仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
わたしは売っている大豆の..
by あきの at 17:58
fuchanさん ホー..
by oss102 at 10:48
あきのさん おみくじを..
by oss102 at 10:43
からくり人形は、お茶を運..
by あきの at 16:13
お姉さんが2人もいた友達..
by fuchan_k at 15:57
304さん もうセンス..
by oss102 at 10:09
komiti15さん ..
by oss102 at 10:05
あきのさん あのころの..
by oss102 at 10:01
私も褒められて育つ方です..
by tmshanagn304 at 22:40
若い頃は、今のように既製..
by komiti15 at 18:26
わたしもこどもの服は手作..
by あきの at 16:50
fuchanさん 図書..
by oss102 at 09:40
komiti15さん ..
by oss102 at 09:36
あきのさん 好きは好き..
by oss102 at 09:35
朗読の難しさが伝わってき..
by fuchan_k at 21:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

図書館長の講話

 杜のひろば主催で、図書館長の講話がありました。氷雨降る冷た~い日に30名以上は集まったと思います。
北海道の開拓の歴史と小樽がテーマでした。過去の動画を編集したものを数編・解説つきで見せてくれました。

動画は昭和4年あたりから始まって・・関東大震災で家を失った人たちを救済する施策として、国は北海道開拓に力を入れ、開墾した土地は自分のものになる・・ということで続々と青函海峡を渡った人たち。 私たちの祖父母にあたる人たちの話でした。

初めはタイトルは右から読み・・馴れた4編目あたりから左から読み・・(^◇^)
スクリーンが小さくて縦横のサイズを調整したせいか、タテヨコが合わず、みんなデブ・短足でしたが、開墾時の苦労は偲ばれました。
昭和6・7年は大冷害。私の生まれた9年は豊作だったとのこと。ヨカッタ~
ブラジルでも満州でも開拓民は、政府のおいしい話に騙されて志願します。北海道も同様です。

私は小樽育ちでないので、初めて知ることも多く、興味深く動画を見・お話を聞けました。

帰りのバスを待つ間、8年生まれの語りの仲間の男性と、「私たちは結構よい時代に生まれ合わせましたね。」と言いました。

私の祖父母は屯田兵でしたし、彼の妹は、祖母の開拓の一生を書き、分厚い本を出してます。大変な苦労話です。

これから先、世の中の流れはどうなるのか分かりませんが・・平和なうちに逝きたいものです。と云って、彼と頷きあいました。

小樽図書館は一日平均600人の入館者。年間貸出は一日3・4人ということです。
今はDVDも漫画コーナーもかなり沢山あります。 図書館も変化していきます。
e0001808_14431813.png


寒い日なのでショウマのためにストーブをつけて出かけたのに、帰宅すると彼はベットの上に寝てました。 ゥンマァ~・・モッタイナイ!!

[PR]

by oss102 | 2018-10-31 16:02 | 日々のこと | Comments(8)
フリーマーケットへ

 今日は中野植物園の紅葉ウオークの予定だった。天気は怪しい・・がGO!の電話が入った。
足もいまいちだから、みんなと離れてバスで行くつもりだったが、やっぱり止めた。

そして杜のひろばのフリマへ・・・10時半頃行ったらもうムンムンの人だかり。
e0001808_1555111.jpg

これからはオーバーズボンの着用が多くなるので、その下にジャージのトレパンがお目当て。
あった!! でも両脇にブットイ赤ラインが・・派手すぎ!!!ザンネン100円だったのに~・・
e0001808_1514935.jpg

いつもマージャンのお世話役の男性が、身内に農家の人がいるのか、白菜・カボチャ・リンゴを出店している。 懐かしのレッドゴールド蜜入り50円。白菜半分100円税なし・・デッカイ南瓜もあったけど、大きすぎる。

サンマ用の細長い皿はあるけど、もう少し太目の皿が欲しかった。写真撮らなかったけど2枚で200円ゲット。あれだけ瀬戸物捨ててきたのにねぇ。

写真を撮らなかったのは大変残念だけど、2匹の面白い表情のネコ、外国製らしいんだけど25cほどの高さで木製のカラフル猫・2匹400円。 よほど買おうとしたのだけど、これを買ったら、今の陶製の2匹を捨てなければならない・・と考えて断念。

