仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
加減が難しいのですね~ ..
by komiti15 at 20:48
筋肉は何歳になってもつく..
by knock at 19:53
oss102さんは大丈夫..
by さなえ at 18:56
わたしは痛くても気にしな..
by あきの at 16:34
sakuraさん 歌の..
by oss102 at 14:29
komiti15さん ..
by oss102 at 14:24
あきのさん そうですね..
by oss102 at 14:22
私のブログを紹介してくれ..
by orientexp at 02:34
私も男性の居る方が、気持..
by komiti15 at 20:39
そうですよ。私たちも男性..
by あきの at 16:37
sakuraさん 寝る..
by oss102 at 10:19
fuchanさん 初雪..
by oss102 at 10:16
私が行く施設では寝る人が..
by orientexp at 09:42
仕事一筋だった男性ほど、..
by fuchan_k at 16:27
さなえさん あぁ、かな..
by oss102 at 13:13
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

事件でした・・まぁ聞いてください
 
先週の木曜日は杜のひろばの語りの日でした。終わってランチを誘われましたが、もう髪が限界で「千円カット」に行くので・・とみんなと別れました。ランチの場所が逆方向なので、戻るのが面倒だったからです。

千円カットは徒歩5分、駅前のN屋の地下。行くと客は私一人で男性が料金を払う機械の前でにこやかに、お金を入れて確認をおして・・と。私は常連ですから一人で出来るのですが、ハイハイと大人しく指示に従います。 財布の中味も丸見え・80円はがま口のついたミニ財布から、100円をさぐり、2度も500円玉をつかんでから100円を入れ、20円のお釣りを戻しました。

細い通路の端に、「カートはそこに置いてください。」と言われ、少し離れたところに置きました。
愛想のいい男性は饒舌で「奥さんの顔を覚えていますよ。」とか1センチカットして・・というと、櫛を見せて、「この櫛で長さが測れるんですよ・・」と見せました。

15分ほどで終わって、そのままカートを持って地下の食料品売り場で30分ほど、レジに行って財布がないことに気がつきました。焦ってみんな引っ繰り返しても札入れも小銭入れもありません。

ガーガーとドライヤーを掛けられているときにヤラレタか? 私は後ろ向きに座ってましたから・・・引き返して「財布がない・・」といってみたところで、「そこに自分でしまわれてましたよね。」と。 あんたがやったでしょ!という勇気も、証拠もありません。

財布から千円札を引きだすのに万札が丸見えでした。このボケバアサンはいいカモと思ったのか。
しょんぼりと引き返し、バス券もなく1文無しの私は、てくてく歩いて帰ったのでした。

「あぁ、ランチに行けばよかった。」その日は急に暖かくなったので、いつものコートは着ないで、ブラウスだったのです。コートだったらポケットに財布を入れていたのに、その日は、カートの後ろ上部のファスナー付きのポケットに入れていました。

ションボリして休日で家にいるネネに報告。ネネはテキパキとカード類の停止を電話してました。
なにせカードだけで7枚です。でも他人がお金を引き出せるカードはないので、まぁ、溜まったポイントとか、買い物されるとか・・現金は3万5千円くらいで、小銭のがま口には、1200円くらいかな・・・

落とし物係りの警察へもかくかくしかじか・・と届け。応対のやさしい男性警官は、「そのような事情でしたら、最近もイロイロありますから、交番に届けたほうがいいですよ。」と言ってくれました。

ネネは一緒に行こう・・と言ってくれましたが、家宅捜査したって、もう隠しているだろうし、目撃したわけもなく、嫌な思いをするばかり・・と諦めました。

翌日の金曜日、警察から封書がきて、小銭入れが届けられた。健康保険証を持って土日祭日を除く日に来るように・・と。  まぁ、あのがま口だけ??? 

