仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
芸能界の方は、生活が不規..
by tmshanagn304 at 22:52
fu-and-boroさ..
by oss102 at 20:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 20:15
昨日のゴチに出ていました..
by fu-and-boro at 20:13
kiyokoさん 本人..
by oss102 at 20:11
あきのさん リーのママ..
by oss102 at 20:10
怖い役優しい役となんでも..
by hanairomimi201 at 19:18
生きていると明日何がある..
by kiyoko at 16:21
わたしは、そうした死に方..
by あきの at 16:15
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:57
304さん Eテレ火曜..
by oss102 at 09:55
あきのさん 私が作れば..
by oss102 at 09:53
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:51
kiokoさん ネコは..
by oss102 at 09:49
ニャンニャンニャンの日で..
by fu-and-boro at 23:05
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
真理のストラスヴァリウスは・・
 昨夜、千住真理が出るというので、いつもは見ない番組を見た。名門一家のお嬢さんということで、真理と野際陽子の娘がでていた。
 真理は58才で、時短・時短と、忙しくそそっかしく走り回る生活をコミカルに撮っていた。
〇億のストラスヴァリウス、真理のマンションで、ベランダ・廊下から全室に赤外線を張り巡らせて守られていた。 この部屋全体が、物凄い地震に会っても崩れない仕組みになっているという。

国際的な大泥棒からも、地球の大災害からも、この世界の名器を守る義務があると心得ているのだ。
弓だって数本持ち歩いていて、3千万ほどだという。

そういうものを持ち歩いて疲れないのかなぁ。兄の明も出ていたが、二人ともちょっと吊り上がった目が母親にソックリだった。みんな仲良くしててよい家族だねェ。

教育白書も読んだ。母親の文子の文章はうまい。
12才でコンクールで2位になり14才で優勝したときの、周囲のママたちのねたみ・軋轢。
これは山中教授の本にも出てたけど、どこの世界でも頭がでると叩かれる。
どんなに優れた人でも、競り合う世界では免れない人間の感情なのだ。

犬もねこも嫉妬するもんねぇ・・私のオチはいつもそこか・・。


e0001808_10331495.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-13 16:00 | | Comments(10)
臓器を豚の中で・・
 先日外科の書棚からかりてきた「友情」は、平尾誠二と山中伸弥との闘病の記録とともに、生前の対談集がたくさん載っていた。

なるほど、こういう対話ができる相手を見つければ、超いそがしい山中教授も入れ込むわけだ。と納得した。闘病中の山中教授の献身もさることながら、後半は発病前の対談が載せられている。

それが今の医療研究に触れているので、興味深かった。また恐ろしかった。
例えば、不全な臓器に移植したい。人間の提供では足りない。
豚の体内で、人間の肝臓を作って、人間に移植する研究がすすめられている。
怖いことだと思った。
マウスと豚とどうちがうのか・・と問われそうだが、どこまでいくの?と怖くなる。

この本でも、暴走をコントロールするのが人間の倫理観・・人間力だと。
でも要求があるかぎり止まらないのではと思う。

先へ進めば、男が子供を産むことだって可能になると。核もこわいけど医療の世界も怖い。

山中教授がしょっちゅうアメリカに行くのは、先端の研究を知ることができるのは、現地での研究者同士の会話からと云っていた。届くレポートを座して待っていたのでは、遅れをとるのだと。

こういうことが、超スピードで進んでいって、沢山の人が助かるのでしょうけど、人間はどこまでいくの???とそのプロセスも怖くなります。


e0001808_1424592.gif

[PR]

# by oss102 | 2018-02-12 16:00 | | Comments(8)
雪あかり
 札幌雪まつりに続いて小樽の雪あかりが始まった。
昨日は暖気で雪像も気が気でなかったろう・・今日はまた、午前中はもんもんと雪が降った。

杜のひろばでも出店をしていて、昨日マージャンにいくと、スタッフが流し場で、忙しそうにじゃがいもなどをふかしていた。
このボランテアを募集していたのだ。みんなで協力しましょう!と会報でよびかけていた。

