動物園にいるはずなんです。

どうしているかなぁ? こどもとのふれあい広場にいるのか・・その後を知りたい私です。

ペットと家畜と野生動物。これらをハッキリ分けて考えること。非情のようではあるけれど、動物を真に愛して暮らす男の言い分は納得します。

[PR]

by oss102 | 2018-03-22 15:42 | | Comments(4)