長くなりますので、明日に続きます。


e0001808_14275168.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-31 16:00 | 日々のこと
お見送り

 車で行ったときに、その家の人が外まで出てきて見送りされるのが嫌でしたね。
家の玄関まででいいのに・・・昔、見送りされて気を取られて車の横を、50cほどの高さのレンガの壁にこすってしまったことがありました。

90才の事故を起こした女性も、日ごろ出入りしている車屋さんの見送りが気になって、赤信号なのに「いける!」と思ってしまったようです。 一つ信号を待つと、見送りがまた長くなりますからね。

お元気で、あちこち旅行をなさっていて、その土産を届けたときの事故だったそうだ。
若い人だって、たくさんの似たような事故をおこすのに、90才ともなるとうるさいことうるさいこと。 まぁ、仕方ないです。大事故ですから。

どんなに後悔まみれになっていることでしょうね。足が悪くて車が手放せなかったと。でも旅行には行けたのね。船旅かしら。

みなさん、車での来客には、外までの見送りはやめましょう。


e0001808_13565126.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-30 16:00 | 日々のこと | Comments(4)
花苗の買い出し

 以前は徒歩の距離だったホーマックが遠くなった。カートを引っ張ってバスで行った。
小雨ポツポツで、いつもここは海風が冷たい。

プランター一つ分の花苗を真剣に見る。
e0001808_1452385.jpgあった!!、ほしくてブログにも書いたペチュニア黒真珠!!じゃないけど、黒にほぼ近いくらいの濃紺の八重のペチュニア・・こちらは羽衣とネーミング。

ふつうに398円。でもね冷静に考えると、八重咲きは花も開くエネルギーがいるのね。冷夏だとつぼみだけで終わるときがあるの。 どんどん咲きますように。

ホットリップスも2苗かって・・あぁ、オレガノはなかった。ザンネン。

小1時間でバス停に行くと、男女の待ち人が・・同じく野菜苗や花苗を下げている。
バスが来るまでの10分間を花を仲立ちにおしゃべり。

小樽弁まる出しで話す女性に合わせて、私もよそ行き言葉はやめて・・畑あるの?アラ、いいねぇ・・野菜苗のおじさんにも、採れたて食べれたら最高ダネ・・とアクセントも小樽風。

おかげで10分が短くて「ありがとう!!」とバスに乗り込んだ。
私は遠くから来てたと思ったのに、オジサンは私よりもっと先へ行く。数苗しか持っていなかったのに。 お互いに頬笑んで会釈して下りた、10分の花友達。

室内越冬を目指したフウチソウはダメになって、また凝りもなく買ったフウチソウ。なんでこのハッパが好きなのか。  これだけで3千円ちょっと。


e0001808_19151373.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-05-29 16:00 | いとしの花たち | Comments(6)
徹子の部屋で・・曽野綾子
 午前中出かけていて、今日の徹子の部屋は曽野綾子だ・と録画して出かけた。
夫の始末のテーマだから、だいだいいうことはわかっている。 それでも聞きたい。

彼女がいろんな本で書いたとおりの話。お互いに価値観がおなじで、会話の多い夫婦だった。
そして朱門は理想的な死に方をした。
お別れで、「お誕生会」としたと。クリスチャンですからね。また甦るのでしょうか。

棺になにか、生前愛用したものを入れるようにと言われた。考えて早朝、新聞配達を待ちかねて、隅から隅まで読む人だっから、新聞を入れたと。

亡くなった後、封筒に12万円のヘソクリを見つけた。
それでネコを飼ったと写真が出た。もう1匹白い猫もいた。いいなぁ・・86才で子猫を飼える暮らし。なにかあっても面倒を見てくれる人がいる。 関西には息子もいるし、同居のスタッフもいるのだ。そこはちゃんとしてのことだろう。

でも保護猫だったら、もっとよかったのに。とも思った。

私の棺には、なにか野の花1輪でいいよ。 冬だったら雪山の写真でもいいや。


e0001808_1342076.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-05-28 16:13 | 動物 | Comments(6)
ステック餃子
 星野幸子 って大雑把で有名な料理家がいるんだけど・・その料理番組のほとんど終わりころ見て、私も作ってみました。

私の場合、餃子の大判の皮を4枚、すこし重ねてフライパンの大きさに並べて・・挽肉・ニラ・ニンジンの細切れ・塩コショウにマルチャンの焼きそばの調味粉末を混ぜて、巻いて焼きました。

2本作って5cほどに切って、ゴマ油とポンズで食べました。

今、改めてレシピを見てみたら、皮が重なり合うところは濡らしてくっつけて・・なんてあるけど、そんなことしなくても勝手にくっつくよ。 簡単で美味しかった!!