エライなぁ・・まぁ、こちとら80代は遠慮しとくよ・・と遠い目。
なにせ夜の出店だ。寒い!雪像の雪払い!ローソクの取り換え・・OSSで70代だったころ、経験したが、雪像が崩れるとつくりなおし、つくりなおし・・で大変だった。
スキーとは違う中腰のキツイ作業だった。

バスから降りる人も、旅行用の大きなカートを引いて・・あぁ、雪あかりだったなぁと思い出す。
まったく地元にいて無関心な私。

アーケードを歩くと、歩道にきれいなオブジェ・・あぁ、カメラ持ってくるんだった。

天狗山頂でもライトアップされます。ゴンドラで上がって行くときれいでしょうね。カップルの素敵な夜になります・・・と遠い目。 雪明りのホームページをご覧ください。

12年前のボラで・・この年も戌年だったんだ。^^
点灯まえ
e0001808_13382912.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-02-11 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
骨量が上がった。
 ポックリと逝きたいくせに医者がよい・・・と先日の川柳で笑ったが・・他人ごとではない。
私も血圧・骨粗しょう症の注射と薬のお世話になっている。

骨粗鬆症のほうは薬のほか、注射も月に1度するので、月1で予約日に行く。
2016年11月に始めて半年に1度、両手のレントゲンを撮る。
今年1月・3回目のレントゲン結果で、グンと数値があがり、危険ゾーンから予備軍と健康ゾーンとの境目まで上がった。 同性・同年代の116%。 へえ・・効果があるのねぇ。

せっせとスノーシューした甲斐があったのかな。
飲み続けてはいても、年齢を重ねればそれだけ骨量は減る。それは致し方ない。

その病院へ行くと、書棚があってチェックなしで、自由に借りられると以前に書いたことがある。

e0001808_940557.jpg 今回も、平尾誠二と山中伸弥・「友情」を借りてきた。図書館に予約をしようと思っていた。
こんなに素晴らしい資質と素晴らしい家庭を持っている人が、40代半ばで病に倒れるとは。 どうして病に選ばれるのか。そういう体質と一口に云ってしまえるのだろうか。 気の毒でならない。

そういう病をすりぬけて齢83年。ありがたく思わなくちゃね。

その書棚の横にあるリクライニングのマッサージ機で、リフレッシュコースでくつろいでいると、看護師さんが血圧を計ってくれるの。(^◇^)

[PR]

# by oss102 | 2018-02-10 16:00 | | Comments(10)
制服 スカートかズボンか・・
 男子生徒がスカート&リボンでもOK 千葉県の公立中学、LGBTに配慮した「男女とも自由に選べる制服」採用

 今朝のニュースでは、銀座の公立小学校が、アルマーニのデザインの高価な制服を決めて話題になっていた。

それもビックリだが、千葉の、男性でも制服にスカートOKにはやっぱりビックリ。ここまで来たか・・
それじゃぁ、トイレもスカート派は、男子であっても女子トイレOKになるのかな?
それがOKだと、覗きたい男子生徒がスカートをはいてくるかも。
人様に迷惑を掛けないかぎり、なんでもOKだよ・・という私だが、ここまで来たらどうしていいやら。 わからん。

魚や虫や植物でも、性転換はあるの知っていたけど、ネコや犬にもあるのかな? ないよねぇ・・ある??