男性のスーツのズボンが、いまちょうど流行りの太さ・・でもでもお尻が入りそうにない。

帰途、整骨院に寄ってモミモミ・・そこのTVで、天狗に初雪が降ったと・・去年より25日も遅かったんですって。

[PR]

by oss102 | 2018-10-30 16:00 | 食べ物 | Comments(6)
手帳
e0001808_14403323.jpg
 新しい手帳を買った。
今度は薄いベージュ。
2018年のクロ猫シールは、もうネネの手持ちはないそうで、とりあえず古いクロ猫とフェルトの飛び出し白猫。

今年は年号が代わるそうだけど、私には興味がない。もっぱら西暦で数えている。
昭和ヒトケタとか・平成生まれ!・・ワカ~~イと云っていたけど、もうそれもどんどん流れていく。

この手帳とカレンダーへの書き込みダブルでも、忘れたり勘違いしてミスしてた赤手帳の1年。
この白手帳のどの日にトンデモナイことをやらかすのか心配だな~

ドンドンというか滔々とというか、年々流れが速くなっていくね~~おぼれないで泳いでいきたいけど・・サテ・サテ・・・減りそうなのはウオーク・スノーシュー。増えそうなのは???いわずもがな・・ワスレモノ・失せもの・約束事・病院・薬。 
花つくりは減らしたくないなぁ・・ショウマも減るなよ!

サァ~ッと驟雨がきて、サーッと日が射して・・の繰り返し。ショウマ、毛布に乗ったり下りたり。

3ヵ月ごとの歯科医点検のこの日。次の予約は2月末・・といわれて・・「2月は足元も危ないので、3月にしてね・・・」先延ばししてもらいました。 白髪アタマ有効利用。

[PR]

by oss102 | 2018-10-29 16:00 | 日々のこと | Comments(2)
メシつくらねば・・・

 いま老後の記事は多い。読売新聞でもさかんに特集が組まれる。 何日まえだったか探せないのだが、小さなコラムに・・夫が亡くなって老妻が遺された。

40才の息子が一人暮らししている。周囲は「息子と一緒に暮らせばいい・・」という。

老母は「めしつくらねばなんねぇべ、ひとりでいる」

女は生涯めし炊きからのがれられない・・と記事にはあった。

 料理は・・というか料理もうまくない私は、今夜なにを作ろうかと・・主婦になってず~~と考えてきたように思う。 今はネネとそれぞれの朝食・一人の昼食・週に3・4回の夕食当番。
何を出しても文句は言われない身ながら・・それでも一人食のときはホットするし、ネネの当番のときはの~んびりした気分。 できたよ~~・・は~い。(^^♪
ちなみに夕食の洗い物はネネ。

私にも7年間の一人暮らしがあった。栄養的には満点の食事と思っていたが、やっぱり何かを作る・・という精神に欠けていたように思う。 手の込んだ一人食はなかったなぁ・・マ・・今でも手の込んだものは作らないけど。

食べ物を楽しみに作る人もたくさんいるのにね。おまけにケーキから保存食まで・・・

もう、あの記事から1週間くらいは経っているめしつくらねばなんねべ・・一人でいる・・の言葉が頭に残っている。

今に、施設に入ったら上げ膳据え膳・・それもな~~

今は、夕食も交代の夫婦がいるそうで・・その時は片方が洗い物・・よき時代にはなってきてます。

e0001808_1465962.png

[PR]

by oss102 | 2018-10-28 16:00 | 日々のこと | Comments(14)
整骨院の大ネコ
 アオバトの会の帰りに整骨院に行った。4時近くで先客が一人だけだった。
カーテンを張りめぐらせたベットにうつぶせになって、左腰を中心に電気を入れる。

先生が、「○○さん、猫は大丈夫ですか?」と声がかかった。「ハイ!大丈夫です!!」と元気に答えた。 ぶっとい足・胴体・頭・シッポがカーテンの中へ現れた。

「よしよし、ご挨拶にきたのね・・いいこいいこ・・」と撫でまわす。と・・もっと小さい足も見えた。??カーテンをめくると小さいネコがいた。・・いや子猫ではない。普通のサイズのネコだった。「次のはスタンダードのネコです!」と助手さんの声。

アオバトの仲間と、これから整骨院に行くというと、「9年前、バネ指になったとき、そこの整骨院に行ったら、小さなコネコがいた・・」「それそれ!!いたよ・・大ネコが・・」という話をしてきたのだ。 5才くらいかと思ったら、もう9才になるのね。