レシピでは味噌味でしたね。あまった皮があるから今度みそ味で作ってみます。アオジソなんかも一緒に巻くときっと美味しい!
いちいち、皮に包んでヒダヒダ作らなくていいから、超簡単でした。

昔は餃子は100ヶ作るのが当たり前でした。今はもっぱら水餃子や焼き餃子の冷凍。ちょっとおかずが足りない時のオタスケマン。 でもこれならヴォリュームたっぷりにも、細くも自由ですから。

お借りしてきた写真。リンク先に行けば出る写真です。こんなにきれいにはできませんでしたが・・
e0001808_1541040.png


星沢幸子先生より、もっと大雑把な私でした。

[PR]

by oss102 | 2018-05-27 16:00 | 食べ物 | Comments(6)
運動会

 麻雀のいつもの仲間の60代の男。孫の運動会なので次週は休むと云っていた。だが、調子よく大勝して・・早く帰ってきてくるかな?・・なんていう。「3年男子なら早く終わるかもね」というと、それがリレー選手なのだという。「それじゃあ見てやらないと・・」「俺はさっぱりだったのに、誰に似たのかな・・」 巨漢のジジは言う。

私も少々足は速かった。戦後は近隣の学校の運動会にも選手代表で出かけた。粗悪なノートをもらってうれしかった。

管内の陸上選手にも選ばれて走ったが、管内ともなると入賞とは遠かった。あのころ女子では100m15秒台で選手だったのだが、そこでは14秒台の選手がいた。

今は靴もコースも体形も違ってきたから、もっとよい記録が出てるのだろうな。

この時期はリラ冷え。寒い運動会がよくあった。
末の子の出産まもなくの運動会には、田舎から両親に来てもらった。冷たい風が吹くなかを出かけて冷え切って帰宅。 ストーブを焚いた。父62才・母52才・・若かったねぇ。

いま、札幌では午前中で終わる運動会なんですって。そのほうが、下級生も上級生の運動も見られるし・・と良い面を取り上げていたが、やはり母親も働く時代、お弁当を豪華に開いて、一緒に食べられない子への配慮なのかと思う。

今は動画を撮るのに忙しい親たちなんでしょうね。席取り合戦はなくなったのかなぁ。


e0001808_9192982.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-26 16:00 | 思い出 | Comments(6)
靴その後
e0001808_9492495.jpg 4月に靴を買った。どこにでも履いていく。暖かくなって白いものも着るようになると、少し淡い色のも欲しくなった。

今朝買った店のチラシが入った。なに?買った価格の約半額で出ている。買った時だって15千円の半額だったのに・・チラシの値段は4629円+税。

しか~し、写真ではよくわからないが、どうも紐結びのようだ。
4月に買ったものは、ボタンをプッシュすれば、緩くも強くもなる。始めはこんなもの、ヒモでもいいじゃないか・・と思っていたが、昔のひも付きを履いた時に、違いがよく分かった。

我が家の玄関の上がりがまちの段差は、わずか7c。小椅子も置けない狭いスペース。腰を掛けて結ぶのもしゃがんで結ぶのも、どちらも老体にはキツイ。

マージャンをして半日座り続けるときは、ワンタッチで緩める。立てばポンと押すだけ。
さ~て、一度味わったラクは捨てがたい。 紐代、約3千円余のちがい。

こうして楽まみれになって、エイサホイサと体操する可笑しさ。

それに最近の靴はみんなそうなのかどうかは知らないが、この靴、歩けばスースーと風が通る。むれないように通気がよくなっているらしい。

雨降りには水もれするのかどうか、まだ履いていない。

2足目、ベージュかグレーが欲しいが、さてプッシュか紐か・・やっぱりプッシュボタンの誘惑に負けそう。

[PR]

by oss102 | 2018-05-25 16:00 | 日々のこと | Comments(2)
大喰らい家族
 今話題のアメフトの宮川がたびたびTVに映る。ネネと食事しながら、アメフトの選手がそろって食べ放題の店になんか行くと、店つぶれちゃうよね。 相撲の連中なんかもね・・・

ということから昔の思い出話になった。父が倒れて入院、母が付き添い、兄嫁もいろいろ忙しくなった。 夏休み、見舞いがてらに実家みんなの食事当番するよ・・と里帰りした。