黒ねこボス
[PR]

# by oss102 | 2018-02-09 15:59 | 日々のこと | Comments(7)
シルバー川柳
 今日は杜のひろばの朗読。講師はシルバー川柳を印刷してきて配った。
どれが面白いと思うか。 上位入賞作品なのだから、みんな面白い。

金が要る息子の声だが電話切る ポックリと逝きたいくせに医者通い
久しぶり!聞くに聞けない君の名は 「やめとくれ」ただの寝坊で脈とられ

どうしてこんなに上手につくれるのでしょう。毎回感心しますね。

私は、イチバン面白いと思うのより、猫川柳を選んだ。
書きたいな扶養家族に犬と猫 猫までが妻の真似して俺またぐ

サムエル ウルマンの青春の詩についての感想なども話し合う。
このようにはもうできない気持ちがある・・若い時の気持ちと比較して、自分を許容する気持ちが強い・・と発言する人。 わかるわかる。

それでも若宮正子さんや、この講座を担当する講師への評価も同じ精神につながる・・今日は6人の人数で、みんなが発言できて気持ちの良い時間となった。

終わりの10分ほどのおしゃべりの時,Yさんが「私が留守をして夫に猫のエサを頼んで行った。夫は間違えていつもと違う餌をやった。 娘が帰ってきて顔を洗っているところに、走ってきてピョンと洗面台に飛び乗った猫、いきなり娘の頭にパンチをくれた。」と・・・夫にはなにもしないで・・・

あるある猫バナシ。私は見えるように想像ができる。 猫は「コイツにパンチしてもはじまらない、制裁は娘のほうだ・・」と矛先を向けたのだ。

もんもんと雪が降ってます。積もりそうです。


e0001808_1422192.png

[PR]

# by oss102 | 2018-02-08 16:00 | 朗読 | Comments(8)
とうとうポチたまが・・・
 猫に占拠されてしまった。ポチたまっていう番組、できてからもう何年になるのだろう。
まさお君の時代からだから、なかり長いと思う。

ネネと楽しみにいつも見ていた。うっかり忘れて、途中で同時に思い出して、「アーッ!!」と叫んだことがあった。 とたんに寝ていたビビリ猫のフウロが吹っ飛んで逃げた。
懐かしいなぁ・・それほど入れ込んでみてたのに。 今はちっとも面白くない。それでも見てるけど・・・。 

いまはBS火曜なんだけど、昨夜は猫特集だった。まさはる君は1度も出てこない。
どこかの温泉で100匹以上のノラたちを保護している女性。
部屋は清潔そうだし、秩序も保ってるようだったが、あんなに沢山の猫を死ぬまで面倒を見られるのかな。

そういえば長峰ヤスコの猫たちはどうしているのかな。やさしさ・・って大変なことだね。

変わった猫を商品として交配させて、作り出される。商売になるうちは止めないよね。

路上に、それまで飼っていたマットやトイレとともに捨てられた若猫。アメリカからのニュースだったけど、避妊手術がとっても高いので、そういうことになるらしい。

飼うときは覚悟が必要だけど、チッチャイ猫って、どうしようもなく可愛くてアワレなんだよね。

私の前に出てこないで~!!


e0001808_16575458.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-02-07 16:55 | いとしのネコたち | Comments(8)
席を譲られたい人と・・
 譲られたくない人との見分けがつかない。・・・という投書が載った。
新聞ばなれの若い人たちを取り込みたいのか、若者だけの投書欄がある。

今朝は、高校生の女子、16才が・・親に「お年寄りには席を譲りなさい。」と言われていたので、何回も電車で席を譲った。しかし怒った様子で断られることも・・そのとき、譲られたくない人と譲られたい人がいることを知った。

その見分けがつかないので、なんにもしなくなった。私はどうしたら・・
という内容。

私も高校生の時は汽車通学で、ヨイ子の私はオバサンに席を譲った。ところが「席を譲られた・・」といって降りるまで無念の言葉を仲間に言っていた。

そう、17才の私には50代も70代も十分によろよろの年寄りに見えたのだ。

ハタチになって就職したが、あのころは定年が55才だった。窓際に終日新聞を読んいる老人がいて、まもなく退職する人だと分かった。

55才!! いまなら青年のように見えるではないか! 

この高校生にあなたはなんと回答しますか?