2匹は気がすんだように、母屋に消えた。ビビリで外へはでないのだと。

4時ごろが彼らのテリトリーの巡回の時間なのだ。整骨院の1番空いている時間。

フウロも必ず巡回してた。トイレの鍵の甘くなっていたドアをパチンと開けて、中のカレンダーを必ずちょっとさわって斜めにする。 私が毎朝真っすぐに直しても、翌日キチンと斜めっている。

懐かしいなぁ・・今度は名前を聞いてこよう。


e0001808_10132254.png

[PR]

by oss102 | 2018-10-27 16:00 | いとしのネコたち | Comments(3)
杜のひろば 語り 3回目の発表会
e0001808_10185175.jpg
 
全部は写ってませんが、リーダーを含めて総勢13名です。 お客様は14名。ホッ!・・私はマイクの影になってます。(^◇^) 私は3回目の使用になる100均の赤いリボンをみなさんに付ける役をやりました。

まぁ、なんとか無事終了して、打ち上げのランチへ。男性2名と私だけ小ビールで乾杯。
そこで身重で嵐の海へ身投げするセリフの人が、リーダーに何回もダメ出しをされていて・・入居されている施設の裏の林の中で、・・「オカムイさま~~ ワタシがわるうござんした~~!」と大声を張り上げたとたん・・大型のワンコがビックリして飛び上がったと・・ちょうどそこへ散歩にきたところだったのです。 飼い主にお詫びしたということですが・・みんな腹を抱えて笑いました。

静かな山林で、いきなりの大声に出会ったワンコのようすにしびれました。そうした特訓の成果で彼女のセリフもバッチリでしたよ。

今後の語りの会をどういうふうにするか・・それぞれの宿題を抱えて、懇親を深めました。
こういうひとときが最高です。
 

e0001808_10421671.png

[PR]

by oss102 | 2018-10-26 16:00 | 朗読 | Comments(8)
OSS仮装パーティ
 昨日はOSSの仮装パーテイがありました。これは楽しそう!と真っ先に申し込んだのですが・・ここまできたか認知症。11時~の時間を1時半~と勘違いして大遅刻。仮装大会はもう終わっていました。( ノД`)シクシク…
これは送っていただいた写真の1部です。何とか雰囲気だけでも・・・
e0001808_1765070.jpg

でもそのままの姿の方も多く、みなさん変身願望が強いらしく楽しんでいましたよ。
e0001808_1793450.jpg

総勢50名余の参加者で大盛況でした。
この話を聞いたとき、私もなんとか仮装をしたかったのですが、みんな捨ててきたものばかりで、新たに買う元気もなく、悪魔やカボチャになりそこねました。ザンネン!! まぁ、遅刻したのではどうしようもありません。 ネネに確認作業が足りないのだ・・と忠告を受けました。ゴモットモ

大音量の音楽に乗って、ハイヒールで素敵なドレスで踊りまくっている方々・・いいなぁ~~

懐かしいOSSの古株たちとお話したり、サギソウの球根のおねだりしたり、私なりに楽しめた会でした。

e0001808_173234.jpgもう10年以上前ですが、OSSで不用品のフリーマーケットをしたことがあります。
その時、私は夫の泥染めの大島を出したことがありました。
それを買ってくださった方が、スーツやドレス・ベストなどなど・・もう数センチの細切れ3・4点しかないほどに使われて、作ったもの全部を持参して見せてくれました。

モデルも腕もよく、これだけ利用してくれたら大島も満足でしょうね。

[PR]

by oss102 | 2018-10-25 17:35 | 日々のこと | Comments(2)
アラ! コリウスが・・・
e0001808_16304945.jpg  何度挿し木してもダメだったペチュニアたちですが、コリウスだけはすぐに着いてくれました。
ベランダのプランターの寄せ植えも、コリウスばかりがのさばっています。何度かカットしたのですが・・

マンションの花壇の挿し木したコリウスも元気で大きくなってました。
それが、小さい園芸用のショベルの跡も生々しく、掘られてなくなっていました。
これからは寒くなるばかりだから、もういいだろう・・とでも思ったのかしら?