田舎なので、料理の素材も調味料もなく苦戦した。それでも母に代わり父のオムツの交換もし、お風呂の掃除・トイレ掃除などなど、少しでも役に立ちたいと頑張った。

兄は最後の日、自分の2人の小学生兄弟と私の小学生2人と3才の子たちを、そのころ出来てきたバーベキューの店に連れて行ってくれた。 兄の子・特に長男は、小さい時から食が細く、ジジババ、両親から一口食べるごとに「おお!エライエライ!」と称賛を浴び、食事の時間が苦痛という子だった。

生まれて初めて焼肉の店に連れていかれて、わが子たちは、あまりの美味しさに感動した。いくらでも食べられる。 兄は最初は「気持ちよくたべるなぁ~、もっと食べろ・・」と言ってたそうな。

その話を聞くたびに、「オジサン可哀そう!!」と私が叫ぶ。 我が家は標準からみてもかなりの大喰い家族なのだ。 子供と言うのはそんなに食べるものではない・・と兄は思っていたと思う。

美味しい思い出話を遺してくれた父は、入院してから105日目で亡くなった。
兄もいない。


e0001808_16331610.png

 
[PR]

by oss102 | 2018-05-24 16:33 | 思い出 | Comments(4)
ソビエト収容所の仲間
e0001808_13164099.jpg 戦後10年ころ、最後の引き上げ船に乗ってきたクロの話をご存知でしたか。

当時TVでもドキュメントとして報じられ、かなり有名になったそうです。

私は知らなかったのですが、最近児童図書を読むようになってクロの話に感動しました。

シベリアの過酷な収容所の様子が書かれ、その中でみんなの癒しになった中型犬の様子が、よく書かれています。
当初は休みもなく、体力のなかった仲間は次々に倒れ、凍土をツルハシで掘って埋葬の日々。

それでも戦後も数年経つと規約もいくぶんゆるやかになって、捨て小犬を飼うことを許されます。

手作りのグローブ・ベース・ボールなどつくり、日曜日には野球で遊びます。クロは走り回って大活躍の得意顔。 仕事のトラックにも乗って出掛けます。

いよいよ日本への船・興安丸にダブダブのコートに隠れて乗船しますが、犬猫がいれば船は出ないといわれ、なくなく岸壁に置き去りに。
クロは氷塊の海に飛び込んで後を追います。

悩んだ船長も引き返し、船員が縄梯子で引き揚げます。気を失っていたクロは甦り・・舞鶴港に上陸するも、検疫所へ。 有名になったクロは、地元の人が引き取り、メスだったクロは子を20匹くらい生みます。 寿命がきてそのご5年で息を引き取ります。

収容所では、カイコ棚のベットで交代に抱かれ、暖かいカイロの役目。仲間にはじゃれつき・班長には、かしこまって座る。 順位に敏感な犬らしい態度です。

月曜の施設で、このお話をしました。 「おもいだした!」といって涙をぬぐっていた女性も。

20匹の子孫は今も次代へと命をつないでいるのでしょうか。 それとも雑種だからムリかなぁ~

クロは助かりましたが、ネコ4匹は追い出されました。一般の人も乗っていたのです。

[PR]

by oss102 | 2018-05-23 15:47 | | Comments(4)
アメフト選手の記者会見
 青空と新緑・残んの桜・ツツジ・藤・もりもりのウオークを終わって帰宅した。食事をしてホッとくつろいでいたら、アメフトで違反をした選手の会見だった。

昔ならくもつく大男というのだろうか、若干ハタチの青年だった。
違反をしたあと、部活の部屋にもどり、大声をあげて泣いたといっていた。痛々しかった。

昔なら、いくらもあったことだろう。VTRもなかったし、スポーツマンシップなんていくらでも踏みつぶされていたんだろうな。

悪者の監督も、そういう世界にドップリ漬かって生きていて、実績第一・パワハラでーす。なんて認識はカケラも持ち合わせてはいないのだろう。

誰がみても、今回は日大側の負け。マスコミはシツコイしうるさいが、こういう世界に風穴は開ける。

しかし大きいねぇ・・どんだけ食べるのだろう。洗濯物もデカイから嵩張るねぇ。
このパワーでテニスしてたら・・なんて考えてた私でした。


e0001808_1684130.png

[PR]

by oss102 | 2018-05-22 16:05 | 日々のこと | Comments(6)