 クリスマス前に買ったポインセチア・・まだ造花のように咲いてます。

e0001808_14265640.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-02-06 16:02 | 日々のこと | Comments(10)
家事をしよう!
 今日も一日フリーの日。読みたい本はあるが、ゴロゴロしていては体がなまる。
立ち上がれなくなったらどうしよう・・という恐怖感がいつもある。
外にわざわざ行かなくても、立っているだけでいいのだ・・と誰かが言っていた。

では立っていましょう。
ネネのトロトロに着込んだパジャマを30c位にカットする。 手首にビニール袋をかぶせて輪ゴムでおさえ、布をつかみトイレ掃除だ。

小鏡でトイレの円周の縁の下を見ると、周囲が茶色に変色してる。やっぱり飛び跳ねて付着する。
トイレマジックリンで噴きつけて、中をグルグル・・穴の奥まで丁寧に・・鼻バガではあるけどなんの臭いもしない。 いい世の中になったねぇ。

周囲のパイプも床もきれいになった。ペーパーをカットするときのチリが落ちるのだ。
手首のビニール袋に汚れた布を包んでごみ袋へ。

e0001808_14491176.jpg1週間に1度くらいになってしまう掃除機かけを丁寧にかけ、ブラシを外して糸くずなど取り除き・・毎朝使うトースターを掃除。 以前掃除したのはいつだっけ・・前面の窓もアルミ板もかなりの汚れ。全部取り外して、焦げの付着には100均のセスキ炭酸ソーダー。

横から覗いている黒猫はウチワ・・丸ごと顔をだすより、この方がカワイイでしょ。

e0001808_14362725.jpgゴボーが7本で100円だった。 キンピラは細く長くカットするのが面倒で、スライスカットにした。
e0001808_14541284.jpg人参・白滝・高野豆腐とゴマ。
半分は、オカラに入れて冷凍しようと思う。

このほかこまごました作業を終えて、4時間立ったりしゃがんだり・・よし、本日の運動は終わり。
後は自分に読書を許そう。 

ツカレタ!!

[PR]

# by oss102 | 2018-02-05 16:00 | 日々のこと | Comments(12)
我が家の大盛りサラダ
 いや、やっぱり漬物入りサラダというべきか。以前にもちょっと書いたことがあるが・・マァ毎日3食飽きずに食卓に上がる。
大きなフリーズバックに一杯つくって、約5日くらいでなくなる。

漬物のベースは白菜・キャベツ・キュウリ・セロリ・・ニンジンのスライスも。3・4日経つとたっぷり入っている酢が浸透して味が濃くなる。

味が濃くなると大皿の下に敷く野菜が多くなる。キャベツ・玉ねぎのスライス・水菜・豆苗・はるさめ・ワカメ・他・・おっと大事なもの忘れていた、モ・ヤ・シ。なんでも下味をつけずにたっぷり敷いて増量をはかる。もやしは近くのスーパーでいつも19円で売っている。

ゴマ油を振りかけて、味が薄かったらポンズ。フチのある大皿にデンと盛り、余ったのを朝食と昼食に食べるとなくなる。

初めのころは遠慮して酢は少しだったが、最近はどんどん酢の量が多くなってきた。酒もドボドボ入れる。
いつも疲れている老体に、シミジミと浸透してくれる感じ。大きい酢の瓶がたちまちなくなる。

生きるということは消費することだ。

e0001808_1614238.jpg

昨夜、タモリのTV見てたら、田舎のばあちゃんが4・5人集まっていた。一人は83才だったけど、あとは93才前後ばかり。 「今日はTVにでるっちゅから一張羅着てきたよ・・」とあたらしめなカッパ。
「野菜作るのがイチバン楽しい・・」と口々に言う。 育てる・食べる・極楽人生だ。
いいなぁ・・やっぱり人生は生産がないと満点とはいえないと、しみじみ思う。 

19円のもやしに喜んでいる私は、かなり位が低い。
 
[PR]

# by oss102 | 2018-02-04 16:18 | 食べ物 | Comments(12)