何考えてるんだろうな~ 

コリウスは、来春のマリーゴールドの代わりの候補です。
どこの花壇にも今元気なのはマリーゴールドと、真っ赤なサルビアだけ・・元気だったインパチェンスもニチニチ草もだらしなく枝を伸ばして乱れています。

花季が長いといっても、この花たちは、途中に何度も切り戻しをしなければ、美しい姿が保てません。切り戻しをすれば順調にいっても2週間は淋しい姿になりますし、低温がつづけばもっとですよね。 手のかからないマリーゴールドに及ぶものはありません。 雨にも低温にも虫にも病気にもつよいんですから・・だからこそ飽きるだけアチコチに植えられるんです。

コリウスの色・柄は多彩です。でも個性があって大きく伸びるもの、あまり伸びないものとムラがありますね。

来年の跡継ぎに悩んでます。きっと低温多湿は来年も続くのでしょうね。

なにかよい花がありましたら教えてね。

前のお寺の境内の銀杏です。手前の銀杏はまだまだです。


e0001808_16272899.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-10-24 22:10 | いとしの花たち | Comments(4)
決めた! 整骨院

 今日も快晴。イイ日だ! ウオークの日だが、バスを降りて現地に行くまで上り坂・・イチバン遅いグループでたらたら歩いて、図書館に寄って、ストレートにバス停まで歩いても帰宅までには9千歩にはなる。 この状態ではやはりムリ・・と知人から教えてもらった整骨院まで行くことにした。

わが家からバスでは3つと少し、ちょうど私の足にはよい距離だ。
ここは、スポーツで故障した生徒の整体でけっこう有名なところと聞いた。

生徒ではない老体だが、ベットの初診で、歩いたり、足を動かされたりして先生の云うことにゃ・・股関節の変形ではなく、大腿骨をつなぐ靭帯の硬化であると、人体図を示して説明された。

すぐにわかった。先日の股関節は・・という本の説明と同じだったから。
しか~~し・・分かったところで経年劣化の体では、学生の復活とはわけが違う。

右腰半分に、電気を通された。20分ほどかな~・・ それから椅子に腰かけて体の幅にひらいた腿の巾を変えずに、上体を倒す。背は丸めないで・・何度もやらされたが結構むずかしい。

まぁ、黙って体を揉んでもらっているよりも、理屈を教えてもらって納得して通う方がいい。

トイレを借りたら、母屋とつながった共通のトイレで、その横の階段に、太ったネコがいた。
5・6才くらいかな~・・お腹が白で背中と尻尾がキジ柄のネコだった。 今度はなでてみたい。

因みに30年前くらいの足の<電磁器があるといったら・・あれは何の役にも立ちません!!とキッパリ言われた。"(-""-)


コンサートでネネがもらってきた花束の中に・・・初めは閉じていたはなびら?・・が開きました。
見たことがない・・種の部分には綿毛が・・はなびらのようなものは、細い綿棒のような感じ。
陽射しによってひらいたりつぼんだりしてます。 名前教えてください。

e0001808_14534283.jpg

 みなさんへ・・・ネネガ珍しい花と検索してみつけてくれました。アフリカ原産で赤もピンクも色々あって、プロテアというそうです。
さすがアフリカ。鳥なんかも派手なのがいますよね。
それぞれの種苗メーカーがそれぞれの名前をつけています。

[PR]

by oss102 | 2018-10-23 16:00 | | Comments(13)
ネネのコンサート
春と秋のネネのコンサート。もう何回になるかな? 「札響からもバイオリンのソリストがくるから、早めに来た方がいいよ。」とネネは出かけて行った。

開場より30分も早く着いて・・シマッタ!本を忘れた。2階のロビーの椅子の男は、高い山なんて私の好きそうな本を読んでいる。いいなぁ~覗くわけにもいかないし・・・

いつも必ず来てくれる語りの仲間といつもの前の席に。この人はピアノもならっているから、コンサートも大好き。前日の中学校と・明日はピアノのコンサートと3日連続のコンサートだそうだ。

ドビュッシー 小組曲 ブルッフ スコットランド幻想曲 作品6 ドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調 作品88 第一楽章~第四楽章まで

e0001808_11472288.jpg

急いで撮るのでボケボケですが・・・なんとなく聞き覚えのある曲ばかり。総勢63名。舞台が狭く感じる。
ハープの大きさ・水色ドレスの弾き手。大きなワゴン車に積んでくるそうだ。ご苦労さん。

一回目のときは足がふるえたというネネも、何回もこなして度胸はついたようだ。
沢山の仲間と息を揃えて集中するって、よい時間です。

今朝は休みをとったネネに、早く来いというから早く行ったのに、結構前列の横の席なんか空いていたじゃないか・・と文句をいうと・・天気に負けた・・という。

快晴の昨日、紅葉見物に負けたようです。


e0001808_1155584.jpg

[PR]

by oss102 | 2018-10-22 15:55 | 日々のこと | Comments(10)